• 錦江荘(きんこうそう)
  • 銀座花サロン
  • 「麻雀白鷺(しらさぎ)」と「ニュー新橋クラブ」
  • 麻雀ゲーム
  • 無料アプリ・無料ゲーム

ペンチャン待ちは悪魔の囁き 大胆にさばいてスッキリ麻雀

辺張(ペンチャン)待ちは麻雀における待ちの中でもなかなかやっかいな待ちといえるでしょう。反対に考えると難しいペンチャン待ちを理解すれば、その他の待ちも良く見えてくるようになります。

初心者にとってもこれはとても重要なことです。待ちの形をそれぞれバラバラに覚えていてもあまり意味のないものとなってしまいます。また、待ちをさばく方法にオカルトとデジタルの対立があることも理解しておきたいですね。

古くからあるオカルト麻雀と現代の主流であるデジタル麻雀の対立は久しいものですが、近い将来、両方の感性を持ったハイブリットな麻雀が主流となるでしょう。
来るハイブリット麻雀を打ちこなす為に、今こそペンチャン待ちを華麗にさばこうではありませんか!

目次

1. ペンチャン待ちは悪魔のささやき

1-1. ペンチャン待ちとは?

■ペンチャン待ち

ペンチャン待ちの形はこのようになっています。次に実際の手牌でみてみましょう。

■テンパイ時のペンチャン待ち

このように、あと1枚取得できれば順子となる状態がペンチャンです。その待ち牌である『3と7』がアガり牌だった場合、ペンチャン待ちになります。この2つの形しかないので覚えてしまいましょう。また、あと1枚揃えばアガりになる状態をテンパイと呼びます。

聴牌(テンパイ)

テンパイという言葉は日常でもたまに聞く言葉になっています。「テンパる」「テンパってる」などという感じで聞くことがあるでしょう。このて「テンパる」とはまさに麻雀のテンパイから来ています。
====================================
聴牌(テンパイ)とは・・・
残り1枚必要な牌が手牌に加われば和り(アガリ)となる状態。
====================================

このテンパイの時にペンチャンで待っている状態をペンチャン待ちといいます。
そしてこのペンチャン待ちがよく出現する役にチャンタがあります。

■混全帯幺九(チャンタ)

チャンタはメンツをすべて1・9絡みでそろえなくてはいけません。
なので必然的にペンチャン待ちが多くなってきます。ただし、上の例でいうと、ソーズの9を単騎待ちしている場合はもちろんペンチャン待ちではありません。

■チャンタテンパイ時

萬子がペンチャン待ちになっています。
これでワンズの3がくれば晴れてアガりとなります。

1-2. ペンチャン待ちは変化しにくい?

ペンチャン待ちは他の待ちと比べて圧倒的に変化しにくい待ちです。変化しにくいということはそのまま和了率が低いことに直結してしまいます。変化しにくく、待ちの枚数も少ないペンチャン待ちからするとリャンメン待ちは圧倒的に良形といえます。待ちの枚数が多いからです。よって、リャンメン待ちは待ちの形のキング=王様といえるでしょう。その王様からすると3つほど降格した待ちの形がペンチャン待ちです。キングであるリャンメン待ちを基本に比べてみます。その他、カンチャン待ちやシャボ待ちも悪い待ちではないので、ペンチャン待ちよりも有利といえます。キングのリャンメン待ちからすると、プリンス・プリンセスあたりになるでしょう。

■キング:リャンメン待ち

■プリンス:カンチャン待ち = リャンメン待ちへ1回で変化

■プリンセス:シャンポン待ち = リャンメン待ちへ1回で変化

■平民:ペンチャン待ち = リャンメン待ちへ2回で変化

このような結果になりました。待ちのキングであるリャンメン待ちへの変化のツモ回数です。
もちろん一発で欲しい牌をツモれば問題ないのですが、麻雀はそう甘くはありません。より可能性が高い形が有利となります。

1-3. ペンチャン待ちは不利な待ち

尖張牌(センチャンパイ)

ペンチャンは3や7を待っている状態です。ここで1つ気になることが出てきました。麻雀を少しかじったことのある人であれば気づいた人もいるかもしれません。
それは3と7という数字です。
これは麻雀では尖張牌(センチャンパイ)といってとても重要な働きをする牌なのです。

■3と7は尖張牌(センチャンパイ)

シュンツはコーツよりも強い、すなわち揃いやすい形がシュンツです。そのシュンツをすべて並べてみましょう。

上記がシュンツのすべての組み合わせです。尖張牌を意識して見てください。
1~9でシュンツが作れる数は7組です。この7組あるシュンツのうち尖張牌は6組に絡んできます。
つまり、ほとんどのシュンツに尖張牌は顔をだします。
刻子よりシュンツが強いと説明しましたが、その強いシュンツのほとんどに絡んでくる牌がセンチャン牌なのです。
そのみんなが手の内に取っておきがちな牌を待っているのがカンチャン待ちなのです。
あまり捨てられることがないので、待ちとしては少し不利になりますね。

その他のテンパイ時の待ち

テンパイ時の待ちには、ペンチャン待ち以外にもいくつか種類があります。すでに説明しましたが、どれも大切な待ちの考え方なので一緒に覚えてしまいましょう。

待ち の種類
リャンメン待ち
(両面待ち)
0符リャンメン待ち
[3・4]の[2・5]待ち
シャンポン(シャボ)待ち
(双碰待ち)
0符シャンポン待ち
[2・2][4・4]の[2・4]待ち
シャンポン待ち
[西・西][東・東]の[西・東]待ち
ペンチャン待ち
(辺張待ち)
2符ペンチャン待ち
[1・2]の[3]待ち
カンチャン待ち
(嵌張待ち)
2符カンチャン待ち
[1・3]の[2]待ち
タンキ待ち
(単騎待ち)
2符
単騎待ち
[2]の単騎待ち
単騎待ち
[東]の単騎待ち
ノベタン2符ノベタン
[1・2・3・4]の[1・4]待ち

2. どーする?辺張(ペンチャン)

2-1. ペンチャンの基本

冒頭で紹介しましたが、辺張(以下:ペンチャン)は端や淵の牌という意味です。端の牌とはどのようなことか。まずはペンチャンの基本の基本を解説していきます。

辺張(ペンチャン)[1・2] [8・9]の2種類の塔子(ターツ)。

塔子(ターツ)とは・・・
2枚連続した 数牌(シュウパイ) の組み合わせ。後1枚で 順子(シュンツ) になる状態。

麻雀では1~9の数字の牌と文字の牌を使用します。1~9の数字の牌を数牌(シューパイ)と呼び、その数字の組み合わせによってメンツを構成していきます。
ペンチャンとは、塔子であり、塔子の中にペンチャン塔子というものがあります。その形をペンチャンと呼び、アガる時のテンパイ時の待ちの形でもあります。

■ペンチャン(ペンチャンターツ)

ペンチャン(ターツ)はこの6種類がすべてです。これは覚えるしかありませんが、ターツさえ理解していれば、「端っこのターツ」と覚えましょう。ペンチャンはターツの説明の通り、あと「3か7」がくればシュンツになる状態です。この3と7という牌がとてもキーポイントになってきます。

2-2. 順子(シュンツ)は強い!

麻雀は基本的に4面子(メンツ)+1雀頭(ジャントウ=アタマ)を揃えることによってアガりになります。(例外もあります。)ペンチャンを理解する前にまずは簡単にメンツのおさらいをさらっとしていきましょう。

■4面子(メンツ)+1雀頭(ジャントウ=アタマ)

このようにメンツとアタマを揃えてアガると役がつきます。
そしてこのメンツを構成するものに、順子(シュンツ)・刻子(コーツ)・槓子(カンツ)というものがあります。ここまでは理解できているでしょうか。
ペンチャンはどのようなものなのか。それを知る上でまずは上にある順子(シュンツ)ということを理解しなくては進めません。

麻雀では4つのメンツと1つのアタマを揃えるとアガれることができ、そのメンツの中身とは順子(シュンツ)・刻子(コーツ)・槓子(カンツ)になると書きました。先ほどの例と順子の内容を照らしてみてみましょう。

順子(シュンツ)3枚連続した数牌(シュウパイ) を揃えた面子(メンツ)のこと。

上の例は、「ピンズの1・2・3」と「ワンズの7・8・9」が順子です。残りの「東」や「ソーズの1」は順子ではなく刻子です。

ここまではしっかりと覚えてください。
また、シュンツはコーツに比べてとても強い組み合わせです。強いというのは、つまり揃えやすいということです。麻雀の牌は1種類に対して4枚しか同じ牌がありません。コーツの場合は4枚のうち3枚をそろえる必要がありますが、シュンツは12枚から3枚をそろえれば完成します。

=================
シュンツ > コーツ > カンツ
=================

これは余談ですが、とても重要なことなので初心者は特に覚えておきましょう。アガるスピードが格段にあがります。
ここまででは、ペンチャンの形とセンチャン牌、シュンツは強いということを覚えてください。以上を踏まえた上でさらに次へ進みましょう。

3. ペンチャン待ちとの決別

シュンツに尖張牌が多く絡むことをみてきました。次は1・2とあるペンチャン待ちを捨てる場合、どの牌から捨てていくのが良いのかみていきましょう。ペンチャンを捨てるにあたってもともとの麻雀の思想というか、考え方が大きなポイントとなってきます。

その1 振込み回避!

振り込む可能性を少なくするために1より2を先に捨てる

ペンチャンを落とす場合、振り込む可能性を少なくするために1より2を先に捨てるという考え方です。麻雀は数字の真ん中へ行くにしたがって危険度が上がるという風に考えられています。

シュンツを作る場合1や2はリャンメン待ちの有利な形に出来ないから美味しくありませんね。また、タンヤオを狙っているとすると、1や9は不要な牌になります。
その上で、自分がターチャの立場になって考えてみてください。ホンイツやチャンタを狙っていない場合は1や2はあまりうれしい牌ではありません。いらない牌と言ってもいいですね。
そのため、ターチャがホンイツやチャンタを狙っていない場合は1より2をさっさと捨ててしまえば振り込む可能性が低くなるという考え方です。

その2 現代麻雀はアガり優先(守備はベタオリ)

現在もっとも主流な考え方は、振り込むことを考えるより自分のアガりを優先する考え方です。その1では振込みを回避することが最大のポイントでしたが、アガり優先の現代はそのことはあまり考えません。

基本的に外側の牌から捨てる

その1とまったく反対の考え方ですね。自分が使える牌を積極的に残しておいて、ターチャがリーチをかければベタオリが基本です。1だろうが2だろうが「安全牌ならば捨てる・危険ならば捨てない」が基本なので、ターチャをケアして考えるよりもまずは自分の手作りから考えるということです。

■すぅ~っとタンヤオに移行できる

萬子の1と2のペンチャンでした。この場合は萬子の1から捨てるのが現代麻雀です。これはちょっと極端な例ですが、危険な萬子の2を先に捨てるより萬子の1を先に捨てて、すんなりとタンヤオ狙いへと移行していきます。

2つのペンチャン落としはどちらも間違っている考え方ではありません。どちらを採るかはあなた次第です。また、自分の狙いやターチャの捨牌からどちらを優先するか、その時々での判断が重要になってきます。

役なしペンチャンは思い切って捨ててしまう!

■例:役なしペンチャン

この場合みなさんはどの牌はすてるでしょうか。
これは極端な例ですが、ピンズの1・2のペンチャンを落としていくとタンヤオが見えてきます。しかし、ソーズの3をすれてばテンパイにこぎ着けます。さてどちらが正解でしょうか。

正解は のペンチャンです。

ソーズの3は2か4が来ればキングであるリャンメン待ちへ一発で変化でます。しかし、ピンズの1と2は2回ツモらなければリャンメンへ変化できません。断腸の思いで塔子を捨てていくことが必要となります。いーシャンテンからリャンシャンテンへと少し遠回りになるようにみえますが、アガりの形を考えると遠回りしたともいいきれません。しかしこれは確率の問題なので、この後にすぐにピンズの3をツモって来ることもあります。しかし、どちらが有利かといわれれば間違いなくペンチャンを落としていくのが正解です。

また、確率の問題だけでなく、ペンチャンを残したままあがっても役がありません。リーチしたところで1翻のみとなりあまり面白くもありません。ペンチャンを落とすことによってタンヤオがみえてきます。ツモ回数でいうと1手だけの差ですが、点数的に見ると攻撃力は何倍もアップします。

現代麻雀ではアガり優先ということも特筆しておくべきでしょう。上記の場合でも、リーチのみでアガって次に期待すればいいじゃないか!と思う人もいるでしょう。
それも間違ってはいません。かといって大正解とも言えるでしょうか。
たとえばオーラスで2翻以上でアガらなければいけない場面で同じことが言えるでしょうか。最終的にはその場やその時の点数の状況などで判断が変わってきます。
このどちらも選択できるような状態でいることがもっとも重要といえるのではないでしょうか。
21世紀にふさわしく、ハイブリット麻雀をうとうじゃありませんか!

4. まとめ

ペンチャン待ちはあまりいい形の待ちとはいえません。しかし、変化のことと点数の状況をを念頭に置けば、ペンチャンを落とすべきか、またはそのままペンチャンで構えるかの判断材料となります。
この1手の判断が初心者から中級者~上級者の大きな違うところといえるでしょう。あたかも一歩後退したように思えて実はより前進しているということがあるのです。

初心者の方は、ペンチャン待ちはメンツ1歩手前であっても油断ならない形であると覚えておいてください。そうなのです、ペンチャン待ちは悪魔のささやきなのです。

麻雀豆腐編集部

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



合わせて読みたい関連記事
地獄待ちは字牌で!スジ読みできない優れた待ち方
シャボ待ち(シャンポン待ち)でアガりを目指せ!
麻雀 待ち
麻雀の待ちはアガり直前の構え方!最強の待ち方とは!?
聴牌(テンパイ)と待ちの形
双碰待ち(シャンポン待ち)
両面待ち(リャンメン待ち)
単騎待ち(タンキ待ち)
辺張待ち(ペンチャン待ち)
嵌張待ち(カンチャン待ち)
人気の記事
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
符計算
麻雀の符計算を知り尽くせ!覚えるコツから早見表まで網羅
麻雀無料ゲーム厳選11タイトル!
麻雀の点数表と覚え方
麻雀 点数表とその覚え方!~5つの流れで暗記~
点数計算 計算式と早見表
麻雀 点数計算
麻雀の点数計算が誰でも簡単に出来るまでの全て!
麻雀 入門
麻雀超入門!初めての人が覚える役やルールなど基本知識
麻雀 スジ
麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』
フリテン
フリテンの意味とは?覚えるべき2つの条件と2つの回避方法
麻雀上達編 ~筋読みや牌効率を学ぼう~
注目記事
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
新着記事
WRC(World Riichi Championship) 世界リーチ麻雀選手権2017
世界リーチ麻雀選手権2017(WRC2017) 日本人参加選手写真ギャラリー
【ラスベガス・カジノ情報】カジノでパンダ見られるって?
【ラスベガス・ガストロ情報】Ping Pang Pongピンパンポン中華料理店
「咲-Saki-」実写化プロジェクト第2弾!~阿知賀編 ~ドラマ&映画公開決定!!
賞金総額5万ドル!オーストラリア麻雀トーナメント、その頂点を制覇したのは果たして…
完全密着!オーストラリア麻雀大会に鈴木たろうプロが緊急参戦!
和歌山カジノ構想
フリテン
日本でブームの「健康麻雀」。中国メディアに紹介され、ネットユーザーから様々な声
プレイボーイ創始者、ヒュー・ヘフナー氏とラスベガス
ゴールドコーストのカジノで遊ぶ(2017年最新)!~ザ・スター・ゴールドコースト編~
PR記事
オンラインスロットで遊ぼう!一番お得なサイトはどこ?
動画配信サービスを比較!自分に合うのはどれ?
大阪王将の餃子をご家庭で!ビールのお供に!
LINE グラングリッド
LINE グラングリッド スマホの無料ゲームアプリ
エンドライド -X fragments-(iOS Android))
エンドライド スマホの無料ゲームアプリ
ダービーインパクト(ダビパク)をやってみた。
最新コメント
麻雀豆腐監修プロ雀士
鈴木たろうプロ 鈴木たろう プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第15回 最強位/第8回 野口賞受賞/第9・11・12・13期 雀王 3連覇の快挙/世界麻雀大会2015 2位など
小倉孝プロ 小倉孝 プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第3・4期 雀竜位/第6期 新人王/第7期 雀王 など