岡田紗佳 才色兼備のMリーガー”おかぴー”について
 

岡田紗佳 才色兼備のMリーガー”おかぴー”について

モデルとしても活躍し、麻雀界随一の美しいルックスを持つ岡田紗佳プロ「役満ボディー」という通り名で呼ばれており、美人雀士として大人気ですが、テレビ対局で九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)や国士無双十三面待ちといった、めったに出ない大物手をあがった経験もあり、麻雀プロとしての実力にも注目されています。その実力から、ギリシャ神話の戦いの女神の名前を取り、「完全武装アフロディーテ」という二つ名でも呼ばれている、岡田紗佳プロについてご紹介します。

関連記事
雀聖・阿佐田哲也とは?雀士であり小説家だったその人生
小島武夫 ミスター麻雀の魅力的でろくでなしな生き方
雀鬼・桜井章一 二十年間無敗だった伝説の雀士
小島武夫 ミスター麻雀の魅力的でろくでなしな生き方
麻雀プロ名鑑 有名、女流、伝説の雀士を紹介

役満ボディー・岡田紗佳プロについて

Mリーグでも大活躍、才色兼備のMリーガー・岡田紗佳プロについてご紹介します。

プロフィール

  • 名前:岡田紗佳(さやか)
  • 生年月日:1994年2月19日
  • 出身地:東京都世田谷区
  • 所属プロ団体:日本プロ麻雀連盟(第33期 前期入会)
  • Mリーグ:KADOKAWAサクラナイツ
  • 所属事務所:アーティストハウス・ピラミッド
  • サイズ:B85 / W58 / H83 / S24.5 / T170
  • 愛称:おかぴー
  • 学歴:青山学院大学国際政治経済学部卒

ノンノモデルとしてデビューして以来、バラエティ番組にも出演しタレント活動も行っていましたが、2017年より日本プロ麻雀連盟に所属、麻雀プロとしてデビューします。

その後も連盟のリーグ戦やテレビ対局に出演し、プロ雀士として活躍しながら、多数メディアに出演、写真集も多数出版され、タレント活動もグラビア活動も並行して行い、美人雀士として注目されています。

趣味はゲーム

岡田紗佳プロは、至福の時間はゲームをしている時と語るほど、ゲーム好きで知られており、中でも一番思い入れのあるゲームが”ポケモン”で、幼稚園の時にお父さんに買ってもらった、初代ポケモンのピカチューバージョンが最初に遊んだゲームソフトだと話しています。

ちなみに好きなキャラクターはヌメラだそうです。

岡田紗佳プロはインスタでも、ポケモンのキャラクターを取り入れたコーデを披露していたり、テレビ東京系列で放送されていた「ポケモンの家あつまる?」に出演、「ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2023 宮城」に招待選手として出場、いろんな場面でポケモン愛を披露しています。

また麻雀プロになる前の2015年から、カプコン公式のモンスターハンター公式ファンクラブ「モンハン部」マネージャーに就任、

2020年から2021年の一年間、ファミ通.comで「Mリーガーがゲーマーでもいいじゃない!」というタイトルでコラムを連載、

そして、2023年にスマホゲーム「おねがい社長!ゼロからの創業人生!」とコラボ、岡田紗佳プロがモデルとなったキャラクターがゲームに登場、ゲーム好きを活かして幅広い活動を行っています。

ウマ娘をきっかけに競馬好きに

Mリーグ2020のセミファイナル、4月22日の第1試合の試合前に、「サイレンススズカのように逃げてきます」とウマ娘に登場するキャラクターに例えてコメントし、見事トップを取り話題となりました。

競馬の知識は全くなかったそうですが、ウマ娘をきっかけに実際の競馬も好きになったそうです。

亀谷競馬サロン内のコラム「連載役満ボディ岡田紗佳の“ウマく”楽しく!」で毎週土曜日に競馬予想を連載、サンスポZBAT!内「プロ雀士岡田紗佳 GI全ツッパ予想」でG1レースの予想も担当、

そして、2023年4月より、JRA札幌競馬×日本ダービースペシャルサポーターに就任するなど、競馬好き女性麻雀プロとしての活動も行っています。

プライベートでは白鳥翔プロと交際、破局

2020年4月に週刊誌の報道を受け、日本プロ麻雀連盟所属で、Mリーグでは渋谷ABEMASにも所属する白鳥翔プロとの交際を発表し、麻雀界を騒がす大ニュースとなりました。

岡田紗佳プロはX(旧Twitter)で「結婚を前提としてお付き合いをしています」と発表、交際は順調かと思われましたが、2021年9月、岡田紗佳プロと白鳥翔プロの双方がXで破局を発表。

今でも普通に仲の良い友人ですし、麻雀の対局で同卓しても今まで通りバチバチにやり合いますので、もし宜しければこれからも2人を応援して頂けたら嬉しいです!

と宣言し、破局しても良き友人、良きライバルであると宣言しました。

また、今年2023年4月に日本プロ麻雀連盟所属の浜野太陽プロとの熱愛報道がありました。本人は事務所を通し「同棲はしておらず、結婚の予定もありません。」とコメントしたとの報道がありました。

白鳥プロや浜野プロとの交際報道はありましたが、現在、岡田紗佳プロはまだ独身です。

SNSなど

岡田紗佳プロはXのアカウントはメインのアカウントの他に、オタク垢としてサブアカウントを持っています。

Xやインスタは頻繁に更新されていますが、ブログ、note、Facebookは、最近ではあまり更新されていません。しかし岡田紗佳プロのことをもっと知りたいからは、覗いてみたら新しい発見があるかもしれません。

インタビューなどでご本人も話していますが、XやInstagramは、日常や趣味に関連したことを発信しており、麻雀の専門的な媒体で書く方針でいるようです。

経歴 -ノンノモデルからプロ雀士へ

日本と中国のハーフで、中国語・日本語を喋ることができ、青山大学卒の才色兼備岡田紗佳プロの経歴をご紹介します。

中国で過ごした幼少時代

岡田紗佳プロのご両親は、お父さんは日本人、お母さんが中国人という家庭で、生まれ育ったのは東京なのですが、6歳から6年間、中国・上海の祖母宅で育てられました。そのおばあさんが経営していたのが雀荘で、中国の麻雀は日本の麻雀とは違う部分が多いのですが、”麻雀”に触れあったのはそれが最初だったそうです。

中国麻雀のルールは覚えていないそうですが、4面子1雀頭を作る、どういった牌がある、といったことを日本で麻雀を覚える前から知っており、プラスになっていると思うと語っています。

幼い時に中国へ行ったのは、母親が中国語を学ばせるためだったそうで、きびしいおばあちゃんとの二人暮らし、ゲームなどの娯楽も制限されて、勉強ばかりしていた日々だったとご本人は振り返っています。

ゲームが好きで、勉強が出来たのも、この中国で過ごした幼少期が影響していると思うと、ご本人は述べています。

6歳で中国に行ったときには、中国語も喋れなかったけれど、半年ほどである程度喋れるようになり、そして、日本に帰ってきたときは小学校6年生の夏で、再び日本語を勉強して、喋れるようになったそうです。子供の頃だったから覚えは早かったそうですが、幼少期に二つの国で過ごし、二つの言語を勉強する、特殊な環境で育ったことをnoteの中で明かしています。

参照:https://note.com/okapy219/

ノンノモデルとしてデビュー

高校は青山学院高等部に入学、そのまま青山大学に進学、2011年に「第43回non-noモデルオーディション」でグランプリを受賞、翌2012年からNon-no専属モデルとしてデビューします。

ノンノモデルになってから、周りのモデル仲間の影響で麻雀ゲームをきっかけに麻雀にはまり、リアル麻雀もやるようになったそうです。

モデルとしてデビューして以来、バラエティ番組などにも出演するようになり、2012年4月から2016年3月まで日本テレビ系列「ネプ&イモトの世界番付」にレギュラー出演、「ポンコツ&さまぁ〜ず」に準レギュラー出演など、タレント業も開始します。

ノンノ専属モデルは6年間務め、2018年3月20日発売の5月号を最後に卒業、その後もグラビアやモデル業、タレント業は引き続き活動し、大活躍です。

モデル兼プロ雀士に

岡田紗佳プロがプロ雀士になるきっかけとなったのは、まだ大学在学中に『大学対抗麻雀駅伝in箱根』という番組に出演した時に、日本プロ麻雀連盟の方に勉強会に参加しないかと誘われ、まだ点数計算や役も全部覚えていない状態だったそうですが、滝沢和典プロなどに基礎的な所から思考的な部分まで教わり、麻雀について半年から一年ほど本格的に勉強したとインタビューで答えています。

そして、2017年4月より日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士となります。同年の麻雀最強戦2017 でアシスタントとして出演します。

まだデビュー2年目で出演した、2018年9月28日生放送の「芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン」で伝説の役満”九蓮宝燈”をあがり優勝し、話題になります。

2019年、KADOKAWAサクラナイツからドラフト指名されてMリーグに参加、

2022年6月5日に開催された、「麻雀最強戦2022 Mリーグスペシャルマッチ」の決勝卓で、またもや滅多に出ない役満である”国士無双十三面待ち”をあがり、またもや大きな話題になりました。

テレビ対局で役満の中でもめったに出ない、九蓮宝燈と国士無双十三面待ちを出しており、麻雀番組でも優勝経験が多く、大舞台に強い印象があります。

好きな役は「リーチ」で、好きな牌は「一萬(イーマン)」とインタビューなどで話しており、冷静で守備型、面前で手を進める打ち方と評されています。国士無双十三面待ちをあがったのも、一萬だったこともあり、縁を感じる牌なのだそうです。

2020年9月に、動画配信サービス「GYAO!」の番組「木村さ~~ん!」に出演し、木村拓哉氏と麻雀を打ったり、

2023年には地上波のテレビ番組に多く出演、1月に「アメトーーク」のMリーグ芸人の回、2月「しくじり先生」、6月「踊る!さんま御殿!!」、5月「アッコにおまかせ!」、8月「人志松本の酒のツマミになる話」などなどで、多くの人気芸能人と共演、岡田紗佳プロの知名度もアップしたと思います。

また「近代麻雀」で連載された漫画「ゴールデン桜」の原作を担当しました。作画は前川かずお氏が担当し、無名で定収入の麻雀プロが背負った借金500万円を返済するために、女装して女流プロとして稼ぐことを決意する、といったお話で、単行本では全三巻が発売されています。

麻雀プロとしての活動はもちろん、モデル業、タレント業など、多方面で活躍しています。

Mリーグでの活躍

シーズン 個人
スコア
平均
打点
4着
回避率
最高
スコア
半荘数
2022 36.7pt 7,905 0.6111 75700 18
2021 -261.8pt 5,939 0.6250 50500 16
2020 33.6pt 6,284 0.7333 54000 15
2019 -152.8pt 6,380 0.7895 54000 19

岡田彩佳プロは、麻雀プロになって二年目の年に、株式会社KADOKAWAがオーナー企業となっている「KADOKAWAサクラナイツ」から2019年にドラフト指名され、Mリーグに参戦しました。KADOKAWA桜ナイツは2019年シーズンに参入、岡田紗佳プロは結成当時から所属する選手であり、紅一点で最年少ながらも、チームの象徴的な存在と言えるでしょう。

KADOKAWAサクラナイツは、2020年シーズンに2位、2021年シーズンは優勝と好成績を残しています。

獲得タイトル

モデル、タレントとして大活躍の岡田紗佳プロですが、麻雀プロとしての実力も確かなもので、以下のテレビ番組の大会でタイトルを獲得しています。

  • 女流雀士 プロアマNo.1決定戦 てんパイクイーン 3,4,5代目クイーン
  • THEわれめDEポン 優勝 2回(2018年1月26日、2020年6月26日放送分)
  • 第5期 Lady's麻雀グランプリ 〜前期リーグ戦・〜CLIMAX〜 優勝
  • 第6期 Lady's麻雀グランプリ 〜CLIMAX〜 優勝
  • 麻雀最強戦2020 最強の女流プロニュースター決戦 優勝
  • 麻雀最強戦2022「Mリーグスペシャルマッチ」優勝
  • 天空麻雀23 優勝
  • 女流麻雀 ~GEKOKUJYO~ 優勝

麻雀プロとしてデビューしたてで出演した、2018年1月26日に放送された「THEわれめDEポン」では、加賀まりこさん、清水アキラさん、梶原雄太さんを相手に卓を囲み、九蓮宝燈を出して優勝したり、麻雀好きの女性芸能人や、他団体の女流プロも出演する「てんパイリーグ」で三年連続優勝、麻雀最強戦2022「Mリーグスペシャルマッチ」では決勝戦で元カレ白鳥プロと同卓、そこで国士無双13面待ちを出し優勝するなど、麻雀ファンの記憶に残るような、大舞台で派手な結果を残しています。

  • 第2回・第5回クイーンズリーグ 優勝
  • 女流プロ麻雀日本シリーズ2022 優勝

また、所属する日本プロ麻雀連盟の大会でもタイトルを獲得、連盟の女流トッププロ16名によるタイトル戦である「クイーンズリーグ」で二度優勝、そして、連盟だけでなく、他団体からもタイトル保有の女流雀士が参加する「女流プロ麻雀日本シリーズ2022」で、多くの実力者たちを下し、見事優勝、麻雀プロとしての実績を確実に積み上げています。

岡田紗佳プロの対局動画

伝説の九蓮宝燈のシーン

九蓮宝燈が物語の中で重要な意味を持つ映画「麻雀放浪記」にも出演している加賀まりこさんの前で出すっていうのも、なんだか凄い。

これも伝説となった国士無双十三面待ちのシーン

元カレ白鳥プロと同卓しているところで出すっていうのも、不思議な縁。

エガちゃんと麻雀対決

江頭2:50さんのYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」に出演した回。

その結果、罰ゲームで江頭2:50さんのギャグをインタビュー中に披露。大きな話題になります。

おまけ

サクラナイツのチームメイトである日本プロ麻雀協会所属の堀慎吾プロと一緒に踊ってます。二人のギャップがなんだか楽しい動画です。

まとめ

岡田紗佳プロは、ノンノモデルとしてデビューしましたが、麻雀の魅力にはまり、ついにはプロにまでなった、異色の経歴を持った麻雀プロです。モデルの経験もあり美しいルックスですが、麻雀プロとしての実績を確実に積み上げてきており、テレビ対局で多くの実績を残したり、役満の中でも珍しい役を出したり、大舞台に強いプロと言えるでしょう。これからも才色兼備なMリーガー、岡田紗佳プロの活躍に目が離せません。

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください