• 錦江荘(きんこうそう)
  • 銀座花サロン
  • 「麻雀白鷺(しらさぎ)」と「ニュー新橋クラブ」
  • 麻雀ゲーム
  • べガス好き集まれ!!
  • 無料アプリ・無料ゲーム

更新日: 2017年11月28日

「麻雀最強戦2016 男子プロ代表決定戦 因縁の対決」が7月24日に放送!

【画像は麻雀最強戦公式サイト】

麻雀日本一を決める、近代麻雀(竹書房)主催の大会「麻雀最強戦」が今年も開幕。12月11日に行われる麻雀最強戦のファイナル出場権をかけた、「麻雀最強戦2016 男子プロ代表決定戦 因縁の対決」が、7月24日(日)14時より開催されます。対局の模様は、ニコニコ動画、AbemaTVで生放送中継されます。

「男子プロ代表決定戦 因縁の対決」は、麻雀最強戦ファイナルの男性プロ代表出場枠をかけたトーナメント戦であり、今回は、因縁のある雀士の戦いをテーマに大会が開催されます。2006年、日本プロ麻雀連盟を脱退した、多井隆晴プロ、阿部孝則プロ、河野高志プロらが中心となって設立された「RMU」。当時、連盟のトッププロだった雀士が脱退し、新団体であるRMUが設立された経緯があり、2つの団体は最近になるまで交流を持つことはありませんでした。その因縁深き日本プロ麻雀連盟とRMUのプロが4名ずつ今大会に出場し、「プロ連盟」VS「RMU」といった、脱退分離事件から10年の月日がたち、始めて今回麻雀最強戦の舞台で実現しました!

麻雀最強戦ファイナルの出場枠だけでなく、男性プロの因縁深き戦いを是非ご覧下さい!

今回、出場する選手たちは、RMU設立以前の日本プロ麻雀連盟で、しのぎを削った因縁深いプロたちとなっています。10年前に連盟を脱退し、RMUを設立し代表に就任した多井隆晴プロと、連盟に残り鳳凰位を三度獲得するなど絶対王者と呼ばれるようになった瀬戸熊直樹プロは、連盟時代のライバル同士であり、特に因縁深い二人と言えるでしょう。決勝卓で二人の戦いが見れるかどうかに期待です!

「麻雀最強戦2016 男子プロ代表決定戦 因縁の対決」出演者

対局者

    A卓

  • 瀬戸熊直樹プロ(日本プロ麻雀連盟)
  • 藤崎智プロ(日本プロ麻雀連盟)
  • 河野高志プロ(RMU)
  • 阿部孝則プロ(RMU)
    B卓

  • 古川孝次プロ(日本プロ麻雀連盟)
  • 前原雄大プロ(日本プロ麻雀連盟)
  • 多井隆晴プロ(RMU)
  • 谷井茂文プロ(RMU)

実況・解説

  • 小山剛志氏
  • 森山茂和
  • 馬場裕一プロ
関連記事

大会システム

A卓、B卓 の順に半荘1回勝負を行い、各卓上位二人を決定。そして、上位二人が決勝卓に進みます。決勝も半荘一回勝負を行い、その優勝者が男子プロの代表として12月11日に行われる「麻雀最強戦2016決勝ファイナル」に進むことができる。

最強戦_3

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。
著作権は作者及び出版社に帰属しています。

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



コメント開閉 
人気の記事
麻雀 入門
麻雀ルール入門!初心者が覚えるべき基本知識
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
符計算
麻雀の符計算を知り尽くせ!覚えるコツから早見表まで網羅 | 麻雀豆腐
麻雀 スジ
麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』
麻雀用語
【麻雀用語】初心者が覚えるべき基本用語を全て解説
麻雀 捨て牌の読み方
麻雀の捨て牌の読み方を習得して振り込みを極限まで回避!
麻雀上達のコツ 超初心者が知るべき4つのコツ
無料麻雀ゲーム厳選12+1タイトル!
麻雀の点数表と覚え方
麻雀 点数表とその覚え方!~5つの流れで暗記~
鈴木たろうプロ
麻雀上達!マジで強い雀王3連覇プロの初心者心得10項目
新コンテンツ カジノゲーム
オンラインカジノおすすめ2021!実際にプレイ 徹底比較
オンラインカジノ入金ボーナス一覧 2021
日本語対応オンラインカジノ
オンラインカジノ有名どころ!!
ecoVoucher(エコバウチャー)購入方法を完全解説!
559.35倍!! スロットの爆発力はヤバい
【ココモ法】たったこれだけで稼げる!カジノ必勝法!
【パーレー法】たったこれだけで稼げる!カジノ必勝法!
ワイルドカード(Wild Card)|カジノ用語
レットイットライド(Let It Ride)|カジノ用語
麻雀豆腐監修プロ雀士
鈴木たろうプロ 鈴木たろう プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第15回 最強位/第8回 野口賞受賞/第9・11・12・13期 雀王 3連覇の快挙/世界麻雀大会2015 2位など
小倉孝プロ 小倉孝 プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第3・4期 雀竜位/第6期 新人王/第7期 雀王 など