サイト内検索

閉じる

古川凱章プロ、死去

【画像は101競技連盟 公式サイト

101競技連盟の創立者であり、麻雀新選組として昭和の麻雀ブームを支えた、麻雀界のパイオニア、古川凱章(ふるかわ がいしょう)プロが2015年12月末に亡くなられたことが、101競技連盟の公式サイトに2016年2月に発表されました。享年77歳。
心よりお悔やみ申し上げます。

古川凱章プロは、阿佐田哲也氏や小島武夫プロと共に麻雀新撰組として、昭和の麻雀ブームを築いた人物です。101競技連盟を設立し、晩年は麻雀プロとして引退していましたが、麻雀界の発展、競技麻雀の向上に多大なる功績を残した人物でした。

古川凱章プロについて

古川凱章プロは、1970年代に小説家の阿佐田哲也氏やミスター麻雀・小島武夫プロと共に、「麻雀新撰組」を結成し、深夜番組『11PM』に出演したり、雑誌などのメディア出演をし、昭和の麻雀ブームを築きました。麻雀新撰組は1974年に解散し、小島武夫プロは日本プロ麻雀連盟を設立、古川凱章プロは連盟に参加せず、1982年に「順位戦101」という団体を設立し。そして、それが前身となって現在の1987年に「101競技連盟」になりました。101競技連盟の特色は、点数でなく順位を重視した考えの麻雀で、なおかつ競技性を高めたルールで一発や海底、河底などの偶然役がなく、また、裏ドラや槓ドラもありません。また、古川凱章は101競技連盟の運営と並行して一時は「近代麻雀」の編集長を務めました。

関連記事

101競技連盟からの発表

一般社団法人日本麻雀101競技連盟理事 古川 凱章 儀
 本年1月77歳にて永眠いたしました
 ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご通知申し上げます
 なお葬儀はご親族にて行われました
 ご親族の意向により弔問はご遠慮願っております
 後日、「古川凱章先生を送る会」を開く予定です
101競技連盟公式サイトより抜粋

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。
著作権は作者及び出版社に帰属しています。


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
麻雀豆腐編集部

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



皆さまからのコメントと麻雀豆腐編集部からの返信!

  1. hiroaki より:

    古川さんが亡くなったことを、今日ある方の手紙で知りました。

    古川さんには個人的にも大変お世話になり、私の結婚式にも
    出席して頂きました。

    古川さんのご冥福を祈ります。

    • 編集部麻雀豆腐 より:

      麻雀豆腐編集部です。
      麻雀豆腐サイトのご利用誠にありがとうございます!

      >古川さんが亡くなったことを、今日ある方の手紙で知りました。

      胸中お察しいたします。
      心よりご冥福をお祈りいたします。