麻雀のことなら麻雀豆腐!役やルールの基本からプロのアドバイスまで、麻雀上達の為のレシピが満載!!

  • э]i񂱂j
  • ԃT
  • ui炳jvƁuj[VNuv
  • Q[
  • AvEQ[

麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』

麻雀 スジ

麻雀で頻繁に出現するワード「筋(スジ)」。初心者の方にとって スジ は「とても重要そうだけど、イマイチ理解していない」というのが正直なところだと思います。

麻雀で強くなるためには スジ の話しは避けて通れません。スジ を覚えることで、振り込まない打ち方を身に着け、逆に振り込ませるための戦術を組み立てることも可能です。スジ を理解すれば牌理(ハイリ:手牌を効率よく作る)への最初のステップも踏み出せるでしょう。このように スジ は様々な場面で活躍するので是非この機会に スジ を習得しましょう!

直ぐ確認したい方!
[スジ早見表] をご覧下さい。

本頁で紹介する スジ は以下の7つです!

  • 表スジ(オモテスジ)安全牌読み
  • 中スジ(ナカスジ)安全牌読み
  • 片スジ(カタスジ)安全牌読み
  • 裏スジ(ウラスジ)危険牌読み
  • 間4軒(アイダヨンケン)危険牌読み
  • 跨ぎスジ(マタギスジ)危険牌読み
  • 壁(カベ)=ノーチャンス 安全牌読み

目次

===初心者の方はここまででもOK !===


1. 筋(スジ)とは

スジそのものを考えよう!

  • スジ は スジそのものスジ読み戦術 を分けて考える
  • スジ は両面待ち(リャンメンマチ) のこと
  • スジ は同色の数牌(シュウハイ)で考える
  • スジ は基本の6スジから成り立つ
  • スジ は 両面待ち 対策に活用可能=スジを追う

スジ とは

スジ は、スジそのもの と スジ を活用した スジ読み戦術(スジを追う) の大きく2つのことが考えられます。それでは最初に スジ そのものを説明します。

スジ そのもの

スジ とは、後1枚揃えば順子(シュンツ)が完成する場合の両側の待ち牌のことを言います。つまり スジ は、両面待ち(リャンメンマチ) のことです。

順子は、3枚1組の面子(メンツ) の最も多い形であり、 索子2索子3索子4索子5索子6索子7 など連続した数牌(シュウパイ)で揃える面子のことです。

例えば、手牌に索子 索子2索子3 と持っている場合、順子を完成させるために待っている 索子1索子4 のことがスジです。また、スジ は同色の数牌においてのこととして考えて下さい。筒子(ピンズ)なら筒子、萬子(マンズ)なら萬子、索子(ソーズ)なら索子です。

両側の待ち牌である萬子の 1-4 が スジ(イー・スーのスジ)

リャンメンマチ

両側の待ち牌である索子の 2-5 が スジ(リャン・ウーのスジ)

リャンメンマチ

スジ は順子の両面のみ

順子 を作る際に、順子 になる1つ手前の状態で、その待ち牌が両側にある 両面待ち の牌が スジ になります。スジ は、数牌の順子 両面待ち の場合のみに出現するものです。刻子(コーツ=同じ種類の牌3枚の面子)や槓子(カンツ=同じ種類の牌4枚の面子)に スジ はありません。また、索子索子索子索子 のようなペンチャンの状態や、索子索子索子索子 のようなカンチャンの状態も スジ はありません。

基本の 6スジ

順子 になる1つ手前の2枚組を 搭子(ターツ)と言いますが、両面待ち となっている 塔子 のことを 両面塔子(リャンメンターツ)といいます。

この 両面塔子(リャンメンターツ) を作るには、1 と 9 が含まれてはなりません(リャンメン待ち にならなくなってしまうため)。従って、数牌の[ 2 ]~[ 8 ]で両面塔子を作ると、スジ は全部で 1-4(イー・スー)2-5(リャン・ウー)3-6(サブ・ロー)4-7(スー・チー)5-8(ウー・パー)6-9(ロー・キュー)6種類あります。

基本の 6スジ(同色の牌で考えて下さい。)
スジリャンメン待ち となる 両面搭子スジ
索子索子索子
スジ は 1-4(イー・スー) 
索子
索子索子索子
スジ は 2-5(リャン・ウー)
索子
索子索子索子
スジ は 3-6(サブ・ロー) 
索子
索子索子索子
スジ は 4-7(スー・チー) 
索子
索子索子索子
スジ は 5-8(ウー・パー) 
索子
索子索子索子
スジ は 6-9(ロー・キュー)
索子

これが、基本となる 6スジ です。

繋げて3スジ

6スジの並びを変更すると以下のようになります。上記の6スジの表と同じ内容ですが、並び替え後、真ん中に位置する 4 5 6 の スジ は、2つのスジに絡んでいますね。その重なる真ん中の スジ を中心にして、[ 1-4 ]イー・スー と [ 4-7 ]スー・チー と分けずに、[ 1-4-7 ]イー・スー・チー と一気に繋げてしまいます。

  • 1 23 4 56 71-4-7(イー・スー・チー)
  • 2 34 5 67 82-5-8(リャン・ウー・パー)
  • 3 45 6 78 93-6-9(サブ・ロー・キュー)

表に纏めると以下のようになります。

スジリャンメン待ち となる 両面搭子スジリャンメン待ち となる 両面搭子スジ
索子
索子索子
スジ は 1-4(イー・スー)
索子
索子索子
スジ は 4-7(スー・チー)
索子
索子
索子索子
スジ は 2-5(リャン・ウー)
索子
索子索子
スジ は 5-8(ウー・パー)
索子
索子
索子索子
スジ は 3-6(サブ・ロー)
索子
索子索子
スジ は 6-9(ロー・キュー)
索子

一般的に スジ はこのように覚えます。これが、1 から 9 までの数牌(シュウパイ)で作れるすべての スジ です。

基本の6スジと統合して3スジ、これはしっかり覚えて下さい。単に スジ という場合はこれらのことを指しています。

スジ読み戦術

スジ そのものを説明をしてきましたが、この スジ を活用して他家に対する安全牌や危険牌を推測する方法があります。このような方法を「スジを追う」とも言い、安全牌や危険牌を推測することでロンを回避する防御方法のことです。本ページではスジ読み戦術として紹介します。どのように スジ を活用して推測するのかは、以降で説明する各スジの解説箇所で「防御方法の原理」として紹介します。

スジ を覚えるメリット

スジ を覚えるメリットの第一は、上述した、振り込まないための打ち方を習得することにあります。初心者の方は、強い相手に振り込んでしまう(ロン されること=放銃とも言う)ことが多々あるでしょう。

麻雀で勝つためには、アガる ことも大切なことですが、振り込まないことも非常に大切です。なぜなら、麻雀が4人ゲームであるからです。自分が アガれる 可能性は4回中1回なのに対して、他のプレイヤーがアガるのは4回中3回になります。数少ない アガれる チャンスを掴んだら、それが無に帰すことがないように振り込みを極力避けることで勝利を獲得することが出来ます。振り込みの回避は初心者の方にとって最優先事項の1つです。

冒頭でも少し触れましたが、スジ は防御だけでなく攻撃にも活用することが可能です。スジ を読んで安全牌を打牌する相手に対してスジ読みを逆手に取り、スジの牌をアタり牌として仕込むことで狙い撃ちすることが可能です。これをスジ引っ掛けといいます。

スジ は麻雀において1つの道理と言えます。スジ と それから成る スジ読み戦術 を考えることは、麻雀のメカニズムを考えることになります。これらを知れば、麻雀への理解が深まりさらに雀力をUPさせることが出来るでしょう。初心者の方は中級者への第一歩となります!


2. なぜ スジ が大切なのか

順子の大切さとリャンメン待ちの優秀さを考えるとスジの大切さが分かる!

  • 刻子 より 順子 の揃う可能性が高い
  • リャンメン待ち は、タンキ、ペンチャン、カンチャン、シャンポン、より和了する可能性が高い
  • スジ は 順子 リャンメン待ち が前提=麻雀で一番多い面子の待ち牌となる

順子(シュンツ) の揃う高い可能性

麻雀は、基本14枚の牌で アガり の形を整えるゲームです。その際、3枚1組や4枚1組で揃える規則があります。この組み合わせを 面子(メンツ) と言います。この 面子 には、順子(シュンツ)、刻子(コーツ)、槓子(カンツ)という種類があります。

順子 とは、3枚連続した数牌(シュウパイ) を揃えた 面子 のことです。
順子(シュンツ) 順子(シュンツ)
刻子 とは、3枚同じ種類の牌を揃えた 面子 のことです。
刻子 刻子(コーツ)
槓子 とは、4枚同じ種類の牌を揃えた面子 のことです。
kong-3s

この 面子の中で 順子 が成り立つ可能性は 刻子 や 槓子 より圧倒的に高くなります。麻雀牌は同じ種類の牌が4枚あるので、例えば、[ 1 2 3 ]の 順子 を作るのに 1 2 3 はそれぞれ4枚あり、4×3で12枚の中から揃えることが出来ます。一方 刻子 の場合は、[ 3 3 3 ]や[ 東 東 東 ]など、3枚すべて同じ種類で揃える必要があるので、4枚の可能性しかありません。4枚中の3枚を揃えなければならないので、順子 に対して揃えるのが圧倒的に難しくなります。槓子 は4枚すべての牌を揃えなければならないので 刻子 よりさらに難しいです。

つまり、順子 は 刻子 や 槓子 よりも揃う可能性が断然高くなります。

リャンメン待ち は待ち牌の数が多い

では次に、面子を完成させる場合の最後の1枚の可能性を考えてみましょう。

例えば、 萬子萬子の リャンメン待ち は待ち牌が幾つあるでしょうか。この場合、萬子 が4枚と 萬子 が4枚の合計8枚です。
ji1spin8s などの単騎待ち(タンキマチ)の場合は、自分で4枚中1枚使用するので残り3枚となります。
萬子萬子 などのカンチャン待ちの場合は、待ち牌が 萬子 で4枚です。
萬子萬子 などのペンチャン待ちの場合は、待ち牌が 萬子で4枚です。
ji1sji1s萬子萬子 などのシャンポン待ちは自分で4枚中2枚使用するので残り ji1s 2枚と 萬子 2枚で合計4枚。

  • リャンメン待ちの待ち牌は 2種類で合計8枚
  • カンチャン待ちの待ち牌は 1種類で合計4枚
  • ペンチャン待ちの待ち牌は 1種類で合計4枚
  • シャンポン待ちの待ち牌は 2種類で合計4枚
  • 単騎待ちの待ち牌は 1種類で合計3枚

このように待ちの形も リャンメン待ち が他の待ちの形より断然有利です。

成立する可能性の高い 順子 の リャンメン待ち を手牌の中に組み込むことで アガる 確率も高くなります。麻雀の中で基本中の基本で出現率も非常に高い 役 は 断ヤオ九(タンヤオ) と 平和(ピンフ)です。タンヤオ は 1 と 9 を使用することが出来ないので、スジ にも当てはまる条件です。ピンフ の場合は 順子 リャンメン待ち が条件なので、 スジ の条件と合致します。

つまり、スジ の理論は麻雀で勝つための打ち方と方向性が合致するのです。従って、スジ を考えて打つことは、アガる 可能性の高い手牌に対して考慮することと同義になります。このため、スジ を使用した防御方法が考案され、実用性も備えたものになるのです。

それらがこれから説明する スジ読み 戦術になります。


3. 必ず覚える2つ+1のスジ読み戦術 [安全牌読み]

表スジ・中スジは安全牌発見に役立つ大切なスジ、片スジは補助役と考えよう。
同色牌/スジ/フリテンから安全牌を読む!

  • 表スジ と 中スジ で安全牌を発見
  • 同色牌/スジ/フリテン で安全牌を推測する

最初に スジ そのものの説明をしました。では、今度は スジ を利用して他家の安全牌や危険牌を推測する スジ読み戦術 の説明に移ります。これを スジを追う と言います。

スジ読み戦術の基本に、表スジ中スジ があります。これらは、他家の捨牌から安全な牌を推測するスジ読み戦術で活用されます。

表スジ と 中スジ を活用したスジ読み戦術は、他家が、 順子リャンメン待ち である場合に、フリテンルール が組み合わせることで成り立つ、同色牌の安全牌を推測してロンを回避する防御戦法となります。

フリテンとは

フリテン とは ロン で アガる ことが出来ない テンパイ のことです。
フリテン には3種類あり、

  • 1つ目、自分の捨て牌の中に ロン で アガる ための牌がある場合
  • 2つ目、立直(リーチ) 後に 他家 の 捨て牌 を ロン せずに見逃してしまった場合
  • 3つ目、同巡内(ドウジュンナイ)に アガり牌 が捨てられた場合

これらの場合は フリテン 状態で、ロン で アガる ことが出来ません。ここで大切なことは、フリテン となった場合、待ちに絡む牌すべてで ロン が出来ないということです。
フリテンの詳しい説明は 「麻雀のフリテンとは?フリテンになる2つの条件と2つの回避方法」 をご参照下さい。


3-1. 表スジ(オモテスジ)

  • 表スジ(オモテスジ)安全牌読み
  • 表スジ は安全な牌を読む防御戦術に利用できる
  • 表スジ/リャンメン待ち/同色数牌/フリテン で安全牌を考える

表スジ とは

表スジ とは、数牌の 456 それぞれに対しての外側の スジ のことです。全部で3種類あります。スジ は上述した基本6種のスジを元に考えます。

表スジ3種
数牌表スジ
索子 に対して 表スジ は 索子索子
索子 に対して 表スジ は 索子索子
索子 に対して 表スジ は 索子索子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

表スジ を活用した防御方法の原理

他家の捨て牌に数牌の 4 5 6 がある場合、この 表スジ が同色数牌リャンメン待ちに対しての安全牌と推測することが出来ます。

例えば、索子 索子 が他家の捨牌にあるとします。スジ読み戦術 は 同色牌 リャンメン待ち が前提になるので、 索子 が絡む スジ を考えます。ここで、最初に説明した スジ そのものを思い出して下さい。基本スジ6種です。 索子 に絡む スジ は 索子索子索子索子ですね。つまり 索子索子索子 [ 1・4・7 ](イー・スー・チー)になります。従って、索子 の 表スジは 索子索子 になります。

そして、他家の捨牌に索子[ 4 ]が出ている場合は、そのスジ系の牌である索子[ 1-7 ]が比較的安全な牌と考えられます。

なぜ[ 1-7 ] が安全なのかと言うと、索子 が捨牌にある状態で アガり牌 が 索子 であるとします。その場合、手牌にある牌は索子 索子索子 の 両面塔子(リャンメンターツ) になります。つまり、 索子索子 の リャンメン待ち になります。

もし 索子 で ロン を宣言した場合は、捨牌に 索子 がある以上、フリテン となります。同様に、捨牌に 索子 があるので、 索子 で ロン をすることも フリテン になるので出来ません。つまり、索子の[ 1 ][ 7 ]は安全牌と推測されます。

同じように考えられる 表スジ を利用したスジ読み戦術 が以下の表にある3種です。

表スジ3種で安全牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨て牌捨て牌に絡むスジ表スジ=安全牌
捨牌 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
4 の 表スジは 索子索子
安全牌と推測可能
捨牌 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
5 の 表スジは 索子索子
安全牌と推測可能
捨牌 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
6 の 表スジは 索子索子
安全牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える


3-2. 中スジ(ナカスジ)

  • 中スジ(ナカスジ)安全牌読み
  • 中スジ は安全な牌を読む防御戦術で利用できる
  • 中スジ/リャンメン待ち/同色数牌/フリテン で安全牌を考える

では次 中スジ を利用した防御戦術について考えてみましょう。これも安全な牌を推測するスジ読み戦術です。

中スジ とは

中スジ とは、数牌の 1・7 或は、 2・8 或は、 3・9内側の スジ のことです。全部で3種類あります。

中スジ3種
数牌中スジ
索子索子 に対して 中スジ は 索子
索子索子 に対して 中スジ は 索子
索子索子 に対して 中スジ は 索子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

中スジ を活用した防御方法の原理

他家の捨て牌に数牌の 1・7 或いは、2・8 或いは、3・9 がある場合、この 中スジ が同色数牌リャンメン待ちに対しての安全牌と推測することが出来ます。

これは、例えば、他家の捨牌に索子の 索子索子 があるとします。ここで、 索子索子 が絡む スジ を考えます。[ 2 ]と[ 8 ] に絡む スジ は 索子 索子索子索子索子 ですね。つまり索子 索子索子索子 [ 2・5・8 ](リャン・ウー・パー)になります。

従って、他家の捨牌に 索子索子 が出ている場合は、そのスジ系の牌である索子 索子 が比較的安全な牌と考えられます。
この 中スジ による安全牌の推測も 表スジ と同じです。捨て牌に[ 2 ]と[ 8 ]がある以上、[ 5 ]でロンすることはできません。フリテンルールを当てはめることで、あるプレイヤーのリャンメン待ちに対してそのプレイヤーの捨て牌から同色牌のスジを安全牌と考えます。

同じように考えられる 中スジ を利用したスジ読み戦術 が以下の表にある3種です。

中スジで安全牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌捨て牌に絡むスジ中スジ=安全牌
捨牌 索子 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
1・7 の 中スジは 索子
安全牌と推測可能
捨牌 索子 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
2・8 の 中スジは 索子
安全牌と推測可能
捨牌 索子 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
3・9 の 中スジは 索子
安全牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

この 表スジ と 中スジ を活用することで、他家の捨て牌から 安全牌 を推測することが出来ます。麻雀初心者の方はまずこの 表スジ と 中スジ を覚えておくようにしましょう。


3-3. 最後に考える 片スジ(カタスジ)

  • 片スジ(カタスジ)安全牌読み
  • 片スジ は片方のスジのみにしか対応していないので参考程度にする
  • 片スジ/リャンメン待ち/同色数牌/フリテン で安全牌を考える

さらに 表スジ 、中スジ に加えて 片スジ(カタスジ) というものが6種類あります。この 片スジ は、表スジ や 中スジ に比べて安全牌を推測する スジ としては弱いので、表スジ や 中スジ を考えて上で、片スジ も参考にする程度にしておきましょう。

片スジ とは

片スジ とは、数牌の 1 に対しての 42 に対しての 53 に対しての 67 に対しての 48 に対しての 59 に対しての 6、であり、外側片方の スジ に対して内側の スジ を言います。

片スジ6種
数牌片スジ
索子 に対して 片スジは 索子
索子 に対して 片スジは 索子
索子 に対して 片スジは 索子
索子 に対して 片スジは 索子
索子 に対して 片スジは 索子
索子 に対して 片スジは 索子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

片スジ で見る安全牌

片スジは、 中スジ や 表スジ に比べて安全牌を推測するスジとしては弱いスジです。

例えば、他家の捨牌に so1s がある場合 so4s は両面塔子が so2sso3s での待ちはないが、両面塔子が so5sso6s での so4sso7s 待ちがあり得ます。これが 片スジ と言われる所以です。その他の 片スジ においても、一方の両面塔子の待ちの可能性が残っています。ですので、現物 もなく 表スジ や 中スジ もない場合に、片スジ も考慮して安全牌を考えてみましょう。

この 片スジ も 同色牌/スジ/フリテンルール で安全牌を考えるということでは、表スジ や 中スジ と同じです。

片スジ6種で安全牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌捨て牌に絡むスジ片スジ=参考程度
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子 ※4-7待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子 ※5-8待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子
※6-9待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子
※1-4待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子
※2-5待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子
※3-6待ちはありえる

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える


4. 危険牌を読むスジ読み戦術3つ [危険牌読み]

裏スジ・間4軒・跨ぎスジは危険牌発見に役立つスジ。

  • 危険牌を読むスジ読み戦術
    ・裏スジ(ウラスジ)
    ・間4軒(アイダヨンケン)
    ・跨ぎスジ(マタギスジ)

表スジ 、 中スジ 、 片スジ は安全牌を推測する スジ読み戦術 で活用するスジ です。それでは次に、危険牌を読むスジ読み戦術をご紹介します。裏スジ(ウラスジ)間4軒(アイダヨンケン)跨ぎスジ(マタギスジ)を利用して他家の捨て牌から危険牌を予測します。

危険牌 ということは、他家に対して出してはならない牌ということですね。


4-1. 裏スジ(ウラスジ)

危険牌の推測に使用する裏スジは、ある捨て牌の隣の牌から成るスジのこと

  • 裏スジ(ウラスジ)危険牌読み
  • 裏スジ とは、ある捨牌の隣の牌から成る スジ のことで危険牌とされる
  • 裏スジ/リャンメン待ち/同色牌 で危険牌を考える

裏スジとは

裏スジ は、危険牌を読むための防御の戦術で活用するスジです。裏スジ とは、ある捨牌の隣の牌から成る スジ のことです。同色の牌で考えて下さい。

裏スジ9種
捨て牌裏スジ
索子 に対して 裏スジは 索子索子
索子 に対して 裏スジは 索子索子
索子 に対して 裏スジは 索子索子
索子 に対して 裏スジは 索子索子
索子 に対して 裏スジは 索子索子
裏スジは 索子索子
索子 に対して 裏スジは 索子索子
索子 に対して 裏スジは 索子索子
索子 に対して 裏スジは 索子索子
索子 に対して 裏スジは 索子索子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

隣の牌から成る スジ というのは、最初に説明した基本6スジに当てはめてみて下さい。[ 1・4 ][ 2・5 ][ 3・6 ][ 4・7 ][ 5・8 ][ 6・9 ]の6スジです。

例えば、他家の捨牌に索子の 索子 があったとします。その隣の牌である 索子 から成る スジ 索子索子 が 裏スジ になります。

或いは、索子 索子 が捨て牌にあった場合、 裏スジ は、 索子索子 となります。

では、なぜ、この 裏スジ が危険な牌となるのでしょうか。

裏スジ のメカニズム

不用な牌が切り出されることで 裏スジ が危険牌となる」これが 裏スジ のメカニズムの1つです。

例えば、配牌時に、自分の手牌に索子の 索子索子索子 があるとします。序盤から中盤にかけて手牌の他の部分の面子が揃ってくると(=伸びる)、不用な牌である 索子 が押し出されることになります。

この 索子 が切り出されると、 索子索子 の 両面塔子(リャンメンターツ)が出来上がり、待ち牌は索子 索子索子 のリャンメン待ちになります。

手牌の両面塔子 索子索子 の リャンメン待ち となる 索子索子 は切り出された 索子 の隣の牌である 索子 からなる スジ になります。
これを 裏スジ として危険な牌と予測するのです。

一般的に序盤から中盤にかけて切り出されて整理された牌の 裏スジ は危険な牌と考えられます

カンチャン から リャンメン への切り替わりで 裏スジ が出来る

もう一つ裏スジが危険牌となるメカニズムがあります。これは、「嵌張待ち(カンチャンマチ)から リャンメン待ち への切り替わり」で発生します。

例えば、筒子筒子 の嵌張待ち(カンチャンマチ)の状態が手牌にあるとします。巡目が進み 筒子 を ツモ します。そうすると手牌は、筒子筒子筒子 となります。

ここで、カンチャン待ち からより待ちの多い リャンメン待ち にするため、 筒子 を切り出し、両面塔子 筒子筒子 にして 筒子筒子 のリャンメン待ち にします。このリャンメン待ちの 筒子筒子 は 切り出された 筒子 の隣の牌である 筒子 から成る スジ となります。つまり 裏スジ です。

このように、カンチャン待ち から リャンメン待ち に切り替わる際に、押し出された牌の隣の牌から成る スジ=裏スジ は、リャンメン待ち そのものとなるので、危険牌と考えることが出来ます。

序盤や中盤にかけての牌の整理や カンチャン待ち から リャンメン待ち への切り替わり、これらによって切り出された牌の隣の牌から成るスジは危険と考える、これが 裏スジ のメカニズムです。この考えを元に 裏スジ は全部で9種あります。

裏スジ9種

裏スジ9種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌残る両面搭子裏スジ=危険牌
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える


4-2. 間4軒(アイダヨンケン)

裏スジの複合が間4軒

  • 間4軒(アイダヨンケン)危険牌読み
  • 間4軒とは 裏スジ を共有した 裏スジ の複合でとても危険とされている スジ
  • 間4軒/リャンメン待ち/同色牌 で危険牌を考える

間4軒 とは

間4軒 とは、 裏スジ を共有している 裏スジの複合形のスジであり、とても危険度が高いとされているスジです。ただの 裏スジ ではなく、裏スジ が2つ重なってさらに危険となっている状態です。この スジ を 間4軒(アイダヨンケン)と言います。

間4軒 4種
捨て牌間4軒
捨て牌 索子索子 に対して 間4軒は 索子索子
捨て牌 索子索子 に対して 間4軒は 索子索子
捨て牌 索子索子 に対して 間4軒は 索子索子
捨て牌 索子索子 に対して 間4軒は 索子索子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

例えば、他家(ターチャ) の 捨牌 に、 索子索子 があるとします。 索子 の 裏筋 は 索子索子 であり、索子 の裏筋も 索子索子 であるので、[ 2・5 ]筋は 間4軒 となります。

因みに、捨牌である、[ 1・6 ]には、間に4軒ある[ 1 2345 6 ]ので、 間4軒 という言い方をします。他に 間4軒 は3つありますが、何れも同じように間に4軒ある並びになります。

捨牌から見る 間4軒 の具体例

具体的な例で説明してみます。

他家の捨て牌が以下のような場合を考えます。
捨て牌
注目するのは捨て牌にある索子の[ 2 ]と[ 7 ]です。この[ 2 ]と[ 7 ]が切り出された理由を推測してみましょう。
このプレイヤーの手牌に、索子索子索子索子 があったと予測します。手が進むに連れ、他の部分が伸びてきます(=面子が揃う)。そうした場合、索子索子 が不用となり、切り出されることがあります。[ 2・7 ]が切り出されれば、両面塔子 索子索子 のリャンメン待ち 索子索子 になります。

この 索子索子 は、切り出された 索子 の 裏スジ でもあり、 索子 の 裏スジ でもあります。裏スジ が2つ重なっている状態ですので、間4軒として危険なスジとなります。

しかしながら、索子索子 が切り出されて、間4軒 のスジを持つ 捨牌 が河(ホー)にあったとしても、索子索子 をツモして、既に 索子索子索子 或いは、 索子索子索子 の面子が完成していれば、 索子索子 の間4軒は通ることになります。
一般的に 間4軒 のスジは、序盤や中盤に切り出された数牌で出来ていた場合に考慮する危険牌のスジと言われています。

間4軒 4種

間4軒4種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌残る形間4軒=危険牌
捨牌 索子索子 残る両面塔子
索子索子
間4軒となるスジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子索子 残る両面塔子
索子索子
間4軒となるスジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子索子 残る両面塔子
索子索子
間4軒となるスジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子索子 残る両面塔子
索子索子
間4軒となるスジは 索子索子
危険牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える


4-3. 跨ぎスジ(マタギスジ)

跨ぎスジはその他の通り捨て牌を跨いているスジのこと

  • 跨ぎスジ(マタギスジ)危険牌読み
  • 跨ぎスジ(マタギスジ)は 捨牌 を跨ぐ スジ のこと
  • 跨ぎスジ/リャンメン待ち/同色牌 で危険牌を考える

跨ぎスジ(またぎスジ)とは

跨ぎスジ(またぎスジ)とは、ある 捨牌 を跨ぐ スジ のことを言います。例えば、索子 を跨いだ スジ である 索子索子索子索子索子 の 跨ぎスジ です。

跨ぎスジ

跨ぎスジ は他家の捨て牌から危険牌を推測する場合に利用する スジ です。危険牌の推測という意味では 裏スジ や 間4軒 と同じです。

跨ぎスジ7種

跨ぎスジは合計7種類あります。[ 1 ]と[ 9 ]の 跨ぎスジ はありません。また、[ 3 ]~[ 7 ]の 跨ぎスジ は左右2牌が 跨ぎスジ となっています。

スジ
捨て牌
スジ
[ 1 ]
[ 2 ]
[ 4 ]
[ 12 ]
[ 3 ]
[ 45 ]
[ 23 ]
[ 4 ]
[ 56 ]
[ 34 ]
[ 5 ]
[ 67 ]
[ 45 ]
[ 6 ]
[ 78 ]
[ 56 ]
[ 7 ]
[ 89 ]
[ 6 ]
[ 8 ]
[ 9 ]

つまり、[ 3 ]~[ 7 ]ではある捨て牌を跨いでいるスジという見方と左右2牌が 跨ぎスジ という見方も可能です。

跨ぎスジ7種
捨て牌跨ぎスジ
捨て牌 索子 に対して 跨ぎスジは 索子索子
捨て牌 索子 に対して 跨ぎスジは 索子索子索子索子
捨て牌 索子 に対して 跨ぎスジは 索子索子索子索子
捨て牌 索子 に対して 跨ぎスジは 索子索子索子索子
捨て牌 索子 に対して 跨ぎスジは 索子索子索子索子
捨て牌 索子 に対して 跨ぎスジは 索子索子索子索子
捨て牌 索子 に対して 跨ぎスジは 索子索子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

この スジ は、ゲームの中盤や終盤、特に立直宣言時など、局の後半で危険な スジ と考えられる傾向があります。必ずしも 跨ぎスジ が危険であるとは限らないので、裏スジ や 間4軒 の スジ を危険牌として優先し、局の後半で 跨ぎスジ も考慮するしてみると良いでしょう。

跨ぎスジの具体例

具体例で考えてみましょう。

手牌に 索子索子索子 が揃っているとします。この[ 5 5 6 ]は 索子索子 の リャンメン待ち でもあるし、 索子索子 をアタマにすることもできます。ですので、通常なるべくそのままの形でとっておくと考えるでしょう。

ゲームの進行と共に、他の面子が揃い始めると、索子索子索子索子 を切り出し両面塔子 索子索子 での 索子索子 のリャンメン待ち とする状況が多くあります。このようになると、切り出された 索子 の跨ぎスジである 索子索子 が危険牌となります。

跨ぎスジ

跨ぎスジ7種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌残る形跨ぎスジ=危険牌
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子
跨ぎスジは 索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子
跨ぎスジは 索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える


5. 壁(カベ)=ノーチャンス [安全牌読み]

壁(カベ)が出来たら安全牌が見える!

  • 壁(カベ)=ノーチャンス 安全牌読み
  • 壁(カベ)は リャンメン待ち に対する防御方法
  • 同色の数牌(シューハイ)が4枚見えている=壁
  • 壁は 他家全員 に対して有効

壁(カベ)とは

は、自分の手牌、河(ホー)、ドラ表示牌、カン や ポン などの鳴きによる開かれた牌など、なんらかの形で同じ種類の数牌が4枚すべて見えている場合に使用するリャンメン待ち用の防御方法です。

4枚同じ種類の牌の場所が把握出来て 壁 が出現した場合、その牌が絡んだ塔子を作ることが出来なくなり、その待ちの可能性がなくなるので、通称ノーチャンスとも言います。

また、壁 は、他家全員に対してのリャンメン待ちに有効な守備です。なぜなら、ノーチャンスと言われるように、同色4枚の数牌の内1枚も利用できなければ、どのプレイヤーもその牌絡みの塔子を作ることが出来なくなるからです。

壁スジ 7種
壁スジ
索子 が4枚見えている場合索子
索子 が4枚見えている場合索子索子
索子 が4枚見えている場合索子索子
索子 が4枚見えている場合索子索子
索子 が4枚見えている場合索子索子
索子 が4枚見えている場合索子索子
索子 が4枚見えている場合索子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

壁の仕組み

例えば、場のプレイヤーの誰かが、索子の4 をポン 明刻(ミンコ) しているとします。そして、自分の手牌にも 索子 が1枚あるとします。こうなると、索子 は牌山にも他家の手牌にもなくなります。

すると、索子の両面塔子 索子索子索子索子 での 索子索子索子索子 のリャンメン待ち の可能性はなくなります。ここで 壁 の防御方法を利用できるようになります。

重複して説明します。索子の4 索子 が1枚も利用できないということは、索子索子索子索子 での待ちはなくなります。
従って、 索子索子 のリャンメン待ちや 索子索子 のリャンメン待ちの可能性がなくなります。

注意する必要があるのは、両面塔子 索子索子 での リャンメン待ち 索子索子 待ちや、両面塔子 索子索子 での リャンメン待ち 索子索子 待ちはありえるので、 索子索子 の待ちの可能性は残っています。

つまり、 索子 で壁が出来た場合は、リャンメン待ちにおいて、索子索子 での待ちがなくなります。

これが壁スジのメカニズムです。リャンメン待ち対策の安全牌読みとしては有効な守備方法です。

壁7種

上述した壁理論で考えられる安全牌 壁スジ7種です。

壁スジ 7種
スジ
索子4枚見えている場合索子は安全
索子4枚見えている場合索子索子は安全
索子4枚見えている場合索子索子は安全
索子4枚見えている場合索子索子は安全
索子4枚見えている場合索子索子は安全
索子4枚見えている場合索子索子は安全
索子4枚見えている場合索子は安全


6. その他スジ

暗刻スジ・ドラスジ


6-1. 暗刻スジ [危険牌読み]

暗刻スジ とは、自分の手牌にある暗刻のスジのことです。
例えば、筒子の2を暗刻で持っているとします。
手牌

この場合、 筒子 のスジ、つまり、 筒子筒子 が 暗刻スジ になります。

この 暗刻スジ は危険牌とされます。なぜ危険なのかというと、自分が 筒子 を抑えていることで、他家が 筒子 を引けず、終盤まで、 筒子筒子 の両面塔子を持っており、 筒子筒子 のリャンメン待ちをしている場合があるからです。


6-2. ドラスジ [危険牌読み]

ドラスジ とは、ドラが絡むスジのことで、危険牌とされています。これは様々な場合が考えられますが、基本的には、どのプレイヤーもドラ牌をなるべく手牌に多く残すであろうという考えから ドラスジ を危険な牌とします。

例えば、ドラが man4s の場合のスジは、 man4sman4sman4sman4s ですね。つまり、[ 1-4-7 ]イー・スー・チー です。

ドラ絡みのノベタン待ちの場合は、[ 1234 ] での [ 1-4 ] のノベタン待ち、[ 4567 ] での [ 4-7 ] のノベタン待ちなどが考えられます。
ドラをアタマにした場合などは、[ 4456 ] での [ 4-7 ] のリャンメン待ち や [ 2344 ] での [ 1-4 ] のリャンメン待ちなどが考えられます。
ドラ牌を積極的に残す場合に考えられる待ちの形です。


7. ロンを回避する実践防御方法

勝負をオリるための具体的な打ち方を身に着けよう!

  • 振り込み回避は麻雀でとても重要
  • オリる 際は徹底的に オリる=ベタオリ
  • 防御方法(オリる方法):
     ・合わせ打ち
     ・現物(ゲンブツ)
     ・完全安全牌
     ・壁・スジを追う
     ・合わせスジ打ち

本頁冒頭で、麻雀は4人ゲームであることから自分が アガる より 振り込み(放銃) の可能性が高いゲームであることを説明しました。自分が アガる 可能性は4回に1回に対して、他のプレイヤーに 振り込む 可能性は4回に3回あります。したがって、振り込みを回避する打ち方がとても大切になります。

麻雀では 振り込み を回避するための打ち方を「オリる オリ ベタオリ」などと言います。この勝負を降りるいわゆる「オリ」を行う際は、徹底的に降りるのが良いとされています。これを ベタオリ と言います。中途半端に手牌を揃えながら オリ を行うと、結局 振り込む ことになってしまい、 オリ が失敗する可能性が高くなるからです。上級者は様々なことを画策しながらオリを実行しますが、初心者の場合、勝負とオリをはっきり分けて打ち進めることをお勧めします。

ベタオリ

ベタオリ は、テンパイリーチ をしているプレイヤーに対して、完全に勝負を諦めて、ゲンブツ や 安全牌(アンゼンハイ)を捨てて守備に徹する防御方法です。その際、自分の手を崩すしてしまうことは全く考慮しません。それは、テンパイ であったとしても崩すことを厭い(いと)ません。

例えば、
手牌
このような テンパイ であったとしても、萬子の8が安全牌であったならば、手を崩して8萬を切り出します。

ベタオリ では、自分が アガる ことを完全に放棄し、合わせ打ち、ゲンブツ、完全安全牌、壁(カベ)、スジ読み、合わせスジ打ち、など、あらゆる防御方法を使って安全牌、完全安全牌、安全性の高い牌を捨てることでロン を回避します。

麻雀では勝負を降りるのであれば、しっかり ベタオリ するのが良いとされています。勝負に降りることを決めながら、自分の手を進めるなどして、中途半端な打ち方を進めていると振り込むことが多々あります。初心者の方は特に注意して下さい。降りると決めたなら ベタオリ です!

自分がアガれる 可能性が低い場合、他家の手がかなり高得点であると予想される場合など、勝負する価値があるかどうか見極め、オリる 判断をしましょう。一度 オリる と判断した場合は、しっかりオリる=ベタオリ を行い、最後まで徹底して下さい。

それでは、オリる際の具体的な方法について紹介致します。

ベタオリについて詳しくは『麻雀のベタオリ 初心者に多い勘違い、正しい手順で逃げ切れ!』をお読み下さい。


7-1. 合わせ打ち

最初は合わせ打ちです。

  • 合わせ打ち とは上家と同じ牌を切ること
  • 合わせ打ち では 他のプレイヤーから ロン されることはない

合わせ打ちとは

合わせ打ちとは同巡内で上家(カミチャ=自分の1つ前のプレイヤー)が切った牌をそのまま捨てることです。同巡内とは、自分がツモするか、鳴くかしてから再度自分がツモや鳴く行為をする間のことを言います(自分の取牌から次の自分の取牌までの間)。つまり、自分がツモする直前の上家が打牌した牌と同じ牌を捨てることです。同巡内においては、すべてのプレイヤーがロンすることが出来ません。合わせ打ちは同巡内が条件であり、次の巡へと進んだ場合現物ではなくなります。つまり今だけ安全であり、今切るべき牌なのです。

合わせ打ちの例

自分が東家の場合の例です。上家(カミチャ)の北家が索子の4を自分の直前に捨てました。次に自分がツモした牌が索子の4です。この索子の4は次の自分のツモ巡が来るまで他のプレイヤー全員に対してロンされない現物となります。

重要なのは、自分の1つ前のプレイヤー(上家)に合わせて同じ牌を切るということです。例えば、対面(トイメン) と同じ牌を切り出した場合、上家に対しては ロン される危険があります。これは上家がツモして手替わりが発生する可能性があるからです。これを「山越し」と言い、ロン されてしいまった場合は「山越しロン」と言います。上家がツモ切りの場合は、安全牌として打牌することが出来ます。


7-2. 現物(ゲンブツ)

  • 現物(ゲンブツ) =他家の捨て牌と全く同種の牌
  • 現物(ゲンブツ) =100%ロンされない
  • 現物(ゲンブツ) =立直後に捨てられた牌も忘れずに
  • 現物(ゲンブツ) =ポン、チー、カン、の牌も忘れずに

現物とは、他家 の 捨牌 にある同じ種類の牌のことを示しています。ゲンブツ を捨てれば、ゲンブツ が捨牌にあるプレイヤーからの ロン の心配は全くありません。なぜなら、フリテンルール により、捨牌にある牌では、ロン することが出来ないからです。

リーチ や テンパイ をしているプレイヤーに対しては、ゲンブツ が最も安全な牌になります。勝負を降りる場合は、中途半端な安全牌など出さず、 ゲンブツ を打牌するようにしましょう。

ここで、注意すべきことは、捨牌に打牌した ゲンブツ がないプレイヤーからは、ロン される可能性が残っているということです。リーチ したプレイヤーや テンパイ と推測されるプレイヤーの捨牌にばかり注意を取られて、他家から ロン されることもあるので、 ゲンブツ を打牌しているからと言って完全に安心しないようにしましょう。(他のプレイヤー全員の ゲンブツ であれば100%ロンの心配はありませんね!)

現物の例

自分が東家の場合に西家が立直しています。
西家に対するゲンブツの例:

ポン、チー、カン、も対象

ゲンブツ はポン、チー、カンした牌も対象となります。

プレイヤーが鳴いた場合はその牌を誰から取得したか判別できるように配置しますね。例えば上家(カミチャ)からポンした場合は、上家(カミチャ)からポンという形で牌を開きます。これは、フリテン や ゲンブツ の対象となる牌がちゃんと判別できるようにするためです。

鳴かれている牌も見逃さないように注意しましょう。

立直後、他家が打牌した牌も ゲンブツ

他家が立直した場合、その後から河に捨てられた牌はすべて ゲンブツ になります。立直した本人が捨てた牌は勿論、他のプレイヤーが通した牌も全て ゲンブツ です。

これは、フリテン により立直後に捨てられた牌ではロンすることが出来ないというルールがあるからです。


7-3. 完全安全牌

完全安全牌とは、他のプレイヤー全員が共通して捨てている牌のことです。どのプレイヤーからも絶対にロンされることのない安全な牌となります。この完全安全牌は何時捨てても安全が保証されるので自分が好きなときに捨てることが出来ます。合わせ打ちの場合は、同巡内に限られている完全安全牌です。
完全安全牌は言わば虎の子です。最後までとっておき、合わせ打ちや現物がなくなった場合に使用するようにして下さい。


7-4. スジを追う

スジを追うとは、上述した、安全牌を推測する、 表スジ 中スジ 片スジ 壁スジ、危険牌を推測する、 裏スジ 間4軒 跨ぎスジ、など、スジ による捨て牌読みによって打牌する防御方法です。

ゲンブツ や 合わせ打ち、完全安全牌に比べてロンさせる可能性は高まりますが、実際の麻雀では、 ゲンブツなどが手牌にない場合が多くあります。その場合、スジ で他家の捨て牌を読むことによって安全性の高い牌や危険性の高い牌を推測して打牌する手段が現実的な戦術となるでしょう。


7-5. 合わせスジ打ち

これは、他家が打牌した牌から スジ を読んで打牌する、スジ読み戦術 と 合わせ打ち を複合させた防御方法です。

例えば、リーチを掛けているプレイヤー以外の他家が[ 5 ]を打牌した場合、その 表スジ である [ 2・8 ]を安全牌と推測し、リーチのプレイヤーに対して[ 2 ]を切るという具合です。

リーチしたプレイヤーの捨牌だけでなく、他家の捨牌にも注目することで、切れそうな牌の種類も増えます。

スジを追う 場合は、全プレイヤーの捨牌に注目して、追えるスジを増やすことで、ロン の可能性を低くすることが出来ます。


8. スジ 早見表

表スジ(オモテスジ)
捨牌表スジ=安全牌
41-7
52-8
63-9

中スジ(ナカスジ)
捨牌中スジ=安全牌
1・74
2・85
3・96

片スジ(カタスジ)
捨牌片スジ=安全牌
14
25
36
74
85
96

裏スジ(ウラスジ)
捨牌原形
(残る形)
裏スジ
=危険牌
13・42-5
24・53-6
35・64-7
46・75-8
57・86-9
2・31-4
63・42-5
74・53-6
85・64-7
96・75-8

間4軒(アイダヨンケン)
捨牌間4軒=危険牌=裏スジ複合
1・62-5
2・73-6
3・84-7
4・95-8

壁(カベ)
4枚見えている壁(カベ)=安全牌
21
31-2
42-3
53-7
67-8
78-9
89

跨ぎスジ(マタギスジ)
捨牌(切り順)跨ぎスジ=危険牌
21-4
31-4 と 2-5
42-5 と 3-6
53-6 と 4-7
64-7 と 5-8
75-8 と 6-9
86-9


9. まとめ

麻雀で ロン されないことは非常に大切なことです。せっかくチャンスを掴んで高い点数でアガれたとしても、その分、他のプレイヤーに振り込んでしまっては、最終的に1位になることは難しいでしょう。

麻雀では1位と2位の差が大きく、1位が総取りとなるゲームです。1位になるには、なるべく大きな手に振り込んではいけません。

勝負事での共通点は、「勝ちを多く」「負けを少なく」です。少ないチャンスを生かし、チャンスがない場合には、負けないようにすることが大切です。

勝負を降りる場合は、スジを読んで防御方法を駆使し、ロンされないようにしっかりと オリ を実行しましょう!

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



皆さまからのコメントと麻雀豆腐編集部からの返信!

  1. まー より:

    わかりやすかったです!

  2. 匿名 より:

    裏スジの意味が分かってスッキリしました!

    • 編集部麻雀豆腐 より:

      麻雀豆腐編集部です。
      麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとうございます!

      ユーザー様にそのように言っていただけると編集部としても嬉しい限りです…☆今後もよりよいコンテンツを作成するよう努力致します!

      只今シドニーで開催される麻雀大会「麻雀マスターズ2017」の無料招待イベントを開催しております!興味がありましたら、心よりご応募お待ちしております(^^)

      今後とも麻雀豆腐を宜しくお願い致します。

  3. 匿名 より:

    とても分かりやすく,ためになりました.
    しかし,「4-3 跨ぎスジ」の項において,4の跨ぎスジが23 45となっていますが,これは23 56の間違いではないでしょうか.もしもこちらの間違いでしたら申し訳ありませんが,ご確認いただければと思います.

    • 編集部麻雀豆腐 より:

      麻雀豆腐編集部です。
      麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとうございます!

      >「4-3 跨ぎスジ」の項において,4の跨ぎスジが23 45となっていますが,これは23 56の間違いではないでしょうか.

      ご指摘いただきました通り、4の跨ぎスジが23・45となってしまっていました…該当箇所を23・56に修正致しました、申し訳ございません。
      ご指摘ありがとうございます!

      コンテンツに間違いないよう
      より一層の注意を払いたいと思います。
      今後とも麻雀豆腐を宜しくお願い致します。

  4. 匿名 より:

    上家から鳴いた時の牌の向きはいちばん左が横向きになるのではないですか?

    • 編集部麻雀豆腐 より:

      麻雀豆腐編集部です。
      麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとうございます!

      >上家から鳴いた時の牌の向きはいちばん左が横向きになるのではないですか?

      ご指摘の通り牌の向きに誤りがあり、下家から鳴いた状態になってしまっていました…m(__)m
      牌の向きを修正致しました、申し訳ありません。ご指摘ありがとうございます!

      コンテンツに間違いないよう
      より一層の注意を払いたいと思います。
      今後とも麻雀豆腐を宜しくお願い致します。

合わせて読みたい関連記事
裏スジ
裏スジ(裏筋)のすべて!危険牌推測力を上げロン回避
地獄待ちは字牌で!スジ読みできない優れた待ち方
危険牌
麻雀の危険牌の見分け方!知っておくべき3つのポイント
安牌(安パイ)
安牌(安パイ)は勝負のカギ!注目すべき4つの点
麻雀 捨て牌の読み方
麻雀の捨て牌の読み方を習得して振り込みを極限まで回避!
麻雀 壁(カベ)
麻雀の壁で両面待ちを封じる11項目!
人気の記事
符計算
麻雀の符計算を知り尽くせ!覚えるコツから早見表まで網羅
麻雀 点数計算
麻雀の点数計算が誰でも簡単に出来るまでの全て!
麻雀の点数表と覚え方
麻雀 点数表とその覚え方!~5つの流れで暗記~
麻雀無料ゲーム厳選11タイトル!
点数計算 計算式と早見表
麻雀 入門
麻雀超入門!初めての人が覚える役やルールなど基本知識
麻雀 スジ
麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』
麻雀の役 すべて
麻雀の役 条件・出現率・プロの助言 !
麻雀 捨て牌の読み方
麻雀の捨て牌の読み方を習得して振り込みを極限まで回避!
麻雀上達編 ~筋読みや牌効率を学ぼう~
新着記事
片山まさゆきさんのゲームの達人、第29回【2017年3月31日(金)19:00】配信!
RTDリーグ 2017 BLACK DIVISION 17・18回戦【2017年3月30日(木)21:00】配信!
マースタリーグ~season10~第12節【2017年3月30日(木)19:00】配信!
第42期最高位戦Aリーグ 第2節【2017年3月29日(水)11:00】配信!
【写真ギャラリー】麻雀豆腐Presents 麻雀マスターズ2017inシドニー特別招待枠争奪戦
モンド麻雀プロリーグ16/17 第11回名人戦 予選第6戦【2017年3月28日23:00】初回配信!
プロ雀士のシャドバブ!【第1回】【2017年3月28日(火)19:00】配信!
ワイルドリーグ第1節【2017年3月27(月)17:00】配信!
二階堂亜樹プロが原案を手がけたコミック「aki」が、「女流闘牌伝 aki -アキ-」のタイトルで2017年夏実写映画化決定! 
麻雀マスターズ2017 in シドニー 特別招待枠争奪戦!
大澤ふみな(おおさわ ふみな)プロ 優勝おめでとうございます!
PR記事
オンラインスロットで遊ぼう!一番お得なサイトはどこ?
動画配信サービスを比較!自分に合うのはどれ?
大阪王将の餃子をご家庭で!ビールのお供に!
LINE グラングリッド
LINE グラングリッド スマホの無料ゲームアプリ
エンドライド -X fragments-(iOS Android))
エンドライド スマホの無料ゲームアプリ
ダービーインパクト(ダビパク)をやってみた。
最新コメント
麻雀豆腐監修プロ雀士
鈴木たろうプロ 鈴木たろう プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第15回 最強位/第8回 野口賞受賞/第9・11・12・13期 雀王 3連覇の快挙/世界麻雀大会2015 2位など
小倉孝プロ 小倉孝 プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第3・4期 雀竜位/第6期 新人王/第7期 雀王 など