ダブル立直(リーチ) [ 2翻 門前 ]
最終更新:

ダブル立直(リーチ) [ 2翻 門前 ]

通称・ダブリーです。滅多にお目にかかることのない、貴重なラッキー役です。

知らなくても生きていけるけど、知っていたら知っていたで得した気になれる、そんなダブリー情報集です。

目次
一般役から役満まで一覧はこちら!


1. 役の作り方

ダブル立直(ダブルリーチ)
出現率:0.1%-0.2%
うっかり忘れないように
2翻門前のみ待ち指定無し
一巡目の捨牌でリーチをかけると成立。ただし、それまでに副露(フーロ:鳴き=ポン、チー、明カン)があった場合は成立しない。
※子:最初の配牌時にテンパイかイーシャンテンであり、第一ツモでテンパイが確定すればOK
※親:最初の配牌時の14枚でテンパイが確定していればOK

ダブリーとは、第一巡でリーチをかけたらダブリーとなり、アガれたら二翻になります。

子の場合

  • 配牌時にイーシャンテンもしくはテンパイを迎えている
  • 第一ツモでテンパイになる
  • 自分の最初の捨て牌でダブルリーチを宣言し、リーチ棒を置く

親の場合

  • 配牌時の14枚の手牌がテンパイを迎えている
  • 自分の最初の捨て牌でリーチを宣言し、リーチ棒を置く

なので、子の場合、こういう事になります。

ダブリー

一言でいうと、一番最初の捨て牌でリーチをかければダブリーです。

ダブリーが消える条件もあり、それは自分の順番の前に、ポン、チー、カンの鳴きがあった場合は無効になります。

ダブリーが消えてしまったら残念だとしか言いようがないです。


2. アガるポイント

神に祈る。

そして見逃さないように気を付けるのみ。


3. 役の複合を狙う

リーチと複合して3翻、なんてことにはなりません

リーチ(1翻)+ダブルリーチ(1翻)という計算で2翻となります。

ダブリーで一発でアガればそれだけで3翻です。素晴らしい。


4. ローカルルール

ダブリーをして河底撈魚(ホーテイラオユイ)でアガると役満になる、というローカルルールがあります。

その名もダブリー河底撈魚。またの名を石の上にも三年。またの名を頑固一徹と言います。

河底撈魚は一番最後に捨てられた牌をロンでアガる役です。つまり、一巡目でリーチをかけて、そのままアガらずに(アガれずに)一番最後の捨て牌でロンをしたので特別に役満にしよう、というローカルルールです。なので、石の上にも三年や、頑固一徹なんていう名前がついているのです。

ダブリーと河底撈魚という奇跡の偶然役の共演、見てみたいです。


5. まとめ

ダブリーは運でしか出現しえないです。だからでしょうか、漫画ではよく見る気がします。絵になりますからね。強運キャラはダブリー出して調子を上げますね。しかし、現実ではなかなかお目にかかれないです。チャンスがあったら意地でもアガりましょう!しかし、それでもプラスになるのは二翻だけというのは、少し残念な気がします。

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



CAPTCHA