麻雀のことなら麻雀豆腐!役やルールの基本からプロのアドバイスまで、麻雀上達の為のレシピが満載!!

  • AvEQ[
  • Q[

麻雀の捨て牌の読み方を習得して振り込みを極限まで回避!

麻雀 捨て牌の読み方

麻雀で振り込まない打ち方を習得放銃率(ロンされる率)を下げるためには、他家の『捨て牌を読む』ことが大切なポイントの1つになるでしょう。

捨て牌というのは自分から見た場合、基本的には手牌を揃える上で不要になった牌です。ですが、他家から見た場合一変して様々な見方が可能となります。

その見方の1つに、「その人にとって不要な牌ということは逆に捨て牌からその人にとって必要であろう牌を推測することがある程度可能」ということがあります。

捨て牌から相手が揃えている役などを考えて安全牌や危険牌を推測する、これが「捨て牌を読む」大きな目的の1つです。

目次

===初心者の方はここまででもOKです!===


1. 捨て牌とは

捨て牌は振り込み回避のヒント!

捨て牌から危険牌や安全牌を推測する

捨て牌は、捨てた本人にとっては不要な牌という意味合いが大きいものですが、それ以外のプレイヤーにとっては全く異なる見方が出来ます。その見方の1つに、本頁冒頭でも説明した「捨て牌からその牌を捨てたプレイヤーに対しての安全牌や危険牌を推測することが可能」という見方があります。

捨て牌は振り込みを回避するための大きなヒントに成り得ます。

しかしながら、本来必要であった牌が切られているということも多々ありツモによっては手も頻繁に変わるでしょう。実際、捨て牌から正確に他家の待っている牌を当てるのは非常に困難と言えます。

ですが、捨て牌がとても読みやすい場合もあります。このような場合は捨て牌を意識して振り込まない打ち方も可能でしょう。セオリー通りの捨て牌からセオリー通りに捨て牌を読む場合、予測したアガり牌は実際のものと近からず遠からずという場合も多くあります。

正確に当らないのであれば捨て牌を読むなんて無意味と考え、ゼンツッパ(自分の手牌を揃えることだけを考えて打牌する)をする人もいると思います。ですが、良く言われることに「型無し、型破り、型崩し」というものがあります。型を理解した上でそれを敢えて崩す、破るなどには意味があると考えるが、型を知らない場合はただ型がないだけで意味がないとする考えです。

麻雀初心者の方は捨て牌を読むという基本的なセオリーを身に着けておく意義は大きいと思います。その上で自分なりの打ち方を実践して頂くと良いでしょう。

他家を意識し過ぎない

本ページでは他家(ターチャ)の捨て牌を中心に考えるので、他家への警戒や意識を高める話になります。ですが、麻雀は最終的に自分がアガることが大切なので、他家を意識し過ぎて自分の手が進まない状況は良いとは言えません。特に初心者の方は自分の手を優先して考え、和了(ホーラ)への道筋を覚えることも大切です。ことことは忘れないようにして下さい。

推測の前に、、

捨て牌を読んで安全牌や危険牌を推測する前に、現物(ゲンブツ)や完全安全牌は把握しておきましょう。


2. 合わせ打ち

上家と同じ牌は今が旬の完全安全牌!

  • 合わせ打ち とは上家と同じ牌を切ること
  • 合わせ打ち では 他のプレイヤーから ロン されることはない

合わせ打ちとは

合わせ打ちとは同巡内上家(カミチャ=自分の1つ前のプレイヤー)が切ったのと全く同じ種類の牌をそのまま捨てることです。この牌では同巡内において、すべてのプレイヤーがロンできない完全安全牌となります。同巡内とは、自分がツモするか、鳴くかしてから再度自分がツモや鳴く行為をする間のことを言います(自分の取牌から次の自分の取牌までの間)。つまり、自分がツモする直前の上家が打牌した牌と同じ牌を捨てることです。合わせ打ちは同巡内が条件であり、次の巡へと進んだ場合は完全安全牌でなくなります。合わせ打ちは、今だけ安全であり、今切るべき牌なのです。

合わせ打ちの例

自分が東家の場合の例です。上家(カミチャ)の北家が索子の4を自分の直前に捨てました。次に自分がツモした牌が索子の4です。この索子の4は次の自分のツモ巡が来るまで(同巡内において)他のプレイヤー全員に対してロンされない現物となります。

gr-gfd-tiles-012

重要なのは、自分の1つ前のプレイヤー(上家)に合わせて同じ牌を切るということです。例えば、対面(トイメン) と同じ牌を切り出した場合、上家に対しては ロン される危険があります。これは上家がツモして手替わりが発生する可能性があるからです。これを「山越し」と言い、ロン されてしいまった場合は「山越しロン」と言います。上家がツモ切りの場合は、安全牌として打牌することが出来ます。


3. 現物(ゲンブツ)

他家の捨て牌と全く同種の牌である現物(ゲンブツ)はロンされない

  • 現物 = 他家の捨て牌と全く同種の牌
  • 現物 = 対象者から100%ロンされない
  • 現物 = 立直後に捨てられた牌も忘れずに
  • 現物 = ポン、チー、カン、の牌も忘れずに

ゲンブツ とは

まずは例を見てみましょう。自分が東家の場合に西家が立直しています。以下の図は西家に対するゲンブツの例です。

gr-gfd-tiles-099

東家にとって西家に対する ゲンブツ は、西家の捨て牌南家のポンした牌(西家からポンしているので)、リーチ後の河(ホー:捨て牌のある場所)捨て牌、です。この ゲンブツ は、対象のプレイヤーから100%ロンされません。これは、フリテンルール により自分の捨牌にある牌やリーチ後に河に出た捨て牌ではロンすることが出来ないからです。合わせ打ちの場合は上家の捨て牌に左右され、同巡内に限る ゲンブツ ですが、捨て牌にある ゲンブツ は、局の最後までロンされない ゲンブツ なります。

ゲンブツ をちゃんと見つけること

ゲンブツ を見つけることは、捨て牌の読み方の最も基本です。あれやこれやと推測する前に ゲンブツ を見落とさないようにしましょう。

ポン、チー、カン、も対象

ゲンブツ はポン、チー、カンした牌も対象となります。

図「西家に対するゲンブツの例」においては、西家の ゲンブツ は南家がポンした ソウズ9 も含まれるということです。プレイヤーが鳴いた場合はその牌を誰から取得したか判別できるように配置しますね。例えば上家(カミチャ)からポンした場合は、明刻(ミンコ) という形で牌を開きます。これは、フリテン や ゲンブツ の対象となる牌がちゃんと判別できるようにするためです。

鳴かれている牌も見逃さないように注意しましょう。

リーチ後、河(ホー)に出た牌も ゲンブツ

他家が立直した場合、その後から河(ホー:捨て牌の場所)に捨てられた牌はすべて ゲンブツ になります。図「西家に対するゲンブツの例」においては、西家が立直した 索子 以降に河に捨てられた牌のことです。立直した本人が捨てた牌は勿論、他のプレイヤーが通した牌も全て ゲンブツ です。

これは、フリテン により立直後に捨てられた牌ではロンすることが出来ないというルールがあるからです。

無理せず ゲンブツ

ゲンブツ を切れば、ゲンブツ が捨て牌にあるプレイヤーからロンされることは100%ありません。

立直(リーチ)やテンパイをしているプレイヤーに対して ゲンブツ は最も安全な牌となります。勝負を降りる場合、ゲンブツを持っていれば無理にスジを追ったりせず素直に ゲンブツ を切ることをお勧めします。

対象者以外からロンされる

ただし、ゲンブツ は、その牌が捨て牌にあるプレイヤーに対してのみ有効であって、他のプレイヤーに対しては有効ではありません。ゲンブツ を切っている場合でも、他家からロンされる可能性はありますので注意して下さい。他家全員の ゲンブツ であれば100%ロンされる可能性はありません。他家全員の ゲンブツ は完全安全牌といいます。


4. 完全安全牌

プレイヤー全員が共通して捨てている牌は完全安全牌!

完全安全牌とは、他のプレイヤー全員が共通して捨てている牌のことです。どのプレイヤーからも絶対にロンされることのない安全な牌となります。この完全安全牌は何時捨てても安全が保証されるので自分が好きなときに捨てることが出来ます。合わせ打ちの場合は、同巡内に限られている完全安全牌です。
完全安全牌は言わば虎の子です。最後までとっておき、合わせ打ちや現物がなくなった場合に使用するようにして下さい。

gr-gfd-tiles-013


5. 捨て牌に幺九牌(ヤオチュウハイ)が多い場合

幺九牌(ヤオチュウハイ)が多い場合はセオリー通りの手牌。数牌の 4 5 6 は特に危険。

  • 捨て牌の特徴:1 や 9 や 字牌 が多い
  • 1 ・ 9 ・字牌=幺九牌(ヤオチュウハイ)
  • 捨て牌に幺九牌が多い=ピンフ や タンヤオ 狙い

序盤からヤオチュウハイ

捨て牌の最も多い形の1つに、数牌の 1 ・ 9 と 字牌、つまり 幺九牌(ヤオチュウハイ)序盤から多く捨てられている場合があります。
例えば捨て牌が以下のような場合があります。

捨て牌

ピンフ・タンヤオ・イーペーコー狙い?

このような場合、この捨て牌のプレイヤーは、数牌の 2~8 を中心に集めていると推測されます。数牌の 2~8 を 中張牌(チュンチャンパイ) と言います。チュンチャンパイ を中心に揃えている場合は、平和(ピンフ)断幺九(タンヤオ) の役を作っていることが多くあります。ピンフ などの順子系の役には、イーペーコー や サンショクドウジュン なども複合している可能性もあります。

ピンフ では、すべての面子(メンツ)を順子(シュンツ)で作り、待ちをリャンメン待ちにするという条件があり、 タンヤオ では ヤオチュウハイ が使用できないという条件があります。つまりこれらの役では、自然と序盤からチュンチャンパイ が中心に集められ ヤオチュウハイ が捨てられることになります。

セオリー通りの綺麗な手

チュンチャンパイを中心に順子で手牌を揃えると、そのプレイヤーの手牌はセオリー通りの綺麗な形となり和了形も整いやすいので、早い段階でテンパイとなる可能性が高くなります。4メンツ1ジャントウの形だけ揃えてリーチのみということも充分考えられます。

[ 4 5 6 ]真ん中の数牌は危険

序盤からヤオチュウハイを切ってセオリー通りにチュンチャンパイを集めているプレイヤーに対しては、チュンチャンパイの中でも [ 4 5 6 ] などの真ん中の数牌はとても危険と考えられます。これらの数牌は順子を作る上で非常に絡みやすい牌なので当たり牌となる可能性が高いと考えられます。逆に ヤオチュウハイ 、特に 1 や 9 の端の牌などは比較的安全と考えられます。

セオリーにはセオリーで!スジ読み

また、ピンフ はリャンメン待ちが条件の1つで、イーペーコーやサンショクドウジュンなどの順子系役もリャンメン待ちに成り易いので、スジ読み が通用する可能性が高いと考えられます。例の捨て牌では、

捨て牌

索子の 索子1索子7 が出ていますが、この場合、中スジ である 索子1安全牌と推測されます。スジ読みについては、「8. スジ で捨て牌を読む」で詳しく説明します。 また、スジ読み の詳細は「麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』」をお読みください。

因みに、リーチ、ピンフ、タンヤオ は麻雀では基本中の基本の役で、初心者が必ず覚えるべき役でもあり、熟練者においても活用する役です。麻雀では「メンタンピン」などと言い、これら3つの役を基本役として頻繁に紹介されます。実際出現率も高いので注意を向けましょう。


6. 捨て牌に中張牌(チュンチャンパイ)が多い場合

序盤から 2 ~ 8 が多い場合は何か狙っている?!手が揃っている?!

  • 捨て牌の特徴:2 ~ 8 の数牌が序盤から切り出されている
  • 2 ~ 8=中張牌(チュンチャンパイ)
  • セオリーから外れて何か狙っている?!
  • チャンタ系、刻子系、染め系、チートイツ、役満の可能性あり
  • 狙いが定まりイーシャンテンかテンパイの可能性あり

捨て牌の例

例えば、捨て牌が以下のような場合です。
捨て牌
序盤から真ん中の数牌をバンバン切っていますね。

基本となるのは順子とリャンメン待ち

麻雀の基本の1つに、面子を順子(シュンツ)で作り待ちをリャンメン待ちで整える、というものがあります。順子は3枚同じ牌で揃える刻子(コーツ)や同種4枚の槓子(カンツ)などに比べて断然作りやすく、リャンメン待ちは他の待ちの形に比べてアガれる可能性が高いからです。結果、和了(ホーラ=アガる)確率が高くなります。
このような基本形を効率よく整えるには、2 ~ 8 中張牌(チュンチャンパイ)を中心に集める必要があります。大切なチュンチャンパイを序盤から捨ててしまうということは、セオリーから外れて何か狙っている可能性が考えられます。

チャンタ系、刻子系、染め系、チートイツ、役満 狙い?

上述しましたが、定石に従い手牌を揃えるには、自然と チュンチャンパイ が必要になります。この チュンチャンパイ が序盤から捨て牌に多い場合は、セオリーを無視してピンフやタンヤオのような基本役ではない、チャンタ系、刻子系、染め系、チートイツ、役満 などを中心に揃えている場合があります。チャンタやジュンチャンタ、サンアンコウやトイトイ、ホンイツやチンイツなどが考えられるでしょう。役満を狙っている場合などは必要ない牌はドラだろうがチュンチャンパイだろうが勢い良く切ってしまうでしょう。

配牌時に手牌が良い状態

あるいは、配牌時に既にかなり手牌が良い状態で揃っていて、既にイーシャンテン(テンパイまで後1枚の状態)かテンパイとなっており、チュンチャンパイであっても必要ないので序盤からどんどん切り出すということもあります。また、手が揃っていて必要な牌が限られている場合や、狙う役を定めてそこに向かってツッパっている場合などは、自分に不要なチュンチャンパイは早く捨てた方が良いとされます。なぜなら、通常チュンチャンパイは必要とされる可能性の高い牌なので他家の待ち牌となる可能性があります。終盤になれば誰かの当たり牌となる可能性もどんどん高くなります。必要ないのであれば、そのような危険牌は序盤で捨ててすまう方が良いとされています。

ヤオチュウハイ は危険牌、スジは通用しない

1 ・ 9 絡みの面子[ 1 2 3 ]や[ 7 8 9 ]のチャンタ系で使用する牌は注意です。字牌も不用意に出すべきではないですね。ヤオチュウハイ とそれに絡む面子の牌が危険牌である可能性があります。また、こうなってしまうとリャンメン待ちを前提条件とするスジによる読みは通用しない可能性が高いので注意しましょう。壁であれば国士無双以外は安全牌読みが可能です。


7. 捨て牌に字牌と特定の色の牌がない場合

ホンイツやチンイツは捨て牌から読みやすい手役!

  • 捨て牌の特徴:特定の色の牌と字牌が出ていない
  • 字牌と特定色を揃える:ホンイツ や チンイツ 狙い

字牌と1色でホンイツ:比較的出現率が高い警戒が必要な役

麻雀の役の中に 混一色(ホンイーソー=ホンイツ)というものがあります。これは、字牌(ツーパイ) と 3色「萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)」の何れか1色の 数牌(シュウパイ) で 雀頭(ジャントウ=アタマ) と 面子 を作ると成立する役です。

ホンイツの例:
ホンイツ
ホンイツは、ポン、チー、カンなど、鳴いても成立する役なので比較的作りやすい役でもあり、メンゼンで3翻、鳴いても2翻と翻数も高目です。このような理由から比較的出現率が高い警戒すべき役です。

字牌と特定の1色がない捨て牌に注意

この役を作る場合、捨て牌も偏ります字牌と何か1種類の色が殆ど出ていない状態になります。また、ホンイツ は鳴いても作れる役なので、この役を狙う場合は頻繁に鳴きが発生します。鳴きの牌と捨て牌を見れば、かなりの確率で ホンイツ を狙っているということが判断できます。

例えば以下のような捨て牌の場合
西家の捨て牌
捨て牌
西家がポン
gr-pong-ton(2)
最初から字牌ではなく数牌のチュンチャンパイが捨てられています。また、筒子や索子は切られていますが、萬子がありません。さらに東がポンされています。
このような場合は 西家の ホンイツ を警戒する必要があります。字牌萬子を集めていると考えられるでしょう。
字牌や萬子は警戒すべき牌と考えて下さい。

また、ある特定の色で揃える役に清一色(チンイーソー=チンイツ)という役もあります。捨て牌に特定の色が出ていない場合は、この役も意識してみましょう。

『 混一色(ホンイーソー)(ホンイツとも言う) 』
[食い下がり2翻] [メンゼン役3翻] 字牌(ツーパイ) と ワンズ、ピンズ、ソーズ の何れか1種類の 数牌(シュウパイ) で アタメ と メンツ を作ると成立する 役。待ち の制限はありません。

『 清一色(チンイーソー)(チンイツとも言う) 』
[食い下がり5翻] [メンゼン役6翻] ピンズ、ソーズ、ワンズ、何れかの 数牌(シューハイ) 1種類で アタマ と メンツ を作成すると成立する 役。待ち の制限はありません。


8. スジ で捨て牌を読む

スジを使ってリャンメン待ち対策!

  • 捨て牌を 表スジ(オモテスジ) で読む 安全牌を推測
  • 捨て牌を 中スジ(ナカスジ) で読む 安全牌を推測
  • 捨て牌を 片スジ(カタスジ) で読む 安全牌を推測
  • 捨て牌を 壁スジ(カベスジ) で読む 安全牌を推測
  • 捨て牌を 裏スジ(ウラスジ) で読む 危険牌を推測
  • 捨て牌を 間4軒(アイダヨンケン) で読む 危険牌を推測
  • 捨て牌を 跨ぎスジ(マタギスジ) で読む 危険牌を推測


8-1. スジ とは

スジとは

筋(スジ)とはリャンメン待ちのことを指します。麻雀ではリャンメン待ちを作る6種類塔子(ターツ)があり、これを両面塔子(リャンメンターツ)と言います。これらの両面塔子に対しての待ちがリャンメン待ちとなります。つまり、両面塔子が6種類なので、リャンメン待ち= スジ は6種類になります。また、スジ は同色の牌で考えます。筒子なら筒子、索子なら索子、萬子なら萬子です。

基本6種のスジ

基本の 6スジ(同色の牌で考えて下さい。)
スジリャンメン待ち となる 両面搭子スジ
索子索子索子
スジ は 1-4(イー・スー) 
索子
索子索子索子
スジ は 2-5(リャン・ウー)
索子
索子索子索子
スジ は 3-6(サブ・ロー) 
索子
索子索子索子
スジ は 4-7(スー・チー) 
索子
索子索子索子
スジ は 5-8(ウー・パー) 
索子
索子索子索子
スジ は 6-9(ロー・キュー)
索子

複合させて3スジ

6スジの並びを変更すると以下のようになります。上記の6スジの表と同じ内容ですが、並び替え後、真ん中に位置する 4 5 6 の スジ は、2つのスジに絡んでいますね。その重なる真ん中の スジ を中心にして、[ 1-4 ]イー・スー と [ 4-7 ]スー・チー と分けずに、[ 1-4-7 ]イー・スー・チー と一気に繋げてしまいます。

  • 1 23 4 56 71-4-7(イー・スー・チー)
  • 2 34 5 67 82-5-8(リャン・ウー・パー)
  • 3 45 6 78 93-6-9(サブ・ロー・キュー)

一般的に スジ はこのように覚えます。これが、1 から 9 までの数牌で作れるすべての スジ です。
この基本6種繋げて3種の スジ を基本にして スジ読み を行います。

スジ についての詳細は「麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』」をお読みください。


8-2. スジ で捨て牌を読む

  • スジ で捨て牌を読む=リャンメン待ち対策
  • スジ は同色の数牌で考える
  • スジ が有効な捨て牌の特徴=序盤から ヤオチュウハイ が多くある

スジが通用するのは数牌同色のリャンメン待ち

スジ はリャンメン待ちのことなので、スジ を活用して捨て牌を読む場合は、基本的に対象がリャンメン待ちをしている場合に限り読みが有効になります。その読みにより、打牌に際して安全な牌や危険な牌を推測する戦術がスジ読み戦術となります。このような戦術による守備方法を スジを追う と言います。

スジ はリャンメン待ちが前提条件なので、カンチャン待ち、ペンチャン待ち、タンキ待ち、シャンポン待ち、ノベタンなどには通用しません。後述しますが、 壁スジ の場合、カンチャン待ちやペンチャン待ちにも対応する場合がありますが、基本はリャンメン待ち対策です。また、スジ を使用する場合は、筒子、萬子、索子、それぞれ同色牌で考えて下さい。

序盤からヤオチュウハイのある捨て牌

このようなスジによる読みが有効に働く場合の捨て牌の特徴は、字牌や 1・9 など ヤオチュウハイ が序盤から多く切り出されており、セオリー通りの集め方をしている可能性が高い捨て牌の場合です。チュンチャンパイ で順子を作り、タンヤオ や ピンフ 役を狙ってリャンメン待ちにしているケースです。このような場合はスジ読み戦術が有効です。

リャンメン待ちは麻雀の基本

ただ、このような捨て牌ではなくとも、麻雀ではリャンメン待ちが基本なので、スジによる捨て牌読みは有効に働く場合が多くあります。リャンメン待ちは待ち牌の数が多く、和了率が一番高い待ちでもあります。従って、なるべくリャンメン待ちの形にするのが麻雀の定石です。

スジを使った7つの見方

ここでは スジ を活用して捨て牌を読む戦術を7通り紹介します。 7通り方法とは、表スジ(オモテスジ) 、 中スジ(ナカスジ) 、 片スジ(カタスジ) 、 壁スジ(カベスジ) 、 裏スジ(ウラスジ) 、 間4軒(アイダヨンケン) 、 跨ぎスジ(マタギスジ)です。


8-3. 表スジ(オモテスジ)で捨て牌を読む

  • 表スジで捨て牌を読む:同色数牌リャンメン待ちの対策
  • 通用する捨て牌の特徴:序盤から ヤオチュウハイ が切られている
  • 捨て牌に数牌の 4・5・6 が出ている=表スジが使える

表スジ とは

表スジ とは、数牌の 456 それぞれに対しての外側の スジ のことです。全部で3種類あります。

  • 表スジ3種:
    [ 4 ]に対して、[ 1・7 ]が表スジ
    [ 5 ]に対して、[ 2・8 ]が表スジ
    [ 6 ]に対して、[ 3・9 ]が表スジ

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

表スジ で安全牌を推測する原理

他家の捨て牌に数牌の 4 5 6 がある場合、この 表スジ が同色牌リャンメン待ちに対しての安全牌と推測することが出来ます。

例えば、筒子 筒子 が他家の捨て牌に切り出されている場合、そのプレイヤーはリャンメン待ちにおいて、筒子筒子 でロンすることが出来ません。
なぜなら、 筒子 は、両面塔子 筒子筒子筒子筒子 に絡むスジ=リャンメン待ちなので、 筒子 が捨て牌にある以上、[ 3 4 ]や[ 6 7 ]の両面塔子によるリャンメン待ちによってロンすることは、フリテンルールによって禁止されているからです。
従って、[ 3 4 ]や[ 6 7 ]の両面塔子のリャンメン待ちである 筒子筒子筒子筒子 でロンされる可能性はなくなります。
故に、捨て牌に 筒子 がある場合、筒子筒子 は、安全牌と推測されます。

このような考えを元に安全牌を推測した場合、以下のように推測できます。

表スジ3種で安全牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨て牌捨て牌に絡むスジ表スジ=安全牌
捨牌 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
4 の 表スジは 索子索子
安全牌と推測可能
捨牌 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
5 の 表スジは 索子索子
安全牌と推測可能
捨牌 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
6 の 表スジは 索子索子
安全牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

表スジ が通用する『捨て牌の例』

以下のような捨て牌の場合
捨て牌
序盤から ヤオチュウハイ が捨て牌に出ているので特殊な役を狙っている感じではなさそう。順子で面子を作りリャンメン待ちにしている可能性があり、スジ読みによる安全牌の推測が有効と考える。中盤に索子の5が出されているので、表スジである索子の2や索子の8は安全牌と推測されます。


8-4. 中スジ(ナカスジ)で捨て牌を読む

  • 中スジで捨て牌を読む:同色数牌リャンメン待ちの対策
  • 通用する捨て牌の特徴:序盤から ヤオチュウハイ が切られている
  • 捨て牌に数牌の 1・7 や 2・8 や 3・9 が出ている=中スジが使える

中スジ とは

中スジ とは、数牌の 1・7 或は、 2・8 或は、 3・9内側の スジ のことです。全部で3種類あります。

  • 中スジ3種:
    [ 1・7 ]に対しての、[ 4 ]が中スジ
    [ 2・8 ]に対しての、[ 5 ]が中スジ
    [ 3・9 ]に対しての、[ 6 ]が中スジ

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

中スジ で安全牌を推測する原理

他家の捨て牌に数牌の 1・7 或は、2・8 或は、3・9 がある場合、この 中スジ が同色牌リャンメン待ちに対しての安全牌と推測することが出来ます。

例えば、筒子の 筒子筒子 が他家の捨て牌に切り出されている場合、そのプレイヤーはリャンメン待ちにおいて、 筒子 でロンすることが出来ません。
これは、筒子 は、両面塔子 筒子筒子 に絡むスジ=リャンメン待ちであり、 筒子 は、両面塔子 筒子筒子 に絡むスジなので、捨て牌に 筒子筒子 がある以上、これら[ 2 3 ]や[ 5 6 ]の両面塔子による 筒子筒子筒子筒子 のリャンメン待ちは、フリテンルールによってロンすることが出来なくなるからです。
故に、捨て牌に 筒子筒子 がある場合、 筒子 でロンすることが出来きないため、安全牌と推測されます。

このような考えを元に安全牌を推測した場合、以下のように推測できます。

中スジで安全牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌捨て牌に絡むスジ中スジ=安全牌
捨牌 索子 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
1・7 の 中スジは 索子
安全牌と推測可能
捨牌 索子 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
2・8 の 中スジは 索子
安全牌と推測可能
捨牌 索子 索子 捨て牌に絡むスジ
索子索子索子索子
の両面待ちなし
3・9 の 中スジは 索子
安全牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

中スジ が通用する『捨て牌の例』

以下のような捨て牌の場合
捨て牌
序盤から ヤオチュウハイ が捨て牌に出ているので特殊な役を狙っている感じではなさそう。順子で面子を作りリャンメン待ちにしている可能性があり、スジ読みによる安全牌の推測が有効と考える。
序盤に索子の1、中盤に索子の7が出されているので、中スジである索子の4は安全牌と推測されます。


8-5. 片スジ(カタスジ)で捨て牌を読む

  • 片スジで捨て牌を読む:同色数牌リャンメン待ちの対策
  • 捨て牌の特徴:序盤から ヤオチュウハイ が切られている
  • 捨て牌に数牌の 1・2・3・7・8・9 が孤立して出ている=片スジが使える

片スジ とは

片スジ とは、数牌の 1 に対しての 42 に対しての 53 に対しての 67 に対しての 48 に対しての 59 に対しての 6、であり、外側片方の スジ に対して内側の スジ を言います。

  • 片スジ6種:
    [ 1 ]に対して、[ 4 ]が片スジ
    [ 2 ]に対して、[ 5 ]が片スジ
    [ 3 ]に対して、[ 6 ]が片スジ
    [ 7 ]に対して、[ 4 ]が片スジ
    [ 8 ]に対して、[ 5 ]が片スジ
    [ 9 ]に対して、[ 6 ]が片スジ

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

片スジで安全牌を考える

基本的に、片スジ だけでは、安全牌の推測に利用することはできません。表スジ や 中スジ が利用できない捨て牌の場合に、参考程度にすると良いでしょう。片スジも同色数牌リャンメン待ちに対して有効です。

例えば、他家の捨て牌に 筒子の 筒子 があった場合、そのプレイヤーはリャンメン待ちにおいて、筒子筒子 の両面塔子による 筒子筒子 のリャンメン待ちでロンすることが出来ません(フリテンルールがあるため)。ここで、注意しなければならないのは、捨て牌に 筒子 があった場合でも、両面塔子 筒子筒子 でのリャンメン待ち 筒子筒子 でロンされる可能性があります。
従って、 筒子 は、片方のリャンメン待ちの可能性はないが、もう一方のリャンメン待ちの可能性が残っているということです。このため、表スジ や 中スジ のように活用することが出来ないのです。

このような考えを元に片スジを考えると、以下のようになります。

片スジ6種で安全牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌捨て牌に絡むスジ片スジ=参考程度
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子 ※4-7待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子 ※5-8待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子
※6-9待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子
※1-4待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子
※2-5待ちはありえる
捨牌 索子 索子索子 の両面待ちなし 片スジは 索子
※3-6待ちはありえる

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える


8-6. 壁スジ(カベスジ)で捨て牌を読む

  • 壁スジで捨て牌を読む:同色数牌リャンメン待ちの対策
  • 壁スジが通用する捨て牌の特徴:同色数牌4枚全て捨て牌に出ている
  • 壁スジによる捨て牌読みは他家全員に有効

壁 や 壁スジ とは

壁スジ とは、同じ種類の数牌が4枚すべて見えている場合に、安全牌を推測するのに活用するスジのことです。このページでは捨て牌から読むということを視点に話を進めているので、同色数牌4枚が捨て牌にあるという説明をしていますが、4枚が捨て牌になくとも、例えば、ポン、チー、カンによって開かれた牌やドラ表示牌なども含めて、4枚すべて見えている状態を と言います。

同色数牌4枚すべて見える壁が出現した際、壁スジ を活用して捨て牌を読むことで安全牌を推測することが出来ます。その際、前提条件になるのが、壁と同色数牌のリャンメン待ちにおいてであり、この場合に壁による捨て牌読みが有効になります。

壁スジ による捨て牌読みは他家全員に有効

スジ による捨て牌読みは基本的にその捨て牌のプレイヤーのみに有効です。ですが、壁スジについては他家全員に有効に働きます。

  • 壁スジ7種:
    [ 2 ]が4枚見えている場合、[ 1 ]が壁スジ
    [ 3 ]が4枚見えている場合、[ 1・2 ]が壁スジ
    [ 4 ]が4枚見えている場合、[ 2・3 ]が壁スジ
    [ 5 ]が4枚見えている場合、[ 3・7 ]が壁スジ
    [ 6 ]が4枚見えている場合、[ 7・8 ]が壁スジ
    [ 7 ]が4枚見えている場合、[ 8・9 ]が壁スジ
    [ 8 ]が4枚見えている場合、[ 9 ]が壁スジ

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

壁スジ で安全牌を推測する原理

他家の捨て牌やポン、チー、カンなどで開かれた牌、ドラ表示牌など、数牌が4枚全て見えている場合(=壁が出来る)、壁スジ によって捨て牌を読みむことで、壁と同じ色の数牌リャンメン待ちに対しての安全牌を推測することが出来ます。

例えば、場のプレイヤーの誰かが、索子の4 をポン 明刻(ミンコ) しているとします。そして、自分の手牌にも 索子 が1枚あるとします。こうなると、索子 は牌山にも他家の手牌にもなくなります。

すると、索子 が枯渇しているので、4絡みの両面塔子 索子索子索子索子 での 索子索子索子索子 の両面待ち の可能性はなくなります。

注意する必要があるのは、
索子索子索子索子 の両面塔子が作れなくなることで、索子索子 の両面待ちや 索子索子 の両面待ちの可能性がなくなるのですが、両面塔子 索子索子 での 両面待ち 索子索子 や、両面塔子 索子索子 での 両面待ち 索子索子 はありえるので、 索子索子 待ちの可能性はなくなっても、 索子索子 の待ちの可能性は残っているということです。

つまり、 索子 で壁が出来た場合は、同色数牌の両面待ちにおいて、索子索子 での待ちがなくなります。これが壁スジを利用した捨て牌読みによる安全牌推測の原理です。

このような場合、壁スジ を利用して捨て牌を読むことで安全牌を推測することが出来ます。

壁スジ で安全牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
壁に絡むスジ壁スジ=安全牌
索子 4枚見えている場合索子索子
のリャンメン待ちの 1 待ちなし
壁スジは 索子
安全牌と推測可能
索子 4枚見えている場合索子索子索子索子
のリャンメン待ちの 1・2 待ちなし
壁スジは 索子索子
安全牌と推測可能
索子 4枚見えている場合索子索子索子索子
のリャンメン待ちの 2・3 待ちなし
壁スジは 索子索子
安全牌と推測可能
索子 4枚見えている場合索子索子索子索子
のリャンメン待ちの 3・7 待ちなし
壁スジは 索子索子
安全牌と推測可能
索子 4枚見えている場合索子索子索子索子
のリャンメン待ちの 7・8 待ちなし
壁スジは 索子索子
安全牌と推測可能
索子 4枚見えている場合索子索子索子索子
のリャンメン待ちの 8・9 待ちなし
壁スジは 索子索子
安全牌と推測可能
索子 4枚見えている場合索子索子
のリャンメン待ちの 9 待ちなし
壁スジは 索子
安全牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

壁スジが通用する『捨て牌の例』

自分は東家の場合、
捨て牌
索子の[ 2 ]が4枚捨て牌に出ているので壁が出現しています。この場合は、壁スジを活用した捨て牌読みによって安全牌を推測することが有効になります。索子の[ 1 ]が他家全員に対して安全牌となりえます。


8-7. 裏スジ(ウラスジ)で捨て牌を読む

  • 裏スジで捨て牌を読む:同色数牌リャンメン待ちの対策
  • 通用する捨て牌の特徴:序盤や中盤に捨てられた数牌
  • 捨て牌に数牌が出ている=裏スジが使える

裏スジ は、ある捨てられた数牌の隣の牌から成るスジのことです。例えば、捨てられた牌が[ 2 ]であれば、その隣の牌[ 3 ]から成るスジ[ 3-6 ]のことになります。裏スジは全部で9種類あります。

  • 裏スジ9種:
    [ 1 ]が捨牌にある場合[ 2・5 ]が裏スジ
    [ 2 ]が捨牌にある場合[ 3・6 ]が裏スジ
    [ 3 ]が捨牌にある場合[ 4・7 ]が裏スジ
    [ 4 ]が捨牌にある場合[ 5・8 ]が裏スジ
    [ 5 ]が捨牌にある場合[ 1・4 ][ 6・9]が裏スジ
    [ 6 ]が捨牌にある場合[ 2・5 ]が裏スジ
    [ 7 ]が捨牌にある場合[ 3・6 ]が裏スジ
    [ 8 ]が捨牌にある場合[ 4・7 ]が裏スジ
    [ 9 ]が捨牌にある場合[ 5・8 ]が裏スジ

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

裏スジ で危険牌を推測する原理

不要牌の整理

不用な牌が切り出されることで 裏スジ が出来る」これが 裏スジ のメカニズムです。

例えば、配牌時に、自分の手牌に索子の 索子索子索子 があるとします。序盤から中盤にかけて手牌の他の部分の面子が揃ってくると(=伸びる)、不用な牌である 索子 が押し出されることになります。

この 索子 が切り出されると、 索子索子 の 両面塔子(リャンメンターツ)が出来上がり、待ち牌は索子 索子索子 の両面待ちになります。

手牌の両面塔子 索子索子 の 両面待ち となる 索子索子 は切り出された 索子 の隣の牌である 索子 からなる スジ になります。
これを 裏スジ として危険な牌と予測するのです。裏スジ は捨て牌に数牌があれば読むことが出来ます。

一般的に序盤から中盤にかけて切り出されて整理された牌の 裏スジ は危険な牌と考えられます。序盤の捨て牌の数牌がある場合は裏スジを利用して危険牌を予測してみても良いでしょう。

カンチャン から リャンメン への切り替わりで 裏スジ が出来る

もう一つ裏スジが危険牌となるメカニズムがあります。これは、「嵌張待ち(カンチャンマチ)から リャンメン待ち への切り替わり」で発生します。

例えば、索子索子 の嵌張待ち(カンチャンマチ)の状態が手牌にあるとします。巡目が進み 索子 を ツモ します。そうすると手牌は、筒子索子索子 となります。

ここで、カンチャン待ち からより待ちの多い リャンメン待ち にするため、 索子 を切り出し、両面塔子 索子索子 にして 索子索子 のリャンメン待ち にします。このリャンメン待ちの 索子索子 は 切り出された 索子 の隣の牌である 索子 から成る スジ となります。つまり 裏スジ です。

このように、カンチャン待ち から リャンメン待ち に切り替わる際に、押し出された牌の隣の牌から成る スジ=裏スジ は、リャンメン待ち そのものとなるので、危険牌と考えることが出来ます。

序盤や中盤にかけての牌の整理や カンチャン待ち から リャンメン待ち への切り替わり、これらによって切り出された牌の隣の牌から成るスジは危険と考える、これが 裏スジ のメカニズムです。裏スジも同色数牌のリャンメン待ちが前提です。この考えを元に危険牌を推測した場合、以下のように推測できます。

裏スジ9種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌残る両面搭子裏スジ=危険牌
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子 残る両面塔子 索子索子 裏スジは 索子索子
危険牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

裏スジ が通用する『捨て牌の例』

以下のような捨て牌の場合
捨て牌
序盤や中盤に数牌が捨てられています。孤立牌であることも考えられますが、両面塔子に対する不要牌の切り出しや、カンチャン待ちからリャンメン待ちの際に捨てられた牌である可能性もあります。

そのように考えた場合、 索子 の裏スジ 索子索子 は危険牌と推測することが出来ます。裏スジは必ずしも危険牌となることはないので、参考程度にしてみると良いでしょう。


8-8. 間4軒(アイダヨンケン)で捨て牌を読む

  • 間4軒で捨て牌を読む:同色数牌リャンメン待ちの対策
  • 通用する捨て牌の特徴:序盤や中盤に捨てられた数牌
  • 捨て牌に数牌、1・6 、 2・7 、 3・8 、 4・9 が出ている=間4軒が使える

間4軒(アイダヨンケン) とは

間4軒 とは、裏スジ が重なったスジのことを指しています。裏スジ を共有する数牌が捨て牌にある場合は、この重なったスジを間4軒と考え、危険牌と推測します。これは、同色の捨て牌の間が4軒(=牌5つ分)あるため、このように言います。
例えば、数牌の[ 2 ]の裏スジは[ 3-6 ]であり、[ 7 ]の裏スジも[ 3-6 ]です。このように同じ裏スジを持つ数牌が捨て牌にある場合に間4軒が出来ます。

  • 間4軒:
    [ 1・6 ]が捨牌にある場合[ 2・5 ]が間4軒
    [ 2・7 ]が捨牌にある場合[ 3・6 ]が間4軒
    [ 3・8 ]が捨牌にある場合[ 4・7 ]が間4軒
    [ 4・9 ]が捨牌にある場合[ 5・8 ]が間4軒

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

間4軒(アイダヨンケン) で危険牌を推測する原理

具体的な例で説明してみます。

他家の手牌に、索子索子索子索子 があるとします。手が進むに連れ、他の部分が伸びてきます(=面子が揃う)。そうした場合、索子索子 が不用となり、切り出されることがあります。[ 2・7 ]が切り出されれば、両面塔子 索子索子 の両面待ち 索子索子 になります。

この 索子索子 は、切り出された 索子 の 裏スジ でもあり、 索子 の 裏スジ でもあります。裏スジ が2つ重なっている状態ですので、間4軒として危険なスジとなります。

しかしながら、索子索子 が切り出されて、間4軒 のスジを持つ 捨牌 が河(ホー)にあったとしても、索子索子 をツモして、既に 索子索子索子 或いは、 索子索子索子 の面子が完成していれば、 索子索子 の間4軒は通ることになります。

間4軒 が危険である原理は 裏スジ の原理と同じです。つまり、序盤や中盤にかけての牌の整理や カンチャン待ち から リャンメン待ち への切り替わり、これらによって切り出された牌の隣の牌から成るスジは危険と考える、ということです。間4軒も同色数牌のリャンメン待ちが前提です。この考えを元に危険牌を推測した場合、以下のように推測できます。

間4軒4種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌残る形間4軒=危険牌
捨牌 索子索子 残る両面塔子
索子索子
間4軒となるスジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子索子 残る両面塔子
索子索子
間4軒となるスジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子索子 残る両面塔子
索子索子
間4軒となるスジは 索子索子
危険牌と推測可能
捨牌 索子索子 残る両面塔子
索子索子
間4軒となるスジは 索子索子
危険牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

間4軒 が通用する『捨て牌の例』

以下のような捨て牌の場合
捨て牌
序盤から中盤にかけて、索子の[ 2 ]と[ 7 ]が捨てられています。この[ 2 ]と[ 7 ]は同じ裏スジを持つ数牌なので、この裏スジ索子の[ 3-6 ]は間4軒のスジとして危険牌と推測されます。間4軒は必ずしも危険牌となることはないので、参考程度にしてみると良いでしょう。


8-9. 跨ぎスジ(マタギスジ)で捨て牌を読む

  • 跨ぎスジで捨て牌を読む:同色数牌リャンメン待ちの対策
  • 通用する捨て牌の特徴:中盤や終盤、立直宣言時に捨てられた数牌
  • 捨て牌に数牌が出ている=跨ぎスジが使える

跨ぎスジ(またぎスジ)とは

跨ぎスジ(またぎスジ)とは、

跨ぎスジ(またぎスジ)とは、ある 捨牌 を跨ぐ スジ のことを言います。例えば、索子 を跨いだ スジ である 索子索子索子索子索子 の 跨ぎスジ です。

跨ぎスジ

跨ぎスジ は他家の捨て牌から危険牌を推測する場合に利用する スジ です。危険牌の推測という意味では 裏スジ や 間4軒 と同じです。

この スジ は、ゲームの中盤や終盤、特に立直宣言時など、局の後半で危険な スジ と考えられる傾向があります。必ずしも 跨ぎスジ が危険であるとは限らないので、裏スジ や 間4軒 の スジ を危険牌として優先し、局の後半で 跨ぎスジ も考慮して捨て牌を読んでみると良いでしょう。

  • 跨ぎスジ7種:
    [ 2 ]が捨牌にある場合[ 1・4 ]が跨ぎスジ
    [ 3 ]が捨牌にある場合[ 1・4 ][ 2・5 ]が跨ぎスジ
    [ 4 ]が捨牌にある場合[ 2・5 ][ 3・6 ]が跨ぎスジ
    [ 5 ]が捨牌にある場合[ 3・6 ][ 4・7 ]が跨ぎスジ
    [ 6 ]が捨牌にある場合[ 4・7 ][ 5・8 ]が跨ぎスジ
    [ 7 ]が捨牌にある場合[ 5・8 ][ 6・9 ]が跨ぎスジ
    [ 8 ]が捨牌にある場合[ 6・9 ]が跨ぎスジ

跨ぎスジは合計7種類あります。[ 1 ]と[ 9 ]の 跨ぎスジ はありません。また、[ 3 ]~[ 7 ]の 跨ぎスジ は左右2牌が 跨ぎスジ となっています。

スジ
捨て牌
スジ
[ 1 ]
[ 2 ]
[ 4 ]
[ 12 ]
[ 3 ]
[ 45 ]
[ 23 ]
[ 4 ]
[ 45 ]
[ 34 ]
[ 5 ]
[ 67 ]
[ 45 ]
[ 6 ]
[ 78 ]
[ 56 ]
[ 7 ]
[ 89 ]
[ 6 ]
[ 8 ]
[ 9 ]

つまり、[ 3 ]~[ 7 ]ではある捨て牌を跨いでいるスジという見方と左右2牌が 跨ぎスジ という見方も可能です。

跨ぎスジで危険牌を推測する原理

具体例で考えてみましょう。

手牌に 索子索子索子 が揃っているとします。この[ 5 5 6 ]は 索子索子 の 両面待ち でもあるし、 索子索子 をアタマにすることもできます。ですので、通常なるべくそのままの形でとっておくと考えるでしょう。

ゲームの進行と共に、他の面子が揃い始めると、索子索子索子索子 を切り出し両面塔子 索子索子 での 索子索子 の両面待ち とする状況が多くあります。このようになると、切り出された 索子 の跨ぎスジである 索子索子 が危険牌となります。

中盤や終盤、立直直前に出された数牌の跨ぎスジは捨て牌読みに活用し、危険牌を予測してみるのも参考になるかもしれませんね。跨ぎスジを考慮して危険牌を推測した場合、以下のように推測できます。

跨ぎスジ7種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌残る形跨ぎスジ=危険牌
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子
跨ぎスジは 索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子索子索子
跨ぎスジは 索子索子索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 索子 残る両面塔子
索子索子
跨ぎスジは 索子索子
で終盤にかけて危険牌成り得る

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

跨ぎスジが通用する『捨て牌の例』

以下のような捨て牌の場合

捨て牌
中盤や立直宣言時に数牌が出ています。中盤の最初に 索子 が捨て牌にありますね。この 跨ぎスジ は、索子索子 です。また、立直宣言牌が 索子 となっています。立直宣言時の数牌の 跨ぎスジ は危険と言われています。索子 の跨ぎスジは、索子索子索子索子 になります。
例の捨て牌から 跨ぎスジ を利用して危険牌を予測する場合、跨ぎスジ=危険牌は 索子索子索子索子索子 になります。
このような場合は、跨ぎスジを利用して捨て牌を読み危険牌を予測することが出来ます。跨ぎスジは必ずしも危険牌となることはないので、参考程度にしてみると良いでしょう。


9. 捨て牌にある字牌の枚数から読む

河(ホー)に同色の字牌が3枚捨てられている場合

例えば、ji2s3枚河(ホー=捨て牌がある場所)に捨てられており、最後の ji2s を自分が持っているとします。この場合、他家は ji2s を1枚も持っていないので、タンキ待ちなどもあり得ません。仮に、 ji2s を捨てたことでロンされる可能性があるのは、役満の国士無双のみです。国士無双の場合は、ヤオチュウハイ が殆ど切られていないはずなので、捨て牌を確認すれば警戒する必要があるか判断できるでしょう。

河(ホー)に同色の字牌が2枚捨てられている場合

例えば、ji3s2枚河に捨てられているとします。この場合に手牌にある ji3s を打牌してロンされる可能性があるのは、他家の西のタンキ待ちの場合になります。

字牌タンキ待ちは比較的和了率(アガる)が高いというデータがあります。同じ種類の字牌が2枚捨て牌に出ているからと言って不要にその牌を切り出すべきではないでしょう。局の終盤では他家が最後の1枚を待っている可能性も十分ありえます。

字牌が河に1枚しかない、或は、1枚もない

もし捨てようとしている字牌が河に1枚しかない、或は、1枚もない場合、そのような字牌は不用意に切ることを避けるべきです。麻雀の中級者以上の人は字牌を上手に使いこなして字牌で待っている可能性も十分高いです。データとして和了率が高いものに字牌のタンキ待ちやシャンポン待ちがあります。テンパイの可能性が高くなる中盤以降の字牌の扱いには十分注意しましょう。


10. 序盤に捨てられた数牌で読む

  • 序盤に捨てられた数牌の外側の牌は安全牌

序盤に切られる数牌は孤立牌

局の序盤に捨てられた数牌の外側の牌は安全牌という考えの視点があります。これは、序盤から捨てられた数牌は孤立牌である可能性があるからです。孤立牌から捨てるというのは麻雀の大切なセオリーの1つでもあります。

例えば、 7 が捨てられている場合は 8 9 が安全牌と推測します。

外側という理由は、内側の牌は切られた牌に絡まない面子の待ち牌になっている可能性があるからです。

数牌は順子(シュンツ)を作り、順子は刻子(コーツ)や槓子(カンツ)よりも伸びやすく作りやすいので、なるべく数牌は取っておくものです。それを序盤から捨てるということは、既に面子を持っているか、そこで面子を伸ばす予定がないという推測が出来ます。

例えば、萬子の 萬子 が序盤から切り出されている場合は、萬子萬子 などがなく、 萬子 が孤立している場合が考えられます。

であれば、 萬子 絡みでの順子を持っている可能性が少ないと考えられるので、両面塔子 萬子萬子 での 萬子萬子 のリャンメン待ちや 萬子萬子 での 萬子萬子 のリャンメン待ち、或いは、萬子萬子 での 萬子 のカンチャン待ちの可能性は低いと考えられます。

この場合、萬子萬子萬子 が絡まない塔子での待ちで利用されている場合がありますので、安全牌と考えられるのは序盤に切り出された数牌の外側の数牌となります。

つまり[ 3 ]が捨てられている場合は、[ 1 2] が安全牌と考えられます。

その他では、[ 2 ] に対しての[ 1 ] 、[ 3 ]に対して[ 1 2 ]、[ 7 ]に対しての[ 8 9]、[ 8 ]に対して[ 9 ]などです。


11. ソバテン

  • ソバテン:立直宣言の牌や直前の数牌の隣の牌とそのスジ牌は危険

隣の牌とそのスジ牌は危険

ソバテン とは、立直宣言時に捨てられた数牌や直前の数牌、これらの数牌の隣の牌とそのスジ牌は危険牌であるという考えのことです。待ち牌が立直宣言牌の傍(ソバ)という意味からきています。ソバ で テンパイ しているということです。

例えば以下のような捨て牌の場合
捨て牌

ソバテン の視点から捨て牌を読むと、リーチ宣言牌 ピンズ の 隣の牌である ピンズピンズ と そのスジ ピンズピンズ ピンズピンズ ピンズピンズ が危険牌と推測されます。

ソバテンを考える

例の捨て牌では、

筒子の ピンズ を切って立直を宣言しています。この筒子の[ 7 ]を切ったということで、想定できるツモやそれによる待ちを考えた場合、ピンズピンズ と手牌にあり、ピンズ をツモしたので、不用な ピンズ を切り ピンズピンズ による ピンズピンズ のリャンメン待ちにしている可能性がある。または、ピンズピンズ と手牌あり、ピンズ をツモしたので、 ピンズピンズ による ピンズピンズ のリャンメン待ちの可能性もあります。
このような推測が可能です。

また、捨てられた数牌の隣の牌から成るスジは、裏スジのことでもあります。

例の捨て牌では序盤からヤオチューハイが切られているので、ピンフ や タンヤオ を狙っている可能性があります。特にピンフの場合はリャンメン待ちが条件なので、スジは危険と考えられます。

ソバテン予想の色々

その他に筒子の7を切っていることによって考えられるケースを紹介します。

  • 手牌 ピンズピンズピンズ をツモ ピンズ切り → ピンズピンズ による ピンズピンズ 待ち
  • 手牌 ピンズピンズピンズ をツモ ピンズ切り → ピンズピンズ による ピンズピンズ 待ち
  • 手牌 ピンズピンズピンズ をツモ ピンズ切り → ピンズピンズ による ピンズピンズ 待ち
  • 手牌 ピンズピンズピンズ をツモ ピンズ切り → ピンズピンズ による ピンズピンズ 待ち
  • 手牌 ピンズピンズピンズ をツモ ピンズ切り → ピンズピンズ による ピンズピンズ 待ち
  • 手牌 ピンズピンズピンズ をツモ ピンズ切り → ピンズピンズ による ピンズピンズ 待ち
  • 手牌 ピンズピンズピンズピンズ切り → ピンズピンズ 待ち


12. まとめ

麻雀には様々なケースがあるため、捨て牌から他家の当たり牌を読むことはなかなか難しい作業です。ですが、捨て牌の偏りから明らかに危険牌や安全牌を読めるヒントが存在する場合もあります。

麻雀で勝つためには振り込みの回避が大切なポイントになりますが、放銃を回避するためには捨て牌を見る・読むことが非常に大切な要素になります。また、捨て牌を見ることで枯渇している牌などを見落とさず、自分の手牌を効率よく揃える手助けにもなります。

捨て牌に意識を向けることで放銃率を下げ、結果1位になる確率を上げることが出来るようになるので、是非、捨て牌の読み方を習得してみて下さい。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



合わせて読みたい関連記事
麻雀 スジ
麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』
裏スジ
裏スジ(裏筋)のすべて!危険牌推測力を上げロン回避
jigoku_photo-141201-002
地獄待ちは字牌で!スジ読みできない優れた待ち方
危険牌
麻雀の危険牌の見分け方!知っておくべき3つのポイント
安牌(安パイ)
安牌(安パイ)は勝負のカギ!注目すべき4つの点
麻雀 壁(カベ)
麻雀の壁で両面待ちを封じる11項目!
人気の記事
麻雀の点数表と覚え方
麻雀 点数表とその覚え方!~5つの流れで暗記~
符計算
麻雀の符計算を知り尽くせ!覚えるコツから早見表まで網羅
麻雀 点数計算
麻雀の点数計算が誰でも簡単に出来るまでの全て!
mahjong-beginners-game
麻雀無料ゲーム厳選11タイトル!
麻雀 入門
麻雀超入門!初めての人が覚える役やルールなど基本知識
点数計算-計算式と早見表
点数計算 計算式と早見表
麻雀 スジ
麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』
麻雀の役 すべて
麻雀の役 条件・出現率・プロの助言 !
麻雀上達
麻雀上達編 ~筋読みや牌効率を学ぼう~
フリテン
フリテンの意味とは?覚えるべき2つの条件と2つの回避方法
新着記事
v7kachinuki
勝ち抜きバトルV7FINAL【2017年1月21日(金)18:00】配信!
photo-mahjong-glossary
【壁牌(ピーパイ)】とは(麻雀用語辞典)
photo-mahjong-glossary
【牌山(ハイヤマ)】とは(麻雀用語辞典)
photo-mahjong-glossary
【王牌(ワンパイ)】とは(麻雀用語辞典)
majan-tetsujin
麻雀の鉄人 挑戦者ASAPIN【2017年1月21日(土)15:00】配信!
photo-mahjong-glossary
【手牌(テハイ)】とは(麻雀用語辞典)
33hououi
第33期鳳凰位決定戦 開幕!【2017年1月21日(土)14:00】配信!
photo-mahjong-glossary
【配牌(ハイパイ)】とは(麻雀用語辞典)
tenpaiqueen2
女流雀士 プロアマNo.1決定戦「てんパイクイーン シーズン2」女流アマ予選1組目【1/20(金)22:00】
photo-mahjong-glossary
【牌(パイ)】とは(麻雀用語辞典)
PR記事
online-slot
オンラインスロットで遊ぼう!一番お得なサイトはどこ?
movie-service-compare
動画配信サービスを比較!自分に合うのはどれ?
osaka-osho
大阪王将の餃子をご家庭で!ビールのお供に!
LINE グラングリッド
LINE グラングリッド スマホの無料ゲームアプリ
エンドライド -X fragments-(iOS Android))
エンドライド スマホの無料ゲームアプリ
img_2482
ダービーインパクト(ダビパク)をやってみた。

最新コメント

編集部麻雀豆腐小三元は小さくない!鳴きのタイミングを心得て大三元を目指せ!
  ご指摘の通り画像に誤りがありました、申し訳ございません。 ... (2016/12/20)
編集部麻雀豆腐麻雀アイドルユニットdora☆doraのかわいすぎるメンバーをご紹介!
 麻雀豆腐編集部です。 麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとう... (2016/12/20)
匿名森山茂和 影の実力者と呼ばれたプロ連盟会長について
 他人に厳しく自分に甘い人間 (2016/12/20)
サラ小三元は小さくない!鳴きのタイミングを心得て大三元を目指せ!
 小三元と三暗刻の複合なのですが 二つしか暗刻できてないよう... (2016/12/19)
セガNET麻雀MJ をやってみた!
 Mjチップでは、なかなか、勝てない。 (2016/12/18)
べたおりおりうち麻雀上達!マジで強い雀王3連覇プロの初心者心得10項目
 しぼるな とゆう 考えは ありませんでした 参考になります♪ (2016/12/17)
麻雀アイドルユニットdora☆doraのかわいすぎるメンバーをご紹介!
 白雪ももかちゃんの写真が別人ですのでしっかりしてください。 (2016/12/15)
編集部麻雀豆腐麻雀の一発でもうイッパツ(1翻)!
 >リーチ宣言者の次の人がアンカンをした場合も消されるので... (2016/12/15)
編集部麻雀豆腐麻雀のベタオリ 初心者に多い勘違い、正しい手順で逃げ切れ!
 麻雀豆腐編集部です。 麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとう... (2016/12/14)
編集部麻雀豆腐【連荘(レンチャン)】 とは (麻雀用語辞典)
 麻雀豆腐編集部です。 麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとう... (2016/12/14)
麻雀豆腐監修プロ雀士
鈴木たろうプロ 鈴木たろう プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第15回 最強位/第8回 野口賞受賞/第9・11・12・13期 雀王 3連覇の快挙/世界麻雀大会2015 2位など
小倉孝プロ 小倉孝 プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第3・4期 雀竜位/第6期 新人王/第7期 雀王 など