麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!

目次
役名から探す
  1. 1翻役
  2. 2翻役
  3. 3翻役
  4. 6翻役
  5. 役満
  6. ダブル役満(役満の複合)
  7. トリプル役満(役満の複合)
  8. ローカル役
  9. ローカル役満
  10. 数え役満

1翻役

1翻門前のみ出現率:43%
リーチ (立直)
門前で1雀頭4面子の上がりの形

テンパイ の形(アガリの一つ手前の状態)になっている場合、リーチと宣言して1,000点棒(リーチ棒=供託用)を場に出すことで成立。

詳しい解説はこちら!
1翻門前のみ出現率:10%
イッパツ (一発)
リーチの宣言をしている状態

立直(リーチ)の宣言後、一巡目までに ツモ またはロンでアガった場合に成立する役。ただし、一巡以内に鳴き(ポンチー明槓)が入ると成立しません。

詳しい解説はこちら!
1翻門前のみ出現率:18%
メンゼンチンツモ (門前清自摸和)
門前で1雀頭4面子の上がりの形

門前の状態で、ツモ によって手牌がアガりの形に揃った場合に付く役。

詳しい解説はこちら!
1翻鳴きOK出現率:40%
ヤクハイ (役牌)
役牌の刻子か槓子
上がりの形

三元牌(サンゲンパイ)自風牌(ジカゼハイ)場風牌(バカゼハイ)の東・南・西・北 で 刻子(コーツ) や 槓子(カンツ)を 作ると成立する 役。雀頭(ジャントウ=頭) や 待ち の制限はない。

詳しい解説はこちら!
1翻鳴きOK出現率:21%
タンヤオ (断么九)
雀頭
一九字牌の無い面子

幺九牌(ヤオチュウハイ)を一つも使わず、中張牌(チュンチャンパイ)のみを使って手牌を完成させた場合に成立する。面子(メンツ)(メンツ)は刻子(コーツ)、順子槓子(カンツ)の何れでも良い。※鳴き無効の場合あり

詳しい解説はこちら!
1翻門前のみ出現率:20%
ピンフ (平和)
雀頭
門前で順子のみの面子
両面待ち

4つの面子(メンツ)(メンツ)を順子(シュンツ)で作る。 雀頭(ジャントウ=頭)は役牌以外で作らなければならない。※両面待ち(リャンメン待ち)の場合のみ成立。

詳しい解説はこちら!
1翻門前のみ出現率:4.5%
イーペーコー (一盃口)
同じ順子を2組
雀頭と面子

同種(=同じ色の牌)の牌で同じ順序の 順子 を 2面子(メンツ)を作る。

詳しい解説はこちら!
1翻鳴きOK出現率:0.5%
ハイテイ (海底撈月)
1雀頭4面子の上がりの形

牌山(ハイヤマ)の最後の牌を海底牌(ハイテイハイ)といい、その牌をツモしてアガると成立。ツモアガり。

詳しい解説はこちら!
1翻鳴きOK出現率:0.75%
ホウテイ (河底撈魚)
1雀頭4面子の上がりの形

海底牌(ハイテイハイ)をツモした人が最後に打牌(ダハイ)した河底牌(ホウテイハイ)(ホウテイハイ)でロンをすると成立。ロンアガり。

詳しい解説はこちら!
1翻鳴きOK出現率:0.25%
リンシャンカイホウ (嶺上開花)
1雀頭4面子の上がりの形

カンしたときに補填する嶺上牌(リンシャンハイ)でアガると成立。明槓でも暗槓(アンカン)でもOK。※槍槓(チャンカン)でロンをされた場合は、嶺上開花は不成立。

詳しい解説はこちら!
1翻鳴きOK出現率:0.05%
チャンカン (槍槓)
1雀頭4面子の上がりの形

他家(ターチャ=他のプレイヤー)が加槓(カカン)(カカン)した際、その牌(カカンで晒された牌)でロンをすると成立。※加槓(カカン)は手牌の 明刻(ミンコ=ポン)に対してツモした4枚目の牌で槓子(カンツ)を作ること。

詳しい解説はこちら!

2翻役

2翻門前のみ出現率:0.15%
ダブルリーチ (ダブル立直)
1雀頭4面子の上がりの形

一巡目の捨牌でリーチをかけると成立。ただし、それまでに副露(フーロ:鳴き=ポンチー明槓)があった場合は成立しない。※子:最初の配牌時にテンパイかイーシャンテンであり、第一ツモでテンパイが確定すればOK ※親:最初の配牌時の14枚でテンパイが確定していればOK

詳しい解説はこちら!
2翻喰下り1翻出現率:3.5%
サンショクドウジュン (三色同順)
萬子、筒子、索子で同じ数字の順子
雀頭と1面子

3種類「萬子筒子索子」の全てで同じ数字の順子を作る。

詳しい解説はこちら!
2翻鳴きOK出現率:0.04%
サンショクドウコウ (三色同刻)
萬子、筒子、索子で同じ数字の刻子
雀頭と1面子

3種類「萬子筒子索子」の全てで同じ数字の刻子(コーツ)を作る。

詳しい解説はこちら!
2翻鳴きOK出現率:0.7%
サンアンコウ (三暗刻)
暗刻を3つ
雀頭
1面子は鳴きOK

3つの面子(メンツ)(メンツ)を暗刻(アンコ)で揃える。残りの1面子だけは鳴いても良い。※3つ目の刻子(コーツ)をロンで揃えた場合は暗刻ではなく明刻(ミンコ)になるので成立しません。

詳しい解説はこちら!
2翻喰下り1翻出現率:2.5%
イッキツウカン (一気通貫)
同じ数牌で1~9まで揃える
雀頭と1面子

萬子筒子索子のいずれか1種類で 1 から 9まで [123 456 789] を揃える。

詳しい解説はこちら!
2翻25符門前のみ出現率:2.5%
チートイツ (七対子)
対子を7種類集める

対子(トイツ)(トイツ:2枚組)を7組揃える。※一般的には同牌が4枚ある場合はトイツの2組とは認められず、チートイツは成立しない

詳しい解説はこちら!
2翻鳴きOK出現率:3.75%
トイトイ=トイトイホー (対々和)
全面子が刻子
雀頭
鳴きOK

4つの面子(メンツ)(メンツ)を全て刻子(コーツ)で揃える。暗刻(アンコ)でも明刻(ミンコ)でもOK。※門前(メンゼン=鳴きなし)でツモアガりもしくは単騎待ちでのロンの場合は四暗刻(スーアンコウ)[役満]となります。

詳しい解説はこちら!
2翻喰下り1翻出現率:1.1%
チャンタ (混全帯幺九)
全面子と雀頭に一九字牌を含ませる

全ての面子(メンツ)(メンツ)と雀頭(ジャントウ=頭)に1・9・字牌(=ヤオチュウハイ)を絡ませる。

詳しい解説はこちら!
2翻鳴きOK出現率:0.005%
サンカンツ (三槓子)
雀頭と1面子
槓(カン)を3回行う

カンを3回行い、3つの槓子(カンツ)を揃える。暗槓(アンカン)(アンカン)、明槓(ミンカン)は問わない。

詳しい解説はこちら!
2翻(実質4翻)鳴きOK出現率:0.15%
ショウサンゲン (小三元)
面子
雀頭+2面子を三元牌に
鳴きOK

三元牌(サンゲンパイ)(サンゲンパイ=白・發・中)のいずれかを雀頭(ジャントウ=頭)とし、残り2つを刻子(コーツ)か槓子(カンツ)で揃える。※必ず役牌×2と複合するので、実質4翻になります。

詳しい解説はこちら!
2翻(実質4翻)鳴きOK出現率:0.09%
ホンロウトウ (混老頭)
一九字牌のみで揃える
鳴きOK

数牌(シューハイ)の 1 と 9 と 字牌幺九牌 のみで全ての面子(メンツ)(メンツ)と雀頭(ジャントウ=頭)を揃える。※必ずトイトイか七対子と複合するので、実質4翻になります。※門前(メンゼン=鳴きなし)の場合は、三暗刻(サンアンコウ)とも複合します。また、門前でツモアガりもしくは単騎待ちでのロンの場合は四暗刻(スーアンコウ)[役満]となります。

詳しい解説はこちら!

3翻役

3翻門前のみ出現率:0.05%
リャンペーコー (二盃口)
同じ順子を2組
同じ順子を2組
雀頭

同種の牌で同じ順序の順子を2面子(メンツ)(メンツ)×2つ作る。一盃口(イーペイコウ)が2つ出来た状態。

詳しい解説はこちら!
3翻喰下り2翻出現率:0.03%
ジュンチャン (純全帯公九)
全ての面子と雀頭に一九牌を絡ませる

全ての面子(メンツ)(メンツ)と雀頭(ジャントウ=頭)に 数牌(シューハイ)の 1・9 牌を絡ませる。

詳しい解説はこちら!
3翻喰下り2翻出現率:7%
ホンイツ (混一色)
数牌のどれか1種類と字牌で揃える

萬子筒子索子のどれか一種類と字牌(ジハイ)だけで面子(メンツ)(メンツ)と雀頭(ジャントウ=頭)を作る。

詳しい解説はこちら!

6翻役

6翻喰下り5翻出現率:1%
チンイツ (清一色)
数牌のどれか1種類で1雀頭4面子を揃える

萬子筒子索子のどれか一種類で面子(メンツ)(メンツ)と 雀頭 (ジャントウ=頭)を作る。

詳しい解説はこちら!

役満一覧

役満は麻雀最高得点の手!役満はどの役でも一律で同じ点数となります。

役満点数
親の点数 48,000点
子の点数 32,000点

役満門前のみ出現率:0.05%
スーアンコウ (四暗刻)
雀頭と暗刻のみで4面子を揃える

4つの面子(メンツ)を全て暗刻で揃えます。※雀頭単騎待ちの和了はダブル役満とする場合あり(ローカルルール)

詳しい解説はこちら!
役満鳴きOK出現率:0.04%
ダイサンゲン (大三元)
雀頭と面子
三元牌で三面子を作る
鳴きOK

三元牌(サンゲンパイ)(白・發・中)の全てを刻子(コーツ)もしくは槓子(カンツ)で揃えます。

詳しい解説はこちら!
役満門前のみ出現率:0.04%
コクシムソウ (国士無双)
一九字牌を1枚ずつ揃え、1種の牌だけ2枚揃える

1・9・字牌を1枚ずつ全て揃えて、更にその中のどれか1種類だけ2枚揃えて 雀頭 を作ります。

詳しい解説はこちら!
役満鳴きOK出現率:0.001%
リューイーソー (緑一色)
緑色の牌のみを揃える
 

手牌全てを緑色の牌で揃えます。緑色の牌は、索子の2、3、4、6、8と發のことです。發を使わない緑一色をダブル役満とする場合があります。また、逆に發が無いと緑一色が成立しないというルールもあるので注意。

詳しい解説はこちら!
役満鳴きOK出現率:0.009%
ツーイーソー (字一色)
字牌のみで雀頭と面子を揃える
鳴きOK

字牌のみで全ての面子(メンツ)(メンツ)と雀頭を揃えます。

詳しい解説はこちら!
役満鳴きOK出現率:0.002%
チンロウトウ (清老頭)
一九牌のみで雀頭と面子を揃える
鳴きOK

1・9牌のみで全ての面子(メンツ)(メンツ)と雀頭を揃えます。

詳しい解説はこちら!
役満鳴きOK出現率:0.0002%
スーカンツ (四槓子)
雀頭
槓(カン)を4回行う

4つの面子(メンツ)(メンツ)を槓子(カンツ:暗槓(アンカン)でも明槓でもOK)で揃えます。 ※難易度の高さからダブル役満とする場合あり(ローカルルール)

詳しい解説はこちら!
役満鳴きOK出現率:0.01%
ショウスーシー (小四喜)
面子
雀頭と3面子を風牌で揃える
鳴きOK

風牌(フォンパイ)(東・南・西・北)のいずれかを雀頭とし、残り3つの面子(メンツ)刻子(コーツ)や 槓子(カンツ) で揃えます。

詳しい解説はこちら!
役満※鳴きOK出現率:0.01%
ダイスーシー (大四喜)
雀頭
雀頭と3面子を風牌で揃える
鳴きOK

風牌(フォンパイ)の全てを刻子(コーツ)や槓子(カンツ)で揃えます。又は、風牌のいずれかを雀頭とし、残り3つの面子(メンツ)を刻子で揃えます。
難易度の高さからダブル役満として採用されるケースも多い。

詳しい解説はこちら!
役満門前のみ出現率:0.0005%
ちゅうれんぽうとう (九蓮宝燈)
数牌1種類で「111 2345678 999 + X」を作る
X

萬子筒子索子 のどれか1種類で [111 2345678 999 + X ]の形を揃えます。Xは任意の数字です。九面待ちで上がった場合は、「純正九蓮宝燈」と言い、ダブル役満とするケースが多い。

詳しい解説はこちら!
役満門前のみ出現率:0.002%
チーホー=チーホウ (地和)
第一ツモで4面子1雀頭または七対子の形

自分が子の時、配牌の13枚で既にテンパイし、第一ツモでアガりの形=和了形が完成している場合に成立します。※4メンツ1ジャントウの形のみでOK

詳しい解説はこちら!
役満門前のみ出現率:0.0003%
テンホウ (天和)
配牌の時点で4面子1雀頭または七対子の形

自分が親の時、配牌時の14枚で既にアガりの形=和了形が完成している場合に成立します。※4メンツ1ジャントウの形のみでOK

詳しい解説はこちら!

ダブル役満一覧(役満の複合)

役満が複合し役満の倍の点数となる手! もっと詳しく知りたい方は『ダブル役満は戦闘力96000!役満×2の破壊力!』をお読み下さい。

役満点数
親の点数 96,000点
子の点数 64,000点
ダブル役満門前のみ
四暗刻+大三元
三元牌の暗刻
暗刻と雀頭

四暗刻の暗刻に全ての三元牌が含まれている。

ダブル役満門前のみ
四暗刻+字一色
字牌のみの雀頭と暗刻

字牌のみで四暗刻を完成させる。

ダブル役満鳴きOK
字一色+大三元
三元牌と字牌のみで雀頭と面子
鳴きOK

三元牌と字牌のみで雀頭と面子を作る。

ダブル役満鳴きOK
字一色+小四喜
 
鳴きOK

風牌で3つ、三元牌で1つの面子を作り、雀頭は残りの風牌で作る。

ダブル役満鳴きOK
字一色+大四喜
 
鳴きOK

風牌のみで面子を作り、雀頭は三元牌で作る。

ダブル役満門前のみ
緑一色+四暗刻

緑一色を暗刻のみで完成させる。

ダブル役満鳴きOK
緑一色+四槓子
カンを4回(發をカンしても良い)

緑一色の牌でカンを4回行う。4回のカンが全て暗槓だった場合、四暗刻も複合し、トリプル役満となります。

ダブル役満鳴きOK
大四喜+四槓子
雀頭
風牌でカンを4回

風牌でカンを4回行う。雀頭が字牌の場合は字一色も複合。また、4回のカンが全て暗槓だった場合は四暗刻も複合。

ダブル役満門前のみ
清老頭+四暗刻

一九牌のみで4つの暗刻と雀頭を作る。

ダブル役満鳴きOK
清老頭+四槓子

一九牌のみで4つの暗刻と雀頭を作る。

ダブル役満門前のみ
清老頭+四暗刻
雀頭

暗槓を4回行う。数牌、字牌は問わない。

ダブル役満鳴きOK
四槓子+字一色
字牌の雀頭

字牌のみでカンを4回行い、雀頭も字牌で揃える。全てのカンが暗槓だった場合は四暗刻も複合。

ダブル役満
四暗刻単騎
単騎待ち

暗刻を4つ揃えて、雀頭の単騎待ちでアガる。単騎待ちだとロンであがれるメリットもあり。四暗刻単騎待ちをダブル役満とするかどうかはその場のルール次第なので注意。

ダブル役満
国士無双13面待ち
一九字牌を1枚ずつ揃える

一九字牌を1枚ずつ揃え、その13枚のどれが来てもアガりの形にする。雀頭となる対子(トイツ)が揃うより先に13種の一九字牌を1枚ずつ揃える必要があるので、難易度が高くダブル役満とする場合が多い。

ダブル役満
純正九蓮宝燈
数牌1種類で「111 2345678 999 + X」を作る
9面待ち

九蓮宝燈を九面待ちで上がった場合、「純正九蓮宝燈」となります。9面待ちでのテンパイにするのは難易度が高くダブル役満とする場合が多い。

ダブル役満鳴きOK
發なし緑一色
發以外の緑色の牌のみを揃える
 

緑一色を、發を使わず索子の2、3、4、6、8のみで完成させる。

ダブル役満※鳴きOK
大四喜
雀頭
雀頭と3面子を風牌で揃える
鳴きOK

本来、大四喜は役満だが、難易度の高さからダブル役満として採用されるケースも多い。実際、一部の麻雀ゲームではダブル役満として採用されています。

詳しい解説はこちら!

トリプル役満一覧

役満が3つ複合するトリプル役満。 もっと詳しく知りたい方は『トリプル役満、華麗なる役満の三重奏!』をお読み下さい。 ※採用不採用はローカルルールなのでその場で取り決めます。

トリプル役満点数
親の点数 144,000点
子の点数 96,000点

トリプル役満門前のみ
四暗刻+大三元+字一色
三元牌の暗刻
字牌で暗刻と雀頭

四暗刻の暗刻に全ての三元牌が含まれている。三元牌以外の牌も字牌とする。

トリプル役満門前のみ
四暗刻+字一色+大四喜
三元牌の暗刻
字牌で暗刻と雀頭

四暗刻の暗刻に全ての三元牌が含まれている。三元牌以外の牌も字牌とする。

トリプル役満門前のみ
四暗刻+字一色+大四喜
全ての風牌で暗刻
字牌で雀頭

風牌のみで暗刻を4つ作り、雀頭も字牌とする。

トリプル役満門前のみ
四暗刻+字一色+四槓子
字牌で雀頭
字牌のみで4つの暗槓

風牌のみで暗槓を4つ作り、雀頭も字牌とする。

トリプル役満門前のみ
四暗刻+緑一色+四槓子
字牌で雀頭
緑色の牌で暗槓を4つ

緑色の牌(「發」と「索子の2、3、4、6、8」)のみで暗槓を4つと雀頭を作る。

トリプル役満門前のみ
四暗刻+大四喜+四槓子
雀頭
全ての風牌で暗槓

風牌(フォンパイ)のみで暗槓を4つつくる。雀頭はどの牌でも良いが、字牌だった場合字一色も複合する。

トリプル役満門前のみ
四暗刻+大四喜+四槓子
雀頭
[1]と[9]のみで暗槓

数牌の[1]と[9]のみで暗槓を4つと雀頭を作る。

トリプル役満鳴きOK
大三元+字一色+四槓子
字牌の雀頭
全ての三元牌と1種の字牌で槓子を4つ

全ての三元牌と1種の字牌で槓子を4つ作り、雀頭も字牌とする。

トリプル役満門前のみ
四暗刻単騎+大三元
全ての三元牌を含んだ暗刻を4つと雀頭の単騎待ち
単騎待ち

全ての三元牌を含んだ暗刻を4つ作り、雀頭を単騎待ちとする。

トリプル役満門前のみ
四暗刻単騎+字一色
字牌のみで暗刻を4つと雀頭の単騎待ち
単騎待ち

字牌のみで暗刻を4つを作り、字牌で雀頭の単騎待ちとする。

トリプル役満門前のみ
四暗刻単騎+緑一色
緑色の牌で暗刻を4つと雀頭の単騎待ち
単騎待ち

緑色の牌(「發」と「索子の2、3、4、6、8」)のみで4つの暗刻と雀頭を作る。待ちは雀頭の単騎待ちとする。

トリプル役満門前のみ
發なし緑一色+四暗刻
發以外の緑色の牌で暗刻を4つと雀頭

發を除いた緑色の牌(索子の2、3、4、6、8)のみで4つの暗刻と雀頭を作る。

トリプル役満門前のみ
大四喜+四暗刻
發以外の緑色の牌で暗刻を4つと雀頭

大四喜をダブル役満とするルールの場合のみ、トリプル役満として成立。風牌(フォンパイ)のみで暗子を4つ作る。雀頭は指定なし。

ローカル役一覧

1翻門前のみローカル役
パンダ
白と1筒の暗刻
面子と雀頭

白と1筒をの暗刻が揃うと成立。その他の面子や雀頭の制限はない。

2翻鳴きOKローカル役
サンレンコウ(三連刻)
面子と雀頭
連番となる刻子
鳴きOK

同種の数牌で[222][333][444]のように刻子が連番で3つ揃うと成立。

2翻喰下り1翻ローカル役
キャンドンホー(鏡同和)
2種の数牌で同じ連番の順子を2組
雀頭

筒子で[345][789]、索子でも[345][789]のように、2種類の数牌で同じ連番の順子を2組ずつ作る。

2翻鳴きOKローカル役
イッショクサンジュン(一色三順)
雀頭と面子
全く同じ順子を3つ
鳴きOK

同種の数牌で同じ順子を3つ作る。門前の場合は、三連刻(サンレンコウ)と同じ形となる。

2翻鳴きOKローカル役
リャンドーコー(二同刻)
雀頭
全く同じ順子を3つ
鳴きOK

筒子で[111][555]、索子でも[111][555]のように、2種類の数牌で同じ数字の刻子を2組ずつ作る。必ずトイトイと複合するので4翻以上が確定。

2翻門前のみローカル役
アメリカンチートイツ
対子を7つだが4枚組もOK

通常の七対子は対子が7種必要なので、4枚組がある場合は成立しないが、アメリカンチートイツは4枚組を含めても良い。

ローカル役満一覧

日本特有、中国伝来、アメリカ発祥、さまざまなご都合で作られたローカル役満をご紹介!ローカル役満はその場で同意が得られれば導入OKです。自分達のご都合に合わせてローカル役満を楽しんでみてはどうでしょうか! ローカル役満についてもっと詳しく知りたい方は『幻の麻雀アガリ役・ローカル役満大特集』をお読み下さい。

役満点数
親の点数 48,000点
子の点数 32,000点
役満鳴きOKローカル役
イーソースーシュン (一色四順)
同じ順子を4つ
雀頭

同種牌で順子を4つ作る。別名:四連太宝(スーレンタイホー)。

役満門前のみローカル役
スーレンコー (四連刻)
連番で刻子を4つ
雀頭

同種牌で4つの連続した数の刻子を作る。例えば、111、222、333、444、のように数字を連続させた刻子。

役満門前のみローカル役
ダイチセイ (大七星)
字牌のみで七対子

字牌のみで七対子(チートイツ)を作る。

役満門前のみローカル役
フウカセツゲツ (花鳥風月)
花鳥風月
雀頭

五筒、一索、自風牌もしくは場風牌、一筒で暗刻を作る。筒子の5を「花」、索子の1を「鳥」、自風牌もしくは場風牌を「風」、筒子の1を「月」に見立てた役です。

役満門前のみローカル役
フウカセツゲツ (風花雪月)
花鳥風月
雀頭

自風牌もしくは場風牌、五筒、白、一筒で暗刻を作る。自風牌もしくは場風牌を「風」、筒子の5を「花」、白を「雪」、筒子の1を「月」に見立てた役です。

役満門前のみローカル役
ショウシャリン (小車輪)

筒子の1~7で七対子を作る。筒子の丸い図柄を車輪に見立てているので、萬子や索子では成立しません。

役満門前のみローカル役
チュウシャリン (中車輪)

筒子の1~4、6~8で七対子を作る。筒子の丸い図柄を車輪に見立てているので、萬子や索子では成立しません。

役満門前のみローカル役
ダイシャリン (大車輪)

筒子の2~8で七対子を作る。筒子の丸い図柄を車輪に見立てているので、萬子や索子では大車輪は成立しません。ただし、索子で成立する大竹林、萬子で成立する大数輪というローカル役満が存在します。

役満門前のみローカル役
ダイスウリン (大数隣)

索子の2~8で七対子を作る。索子の図柄が竹のように見えることから大竹林。筒子や索子では大数輪は成立しません。ただし、筒子で成立する大車輪、索子で成立する大竹輪というローカル役満が存在します。

役満門前のみローカル役
ダイチクリン (大竹林)

索子の2~8で七対子を作る。索子の図柄が竹のように見えることから大竹林。筒子や萬子では大竹輪は成立しません。ただし、筒子で成立する大車輪、萬子で成立する大数輪というローカル役満が存在します。

役満鳴きOKローカル役
カガヒャクマンゴク (加賀百万石)

萬子の数字を加算し、その合計が100以上になった場合成立する役。100ピッタリの場合はダブル役満とする場合もある。

役満門前のみローカル役
キシュウゴジュウゴマンゴク (紀州五十五万石)

萬子の数を加算しその合計を55とし、發の刻子を揃える。

役満鳴きOKローカル役
ミトサンジュウゴマンゴク (水戸三十五万石)

萬子の清一色(チンイツ)で萬子の数字の合計を35にする。

役満門前のみローカル役
トウホクシンカンセン (東北新幹線)
一気通貫
東と北
待ち

東と北で刻子と雀頭を作り(どちらが刻子でも良い)、残りを一気通貫とする。一気通貫は索子、待ちはシャボ待ちにしなければならないというルールもある。

役満門前のみローカル役
東北新幹線 グリーン車
一気通貫
東と北
待ち

東と北で刻子と雀頭を作り(どちらが刻子でも良い)、残りは萬子の一気通貫の中で4だけを索子とする。

役満門前のみローカル役
トウホクジドウシャドウ (東北自動車道)

東と北で刻子と雀頭を作り(どちらが刻子でも良い)、残りは筒子の2・4・6で刻子を3つ作る。

役満門前のみローカル役
セイカンレンラクセン (青函連絡船)
一気通貫
東と北
待ち

發で槓子、北で雀頭を作り、残りは一気通貫とする。数牌の種類は問わない。

役満門前のみローカル役
ナンボクセンソウ (南北戦争)

南と北で刻子を作り、残りを2種類の数牌で[1865][1865]と揃える。1865は南北戦争終結の年。

役満門前のみローカル役
ゴールデンゲートブリッジ (金門橋)
[123][345][567][789]の順子
雀頭

1種類の数牌で[123][345][567][789]の順子を作る。雀頭の指定は無し。

役満門前のみローカル役
シーサンプーター (十三不塔)
面子、塔子が無い
雀頭

親の場合は配牌時、子の場合は誰の鳴きもない状態での最初のツモ時点で14枚の手牌に面子(メンツ)・塔子がまったくなく雀頭が1つだけある状態で成立。

役満門前のみローカル役
スーシープーター (十四不塔)
面子、塔子、対子が無い

親の場合は配牌時、子の場合は誰の鳴きもない状態での最初のツモ時点で14枚の手牌に面子(メンツ)・塔子がまったくなく雀頭が1つだけある状態で成立。

役満鳴きOKローカル役
パーレンチャン (八連荘)

「8回連続で親を続行する=8連荘」を達成すると成立する役。

役満鳴きOKローカル役
パーレンチャン (八連荘)

「8回連続で親を続行する=8連荘」を達成すると成立する役。

役満鳴きOKローカル役
ポーホイパーレンチャン (破回八連荘)

親の8連荘になる連荘を阻止した、子のアガりが役満になる。

役満鳴きOKローカル役
ベニクジャク (紅孔雀)

索子の1・5・7・9 と字牌の 中 のみを使用し揃える役。これらの索子は緑一色(リューイーソー)で使わない索子で、發でなく中を使用しているので、緑一色を意識した役のようです。

役満鳴きOKローカル役
コウイッテン (紅一点)

緑一色(リューイーソ)を發でなく中で作ります。

役満鳴きOKローカル役
リューイーソーリン (緑一色輪)

緑一色の雀頭を索子の5に置き換える。發を使用しない場合もある。

役満鳴きOKローカル役
ヘイイーソー (黒一色)

筒子の2・4・8と、風牌のみで刻子と雀頭を揃える。使用する牌が全て黒いことから黒一色。

役満門前のみローカル役
レンホー (人和)

配牌時点でテンパイしており、最初のツモ巡の前にロンアガりした場合に成立。

数え役満

数え役満とは、和了(ホーラ=アガり)時に、アガり役の複合で翻数が合計13翻以上になった場合、役満と同じ点数が与えられるルールです。

役満点数
親の点数 48,000点
子の点数 32,000点

リーチやドラを組み合わせた例

リーチや一発、ツモ、ドラを組み合わせた13翻のアガり形の例です。一発や門前自摸はなかなか狙って出せる役ではありませんが、リャンメン待ちなど、アガり牌の多い待ちで構えれば可能性は高くなるでしょう。

1筒2筒3筒5筒5筒5筒中中中東東東8筒8筒
リーチ1翻リーチをかける
一発1翻リーチ後、一巡目でアガる
門前自摸1翻門前でツモアガりをする
1翻役牌
1翻東場の時の場風牌
三暗刻2翻暗刻を3つ揃える
ホンイツ3翻字牌と一色の数牌で揃える
ドラ×3「中」3翻ドラ表示牌が「發」の場合のドラ

小三元とホンイツを組み合わせる

小三元やホンイツなどの高い飜数を獲得できる役を多用し13飜を作ります。小三元やホンイツはポンチーなどで鳴いても成立するので、比較的狙いやすいかもしれません。

1筒1筒1筒9筒9筒9筒中中中白白發發發
小三元(ショウサンゲン)2飜三元牌(サンゲンパイ)の内2種類を刻子で揃え、残り1種類を雀頭にする
ホンイツ2翻字牌と一色の数牌で揃える
1飜役牌
1飜役牌
混老頭(ホンロウトウ)2飜一九字牌のみで揃える
対々和(トイトイホー)2飜刻子と雀頭のみで揃える
三暗刻2飜暗刻を3つ揃える
ドラ×2「白」2飜ドラ表示牌が「中」の場合のドラ

清一色を組み合わせる

役満以外の一般手役の中で最高得点の清一色(チンイツ)を含めて13飜を作ってみましょう!

1筒2筒3筒1筒2筒3筒7筒8筒9筒9筒9筒9筒7筒7筒
リーチ1翻リーチをかける
門前自摸(メンゼンツモ)1翻門前でツモアガりをする
チンイツ6翻一色の数牌で揃える
イーペーコー1翻全く同じ順子を2組揃える
チャンタ2翻全ての面子(メンツ)雀頭に一九牌を絡める
ドラ×2「三筒」2翻ドラ表示牌が「2筒」の場合のドラ

最大翻数は!?

麻雀で最大の翻数は一体何翻になるのでしょうか!?限界は60翻です!理論上、ドラは最大40枚まで増えます。ドラ40に加えてその他の役を複合させることで最大60翻の手を作ることができます!

白白裏1筒1筒裏裏發發裏裏東東裏中中中

※中と白のシャボ待ちでのロンアガりとします。

ドラ表示牌は最大で10枚、この手牌の場合、ドラ表示牌が下記の通りであればドラ40となります。ドラと裏ドラの表示牌が全く同じですが、間違いではありません。ちょっと分かりにくいですが、それぞれのドラを足していくと、全部で40枚になります。

ドラ表示牌
白9筒9筒北北
裏ドラ表示牌
白9筒9筒北北
ダブルリーチ2翻配牌直後の一巡目でリーチをかける
ホンイツ3翻字牌と一色の数牌で揃える
混老頭(ホンロウトウ)2飜一九字牌のみで揃える
対々和(トイトイホー)2飜刻子と雀頭のみで揃える
三暗刻2飜暗刻を3つ揃える
三槓子(サンカンツ)2翻槓子を3つ揃える
小三元(ショウサンゲン)2飜三元牌(サンゲンパイ)の内2種類を刻子で揃え、残り1種類を雀頭にする
ダブ東2翻東場で自分が親の場合の「東」
1飜役牌
1飜役牌
河底撈魚(ホーテイラオユイ)1翻その局の最後の捨牌でロンアガりをする
ドラ×4040翻ドラが40枚