サイト内検索

閉じる
オンライン雀士応援イベント開催中
毎日! 1位の雀士 Amazonギフト券プレゼント
2018年12月20日 ランキング!
84,200
名無しさん
2位
42,900
名無しさん
3位
2018年12月19日 ランキング!
139,900
浅野 雲刻斉
2位
136,300
ワッジ
3位
128,500
コーチャン
2018年12月18日 ランキング!
139,900
はまは
2位
136,800
胡麻味噌
3位
129,800
ワッジ
2018年12月17日 ランキング!
135,100
kensh
2位
122,700
胡麻味噌
3位
118,400
胡麻味噌
2018年12月16日 ランキング!
149,300
還暦のおっさん
2位
138,900
いのしし
3位
138,700
Harry
2018年12月15日 ランキング!
136,300
きんさん
2位
135,500
いのしし
3位
130,000
ワッジ
2018年12月14日 ランキング!
128,400
牛鬼
2位
121,000
コーチャン
3位
120,700
名無しさん
>
>
本記事

二盃口(リャンペーコー)は超攻撃的!複合で跳満をロックオン!

二盃口(リャンペイコウ)
三萬四萬五萬三萬四萬五萬同じ順子を2組六索七索八索六索七索八索同じ順子を2組
3翻
門前のみ
出現率:0.05%
同種の牌で同じ順序の順子を2面子×2を作る。一盃口(イーペイコウ)が2つ出来た状態。
→ 麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!

二盃口(リャンペーコー)は役満並みの出現率の低さで、滅多にお目にかからない役です。しかし、ひとたび現れれば単独でも3翻、複合などで満貫・跳満と爆発的な攻撃力を発揮する超攻撃的な役なので、その成立方法から複合まで、しっかり覚えておきましょう!

目次
一般役から役満まで一覧はこちら!

1. リャンペーコーの基本情報

二盃口(リャンペイコウ)
三萬四萬五萬三萬四萬五萬同じ順子を2組六索七索八索六索七索八索同じ順子を2組
3翻
門前のみ
出現率:0.05%
同種の牌で同じ順序の順子を2面子×2を作る。一盃口(イーペイコウ)が2つ出来た状態。

とても綺麗な並びの形をしています。これは狙ってみたくもなりますが、これがなかなかどうして難しい。出現率は役満に匹敵します。3翻はなかなかの攻撃力ですが、難易度を考えるとちょっと物足りない気もしますね。

この形を門前(メンゼン)でつくるわけですから、配牌の良さと引きの良さ、運の要素が重要になる役ですね。もちろん、複合や押引きの判断力が必要になってきますが、まずは無理に狙わず流れで揃えるのが基本になると思います。

一盃口(イーペーコー)

リャンペーコーの下位役にあたる基本役が、イーペーコーです。出現率はリャンペーコーの数十倍なので、覚えていない人はまずはこちらをチェック!

一盃口(イーペイコウ)
三萬四萬五萬三萬四萬五萬同じ順子を2組
1翻
門前のみ
出現率:4.5%
同種の牌で同じ順序の順子を2面子を作る。
関連記事

2. リャンペーコーと七対子の関係

二盃口が完成すると、対子(トイツ=2個一組の牌)が7組ある事に気付きましたか?分かり易いように、ちょっと並び替えてみましょう。

三萬四萬五萬三萬四萬五萬六索七索八索六索七索八索東東

並び替えました↓

三萬三萬四萬四萬五萬五萬六索六索七索七索八索八索東東

はい、この通りです。使っている牌は勿論同じですよ。これって、七対子(チートイツ)ではありませんか!ちょっと面白いですね!複数の役が同時に成立する事を役の複合と言います!しかし、残念ながら二盃口と七対子は複合しません!

チートイツは、あくまでもトイツが7組という条件です。リャンペーコーでは各面子を順子と捉えるので、トイツは認めらないのです。では、この場合どちらの役が優先になるかと言うと、リャンペーコーが優先になります。この2つに限らず、複合しない2つの役が存在する場合、常に点数の高い方の役を成立とするルールがあるからです。

4枚使いはOKか?

■4枚使い例1

二萬二萬三萬三萬四萬四萬四萬四萬六筒六筒七筒七筒八筒八筒

二盃口は面子手なので、一般的には特に4枚使いがあっても構いません。この例では4枚使いの四萬のうち2枚が雀頭、もう2枚は一盃口の順子でとなります。

■4枚使い例2

一萬二萬三萬一萬二萬三萬一萬二萬三萬一萬二萬三萬八筒八筒

何だかもの凄い牌姿ですね!これは、同種の牌を4枚ずつ使ったリャンペーコーです。さて、これでリャンペーコーは成立するでしょうか?

こたえ:一般的には成立するが、不成立とする場合もある

まあ、通常は普通に成立します。ただ、一部で(どこだかは知りませんがw)不成立とするルールがあるようなので、念の為その理由を覚えておきましょう。

不成立とする理由、そのヒントはチートイツにあります。4枚使いのチートイツは不成立というのは知っていますか?

一萬一萬一萬一萬七索七索三筒三筒九筒九筒南南中中

一見、チートイツの様に見えますが、を4枚使っているので、この場合はチートイツは成立しません。チートイツはあくまでも7種類のトイツが必要なのですが、この場合トイツは7組ありますが6種類になってしまうからです。

このチートイツの不成立と同じように考えて、リャンペーコーは同一の順子が2ペア×2組が必要なのに、4枚使いのリャンペーコーでは同一の順子が4ペアとなるので認めない!とうのが、不成立の理由の様です。

しかし、リャンペーコーの定義に異なる2種類の順子が必要というのは無いので、問題無く成立するという考え方が一般的です。かなりレアなケースなので意識する事は無いと思いますが、頭の片隅にでも置いておくと安心です(笑)

関連記事

3. リャンペーコーとの複合役

チートイツとは複合しない二盃口(リャンペーコー)ですが、当然複合出来る役もあります。ピンフやタンヤオなどの基本役とは比較的簡単に複合するので、是非とも狙っていきたいところです。

また、リャンペーコーは全て順子で構成される役なので、符がほとんどつきません。出来れば2翻の複合させて5翻とし、満貫まで引っ張り上げましょう!

リーチ(1翻)+ピンフ(1翻)+二盃口(3翻)

順子系の基本役であるピンフはリャンペーコーとても相性が良いですね。リーチをかければ、5翻で満貫確定です!

三萬四萬五萬三萬四萬五萬六索七索八索七索八索一筒一筒六索待ち

この場合、でアガる事が出来ます。ですが、でアガるとリャンペーコーは成立せず、ピンフとイーペーコーの複合になりますね。とは言え、欲張ってを見逃すとフリテンになるので、注意してください!

関連記事

リーチ(1翻)+ピンフ(1翻)+タンヤオ(1翻)+二盃口(3翻)

上記のピンフとの複合に加えタンヤオを複合すると6翻で跳満確定です!ここまでは比較的複合させやすいので、リャンペーコーが狙えそうな時はピンフとタンヤオをしっかりと意識しましょう!

三萬四萬五萬三萬四萬五萬六索七索八索七索八索二筒二筒六索待ち

この場合も当然でアガる事が出来ます。しかし、でアガるとリャンペーコーだけでなくタンヤオも成立しません!しつこいようですが、これも欲張ってを見逃すとフリテンになるので、注意してください!

関連記事

リーチ(1翻)+ジュンチャン(3翻)+二盃口(3翻)

タンヤオと相反する役であるジュンチャンやチャンタも複合します!ジュンチャンは3翻役(チャンタは2翻)なので、ピンフが複合しなくても7翻になり、これも跳満です!ちなみに、ピンフも複合すると8翻となり、なんと倍満になります!!

一萬二萬三萬一萬二萬三萬七索八索九索七索八索一筒一筒九索待ち

先程までとは逆にでアガるとリャンペーコーもジュンチャンも成立しませんね。

4. プロから一言!

鈴木たろうプロから!
七対子形になることが多いが、ヤミテンでも5200以上は魅力的。
チャンスがあれば狙いたい。

麻雀豆腐編集部

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



皆さまからのコメントと麻雀豆腐編集部からの返信!

  1. オーガ より:

    二盃口は
    一盃口+一盃口+二盃口=5飜
    の実質5飜と考えるのは、間違いなのでしょうか?
    本来の役の数え方からすると5飜と考える方が正しいと思えます。
    小三元において、
    役牌+役牌+小三元=4飜と同じ数え方です。
    友人からは四暗刻の時に三暗刻を考えないからおかしいと言われましたが、それは役満に隠されているだけで、三暗刻だけでなく対々和も隠されています。
    また、清一色の時に混一色を数えないから、とも言われましたが、字牌と1種類の数牌で構成するのが混一色なので、字牌がないから混一色が不成立になっていると考えられます。
    そのため本来の数え方であれば実質5飜で数えるべきだと思います。
    また、現状通り実質3飜と数えるなら、二盃口は1飜と表記するのが正しいと思います。
    この考え方はおかしいのでしょうか?

    • 編集部麻雀豆腐 より:

      麻雀豆腐編集部です。
      麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとうございます!

      >二盃口は
      一盃口+一盃口+二盃口=5飜
      の実質5飜と考えるのは、間違いなのでしょうか?

      役牌(1翻)+役牌(1翻)+小三元(2翻)=4翻は役牌も小三元もそれぞれ翻数をカウントするのに対し

      二盃口(3翻)は、一盃口(1翻)×2の分の翻数をそれぞれカウントしないのはなぜなのか、という疑問ですね。

      仰る通り、上記の数え方で考えると、一盃口(1翻)+一盃口(1翻)+二盃口(3翻)=5翻になりますね。

      そして、現状二盃口は3翻の扱いであると考えた時に一盃口(1翻)+一盃口(1翻)+一盃口が二組ある事に対し?(1翻)=実質3翻ということになりますね。

      たしかに私も個人的な意見としては、二盃口は難易度&出現率を考えると3翻では足りない印象を受けます。

      以前、二盃口は2翻として扱われたり、役として認められていなかった経緯があるようです。

      なぜ現在、一般的には二盃口が3翻役なのか、といった理由は分かりません。申し訳ございません…

      今後とも麻雀豆腐を宜しくお願い致します。

    • 匿名 より:

      基本的に、日本の麻雀は他の役が必ず成立する事が確定する時は、その役と複合しません。

      小三元は、白板、緑發、紅中のいずれか二つが成立しますが、もう一つは成立しません。

      白白發發發中中中(發、中が成立し、白は成立しない)
      白白白發發中中中(白、中が成立し、發は成立しない)
      白白白發發發中中(白、發が成立し、中は成立しない)

      この様に、白板、緑發、紅中の成立が確定していないため、小三元は他の二つと複合するのであると思います。

      • 編集部麻雀豆腐 より:

        麻雀豆腐編集部です。
        麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとうございます!

        他ユーザー様の疑問を答えてくださり、ありがとうございます!私の方でも参考にさせていただきます(^^)

        今後とも麻雀豆腐を宜しくお願い致します。

  2. 匿名 より:

    4枚使い二盃口って四暗刻が優先されるんやないの?

    • 編集部麻雀豆腐 より:

      麻雀豆腐編集部です。
      麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとうございます!

      >4枚使い二盃口って四暗刻が優先されるんやないの?

      本記事の4枚使いの例では
      123・123・123・123・88ですが
      こちらを暗刻(槓子)として見てみると、

      1111・2222・3333・88ですので、四暗刻には1面子足りないことになります。

      今回の例は
      111・222・333・123・88で
      三暗刻にもとることが出来ますが、このような4枚使いで二盃口も有り得るということでご紹介させていただきました。

      いただいたコメントを参考に記事の修正を行いました。
      もうひとつ4枚使いの例をご紹介させていただきますm(__)m

      223344・44・667788
      こちらの例は4枚使いの4のうち2枚は一盃口の順子として扱い、もう2枚は雀頭として扱っています。

      二盃口の4枚使いが認められるかはその場の取り決めによって異なりますが
      七対子と違い面子手ですので認められることが一般的なようです。

      ご質問ありがとうございました!
      今後とも麻雀豆腐を宜しくお願い致します。

      • 匿名 より:

        不成立なわけなーだろバカ

        • 編集部麻雀豆腐 より:

          麻雀豆腐編集部です。
          麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとうございます!

          >不成立なわけなーだろバカ

          4枚使いの二盃口についてのご意見で宜しかったでしょうかm(__)m?
          ユーザー様の仰る通り、一般的には4枚使いでの二盃口は成立します。
          ローカルルールや二盃口・七対子などの役に関しての考え方から一部の例として成立しない場合もあることをご紹介させていただきましたが
          分かりづらくなってしまい誠に申し訳ございません。
          貴重なご意見ありがとうございます!

          ご利用していただけるユーザー様と共に麻雀豆腐も成長していけるように努力致します。
          今後とも麻雀豆腐を宜しくお願い致します。