• 錦江荘(きんこうそう)
  • 銀座花サロン
  • 「麻雀白鷺(しらさぎ)」と「ニュー新橋クラブ」
  • 麻雀ゲーム
  • べガス好き集まれ!!
  • 無料アプリ・無料ゲーム
>
>
本記事

ポーカーのルール 覚えるべき基本用語やゲームの流れ

ポーカーには様々なルールがありますが、ここではポーカーを覚える為に必要な共通の基本用語やゲームの流れ、そしてメジャーな3つのルールの違いについて解説します。

目次

ポーカーとは

ポーカーとはトランプを使ったカードゲームで、コントラクトブリッジ、ジン・ラミーと並ぶ世界三大カードゲームの一つと言われています。19世紀から20世紀にかけてカジノゲームとして広まり、主に欧米のカジノやオンラインカジノで盛んにプレーされています。

ポーカーは各プレーヤーが配られたカードでハンド(役)を作り、その強さを競います。単純に強さを競うだけではなく、時にはブラフ(はったり)で相手をフォールド(勝負から降りる)させるなどの駆け引きをするなど、心理戦がとても重要なゲームです。無表情のことをポーカーフェイスなどと言いますが、これはポーカーで相手に心理を読まれないよう、無表情でいることから来ています。

ポーカーの勝者とは

ポーカーは参加しているプレイヤー同士でチップの取り合いをするゲームです。一度の対戦でどれだけチップを賭けるかはプレーヤーが決定します(ただし最低掛け金の決まりはあり)。ですので、勝ち負けの数はそれほど重要ではなく、少ない勝ち数でも多くのチップを獲得できたプレーヤーが最終的な勝利者となります。

ポーカーの基本ルール

ポーカーには様々な種類があり、細かなルールの違いなどを含むと100種を超えるとも言われています。これほど多彩なルールがあるポーカーですが、大きくは3つの系統に分類されます。

  • ドロー・ポーカー(クローズド・ポーカー)
  • スタッド・ポーカー
  • フロップ・ポーカー

この3つのルールは後ほど紹介しますが、その前にまずはルールを覚える為に必要な共通する基本用語やゲームの流れを紹介します。

ポーカーの基本用語

ハンド
1)プレイヤーにカードが配られるところから、勝負の決着がつくまでの間のこと。分かり易く言うと、1回のゲームの単位。

2)プレイヤーに配られる手札、またはその手札で作られる役のこと。

カジノチップ
コインの形状をした用具。カジノのテーブルゲームでは、現金の代わりにカジノチップを賭けて勝負が行われる。単にチップと言うことが多い。
デック
ゲームで使用するカード(トランプ)のセットのこと。カード52枚(ジョーカーがあれば53枚)で1デック。
スート
トランプの柄のこと。スペード、ハート、ダイヤ、クローバーの4種類。
ホールカード
プレイヤーが持っているカード(手札)のこと。
コミュニティーカード
テーブル上に公開される全プレイヤーが共通して使用するカードことで、フロップポーカーにおいて使用される。
ディーラー
カジノの従業員であるカジノディーラーのこと。ゲームの進行役で勝負には介入しない。
ボタン
フロップポーカーなどでプレイヤーの一人に割り当てられるポジション。プレイする順番が一番最後になるので最も有利と言われる。目印としてそのプレイヤーの席に「Dealer」と書かれたボタン状の用具が置かれる。
アンティ
ゲームへの参加料。アンティを必要とするルールと必要としないルールがある。
ブラインド
ゲーム開始時に一度だけ行われる強制ベット(チップを賭けること)。ボタンの左側のプレイヤーをSB(スモールブラインド)、更にその左側のプレイヤーを(ビッグブラインド)と呼び、その2人のプレイヤ―はテーブル毎に決められている額のチップをベットしなければならない。
ベッティングラウンド
プレイヤーが勝負の判断をするターンのこと。ボタンのプレイヤーが最後になるように、各プレイヤーが時計回りで「ベット(チップを賭ける)」や「フォールド(ゲームを降りる)」などのアクションを行う。ルールによってベッティングラウンドの回数は異なる。
ベット
チップを賭けること。
コール
直前のプレイヤーと同じ額をベットすること。
レイズ
直前のプレイヤーのベット額よりも多くのチップをベットすること。倍額以上と決められている場合が多い。
リレイズ
そのラウンドで2回目以降のレイズのこと。リレイズの場合、直前のプレイヤーのベット額に前回のレイズで上乗せした金額以上をベットする。

※計算が面倒な場合は、レイズ同様に直前のベット額の倍以上をベットすれば問題ありません。

オールイン
手持ちのチップ全額を賭けること。
チェック
ベットをせずに次のプレイヤーに回す(パスする)こと。ただし、そのラウンドで誰もベットをしていない場合のみ可能。
フォールド
ベットをせずにゲームから降りること。それまでベットしたチップは没収される。
ドロー
ドローポーカーにおいて、任意の枚数の手札を新しいカードと交換すること。
ポット
ベットされたチップを集めて置いておく場所。ディーラーがチップを集めて管理します。

ショーダウン
ゲームの最後にプレイヤーが手札を公開して勝敗を確認するターン。

基本的なゲームの流れ

下記の流れを見るとカードが配られるまでの手順が長く複雑に感じるかもしれませんが、定められた手順に沿ってディーラーが進行し自動的に進んでいきます。

  1. 1 プレイするテーブルを選択する

    まず、プレイをするテーブルを選択します。テーブルを選択する基準は、掛け金のレートとリミット(掛け金の限度額)です。レートは「$50/$100」や「$25/$50/$100」などと表記されているのでよく確認してください。

    「$50/$100」の場合は、$50がSB(スモールブライド)、$100がBB(ビッグブラインド)という意味で、SBはそのハンド(ゲーム)において一番最初のベットの最低掛け金、BBはそれ以降のベットの最低掛け金となります。

    「$25/$50/$100」の場合は、$25がアンティ(参加費)で$50と$100は上記と同様です。

    リミット(掛け金の限度額)は、主に「ノーリミット」「フィックスド・リミット」「ポット・リミット」の3つがあります。詳しくは後ほど解説しますが、初心者は上限が固定されている「フィックスド・リミット」を選択することをお勧めします。
    自分に合ったレートとリミットのテーブルを選んだら着席しましょう。席が空いていればそこに座ってしまってOKです。他のプレイヤーがプレイ中に着席した場合は、そのハンド(ゲーム)が終わるまで待ちます。

  2. 2 アンティ(参加費)を支払う

    アンティがあるルールの場合は、テーブルの上の「Ante」書かれた場所に決められた額のチップを置きます。

    アンティが無いルール(テキサスホールデムなど)では、この手順はありません。

  3. 3 ボタンのプレイヤーを決める

    各プレイヤーにカードが1枚ずつ配られ、一番大きい数字のカードを持ったプレイヤーがボタンとなります。

    数字が同じ場合はスート(柄)の強弱で決まります。スートの強さはスペード>ハート>ダイヤ>クラブです。

    ボタンは一度決めたら次のハンド(ゲーム)からは、時計回りで持ち回りとなります。また、ボタンを定めないルール(スタッドポーカーなど)では、この手順はありません。

  4. 4 ブラインド(強制ベット)

    ブラインドがあるルールの場合、SBとBBが定められた額のチップをテーブルに置きベットします。

    ブラインドが無いルールでは、この手順はありません。

  5. 5 カードを配る

    ディーラーが時計回りにカードを配ります。配られるカードの枚数はルールによって異なります。

    ポーカーには様々なルールがありますが、カードの配り方が一番大きな違いになります。配り方によってゲーム性が大きく変わるので、この後の項目で主だったルールのカードの配り方を解説します。

  6. 6 ベッティングラウンド

    ここからが本番です。プレイヤーは配られたカード見て勝負の判断を下し、アクション(ベットをする、降りるなど)を起こします。時計回りで順番にアクションを起こしますが、順番はルールによって異なるので各ルールを確認してください。

    アクションは基本的にどのルールでも変わらないので、しっかりと覚えましょう。基本的には、「チップを賭ける」「パスをする」「降りる」の3パターンです。「チップを賭ける」を選択した場合、賭けるチップの額によってアクションの名称が変わりますが、特に難しい事はありません。

    • ベット・・・チップを賭ける
    • コール・・・直前のプレイヤーがベットした額と同じ額を賭ける
    • レイズ・・・直前のプレイヤーがベットした額の倍額以上を賭ける
    • オールイン・・・持っているチップを全て賭ける
    • チェック・・・何も賭けずにパスをする(そのベッティングラウンド内で誰もベットしていない場合のみ可能)
    • フォールド・・・ゲームを降りる(それまでに賭けたチップは没収)

    全てのプレイヤーが同額のチップをベットした時点でそのベッティングラウンドが終了し、次のベッティングラウンドに移ります。ベッティングラウンドの回数はルールによって異なります。

    なお、ドローポーカーではベッティングラウンドとベッティングの間に何度か(ルールによる)ドロー(カードの交換)が行われます。

  7. 7 ショーダウン

    全てのベッティングラウンドが終わったら、プレイヤーは自分の手札を公開し、勝敗の確認をします。

  8. 8 チップの分配

    勝利したプレイヤーが賭けられたチップを受け取ります。引き分けの場合、チップは分配されます。

  9. 基本的にはどのポーカーでもこの流れは変わりません。では、次にポーカーの種類によって何が変わるのかを解説していきます。

    オールインとサイドポット

    ベッティングラウンドで勝負するにはベットかコール、またはレイズをする必要があります。しかし手持ちのチップが少なく、レイズどころかベットやコールも出来ない場合もあります。そんな時は フォールド しなければならないのでしょうか?

    答えはノーです。チップは足りないが勝負はしたい、そんな時に取れるアクションが オールイン です。 オールイン とは文字通り全てのチップを ベット することを意味します。

    コールをするには$500が必要だが手持ちのチップが$400しかない、そんな時でも手持ちの$400を オールイン すれば勝負に参加することができます。

    オールインをすると手持ちのチップが全てポットに入るので、そのプレイヤーは ショーダウン まで勝負を見守ることになります。

    しかし、 そこで使用するのがサイドポットです。サイドポットでチップを管理することで、公平にチップを分配できるようになります。

    オールインのプレイヤーが勝利したら

    オールインをしたプレイヤーは他のプレイヤーよりも少ない額で勝負しているので、全てのチップを獲得すると不公平が生じてしまいます。ですので、オールインをしたプレイヤーが勝った場合、オールインでベットした額に対する配当のみの獲得となります。

    ポットの内訳
    Aさん・・・$1000
    Bさん・・・$400(オールイン)
    Cさん・・・$1000

    この例ではポットには$2400がありますが、オールインをしたBさんが勝利した場合、Bさん自身がベットした$400と、AさんとCさんからそれぞれ$400で計$1200のみの獲得となります。差額はAさんとBさんそれぞれに返還されます。

    サイドポット

    複数のプレイヤーが オールイン をした場合、チップの管理が少々ややこしくなります。その際に使われるのが、サイドポットです。例えば、3人でプレイをていて、その内の2人がオールインをしたとしましょう。

    Aさんのベットに対して、Bさんが$100でオールイン、続くCさんは$150でオールインをしました。

    Aさん・・・$200
    Bさん・・・$100(オールイン)
    Cさん・・・$150(オールイン)

    この場合、メインのポットには下記の様にチップが置かれます。一番額の小さいBさんのベット額に合わせます。

    メインポット
    Aさん・・・$100
    Bさん・・・$100
    Cさん・・・$100

    そうすると、Aさんは$100、Cさんは$50余ってしまいます。そこで使用するのがサイドポットです。サイドポットにはオールインをしたCさんの額に合わせて下記の様になります。Bさんのチップは全てメインポットにあるので、サイドポットにはありません。

    サイドポット
    Aさん・・・$50
    Bさん・・・$0
    Cさん・・・$50

    ここで気になるのはAさんのチップの余りの$50ですが、この余りの$50はAさんに返還されます。このようにサイドポットで オールイン のチップを管理するのですが、配当はどうなるのでしょうか?

    Aさんが勝った場合
    メインポットとサイドポットの総取りとなります。

    Bさんが勝った場合
    Bさんは オールイン で$100しかベットしていないので、メインポットのみの獲得となります。サイドポットのチップはAさんとCさんのどちらか勝った方が獲得します。

    Cさんが勝った場合
    Cさんも オールイン をしていますが、Aさんには余りの$50が返還されており、結果としてAさんと同額をベットしたことになるので、メインポットとサイドポットの総取りとなります。

    主なポーカーの種類とルールの違い

    左記にも述べましたが、ポーカーは大きく3つの系統に分類されます。

    • ドロー・ポーカー(クローズド・ポーカー)
    • スタッド・ポーカー
    • フロップ・ポーカー

    これら大きな違いはプレイヤーへのカードの配り方にあります。どのポーカーでも基本的な役は同じで、強い役を作って勝負をするというところは変わりません。ですが、カードの配り方によって戦略やゲーム性などが大きく異なってきます。

    ドローポーカー

    3つの中で一番古くからあるルールで、世界的にはあまりプレイされていません。カードは全て伏せられた状態で配られ、相手のカードは一切見る事ができません。特徴は、ベッティングラウンドとベッティングラウンドの間にホールカードの交換ができることです。

    主なドローポーカー
    • ファイブカード・ドロー
    • デューストゥ セブン
    • バドージ(バドゥーギ)

    代表的なドローポーカーであるファイブカード・ドローを例にして説明します。

    ファイブカード・ドローでは各プレイヤーに5枚ずつカードが配られます。カードの公開や追加はありません。その代わり、1回目のベッティングラウンドが終わると、ホールカードを交換することができます。交換は1度だけですが、何枚しても構いません。もちろん交換しなくても構いません。

    各ベッティングラウンドで配られるカードは下記の通りです。

    最初のベッティングラウンド

    各プレイヤーに5枚ずつカードが配られます。カードは全て伏せられた状態で、自分のカードしか見る事ができません。

    ドロー

    最初のベッティングラウンドが終わった時点でドロー(カードの交換)をすることができます。

    2回目(最後)のベッティングラウンド

    カードは配られません、ドローをした結果でどのアクションを起こすかの判断をします。

    ショーダウン

    ホールカード5枚で勝負します。

    とてもシンプルですが、相手プレイヤーの情報は「何枚ドローしたか」しかないので、駆け引きよりもギャンブル要素の方が大きくなります。

    デューストゥ セブンやバドージ(バドゥーギ)もドローポーカーですが、より弱いハンド(役)のプレイヤーが勝利するという変わったルールになります。

    ファイブカードドローの詳しいルールは下記の記事をご覧ください!

    関連記事

    スタッドポーカー

    スタッドポーカーはホールカード(手札)の一部を他のプレイヤーに公開するタイプのポーカーです。

    主なスタッドポーカー
    • セブンカード・スタッド
    • ファイブカード・スタッド

    代表的なスタッドポーカーであるセブンカード・スタッドを例にして説明します。

    セブンスタッドポーカーでは、まず各プレイヤーに3枚ずつカードが配られます。その際、3枚目のカードは表向きに配られ、全プレイヤーに公開されます。その3枚目のカードを3rdストリートと呼びます。

    公開されたカードは自分のみが使用することができます。フロップポーカーとは異なり、プレイヤーが共通で使うコミュニティーカードはありません。

    その後、ベッティングラウンドが進むたびに新しいカードが表向きに配られ、最終的には各プレイヤーに7枚のカードが配られます。なお、最後の7枚目のカードは伏せた状態で配られ、そのカードを7thストリートと呼びます。途中のラウンドでフォールド(ゲームを降りる)したプレイヤーにはそれ以降カードは配られません。

    各ベッティングラウンドで配られるカードは下記の通りです。

    最初のベッティングラウンド

    各プレイヤーに3枚ずつカードが配られます。この際、3枚目のカード(3rdストリート)は表向きで配られます。

    2回目~4回目のベッティングラウンド

    各ラウンドで追加のカードが表向きに1枚ずつ配られます。それぞれのカードを、4thストリート、5thストリート、6thストリートと呼びます。

    5回目(最後)のベッティングラウンド

    各プレイヤーに追加のカードが伏せた状態で1枚ずつ配られます。この7枚目のカードを7thストリートと呼びます。

    ショーダウン

    五度目のベッティングラウンドが終了したらショーダウンです。プレイヤーは自身に配られた7枚のカード中から最も強い組み合わせとなる5枚を選択し勝負します。


    プレイヤーはお互いにカードの一部を見る事ができるので、ドローポーカーと比較すると駆け引きの要素が多くなります。

    ファイブカード・スタッドは基本的にセブンカード・スタッドと同じですが、各プレイヤーに配られるカードは計5枚です。また、最初に配られるカードは2枚で2枚目のカードが表向きになります。そして、最後に配られるカード5thも表向きなので、5枚中4枚が表向きに配られることになります。

    セブンカードスタッドの詳しいルールは下記の記事をご覧ください!

    関連記事

    フロップポーカー

    フロップポーカーは世界的に一番人気のルールで、現在のポーカーの主流となっています。一番の特徴はホールカード(プレイヤーの手札)の他にコミュニティーカードと呼ばれる全プレイヤーが共通で使用するカードがあるところです。

    主なフロップポーカー
    • テキサスホールデム
    • オマハ

    代表的なフロップポーカーであるテキサスホールデムを例にして説明します。

    テキサスホールデムでは、ホールカードが2枚、コミュニティーカードが最大で5枚公開されます。コミュニティーカードは3回に分けて公開され、最初に公開される3枚を「フロップ」、次に追加される1枚を「ターン」、最後に追加される1枚を「リバー」と呼びます。

    各ベッティングラウンドで配られるカードは下記の通りです。

    最初のベッティングラウンド

    各プレイヤーに2枚のホールカードのみが配られます。この段階ではコミュニティーカードは無いので、この2枚のみで勝負の判断を行います。

    2回目のベッティングラウンド

    テーブルの中央に3枚のコミュニティーカード(フロップ)が公開されます。

    3回目~4回目(最後)のベッティングラウンド

    各ラウンドでコミュニティーカードが1枚ずつ追加されます。それぞれのカードを「ターン」「リバー」と呼びます。

    ショーダウン

    4回目のベッティングラウンドが終了したらショーダウンです。プレイヤーはホールカード(手札)の2枚とコミュニティーカードの(最大)5枚の計7枚のカードで一番強い役となる5枚を選択して勝負をします。

    全プレイヤーが共通して使用するカードが5枚もあるということは、似たような役で接戦になる可能性が高くなり、高度な駆け引きが必要になります。そこがフロップポーカーの醍醐味であり、人気の理由でもあります。

    代表的なフロップポーカーには「オハマ」というルールもあります。テキサスホールデムとの違いは、最初に配られるホールカード(手札)が4枚になること、そして、役を作る際に必ずホールカードから2枚、コミュニティーカードから3枚を選択しなければならないということです。

    テキサスホールデムの詳しいルールは下記の記事をご覧ください!

    関連記事

    リミット

    リミットとはベットやレイズをする際の金額の上限のことを言います。上限の決め方は、「ノーリミット」「フィックスド・リミット」「ポット・リミット」などがあり、各テーブルでどれを採用するかが決められています。

    ただし、テーブルステークスというルールがあるので、どのリミットルールでも手持ちのチップを超える金額を賭けることはできません。

    テーブルステークス(Table Stakes)
    ハンド(ゲーム)開始の時点でテーブル上にあるチップを超える金額を賭けることができないというルール。途中でチップを追加購入したり、外部から持ち込んだりすることが許されません。逆に席を立つまではテーブル上のチップをしまうことも許されません。

    ノーリミット(No Limit)

    上限なしのルールです。チップをいくらでも賭けることができます。ただし、テーブルステークスのルールがあるので、その時の手持ちのチップの範囲に限ります。現在の標準的なルールです。

    フィックスド・リミット(Fixed Limit)

    固定リミットとも言います。予め定められた金額でしかベットやレイズができません。また、レイズの回数も上限が決められています。「3レイズまで」の条件の場合、同一ラウンド内では3回までしかレイズできません。

    ベットやレイズの額は、一般的に前半のベッティングラウンドではBBの額、後半のベッティングラウンドではBBの2倍の額となります。「$50(SB)/$100(BB)」のテーブルの場合、前半は$100、後半は$200です。

    前半でのベットとレイズの例

    ベット($100)→1回目のレイズ($200)→2回目のレイズ($300)→3回目のレイズ($400)

    後半でのベットとレイズの例

    ベット($200)→1回目のレイズ($400)→2回目のレイズ($600)→3回目のレイズ($800)

    大きく儲けるのには向いていませんが、逆に大損する確率も低くなるので、初心者にはお勧めのルールです。

    ポット・リミット(Pot Limit)

    ポット・リミットは、BBの額~ポット内の合計額の範囲内であれば幾らでもベットやレイズができるルールです。レイズする際は、自分がコールするのに必要な額もポットに入っているものとみなして、レイズの金額に加えることができます。

    ポットリミットでのレイズの例

    Aさん:ベット($100)→Bさん:コール($100)→Cさん:レイズ($300)→Dさん:コール($300)→Eさん:レイズ($1100)

    分かりにくいので、解説します。

    AさんがBBの額である$100をベットし、次のBさんがコール(同額のベット)しました。この時点でポットの額は$200です。

    レイズするプレイヤーは、自分がコールするのに必要な額もポットに入っているものとみなすことができるので、Cさんのコールに必要な額である$100とポット内の$200を足した$300でレイズすることができます。この時点で、ポット内は$200+$300=$500になります。

    次にDさんが$300をコールしたので、ポット内は$500+$300=$800となります。

    次にEさんがコールをするのに$300が必要になるので、その$300をポットに入っているとみなし、ポット内の$800とコールに必要な$300を足して、$1100でレイズをすることができます。

    尚、上記は上限額いっぱいでリミットした例です。レイズは直前のベットの倍額から可能です。

    ポーカーの役

    ポーカーの役はカードの数字やスート(柄)の組み合わせで決まります。以下、強い順に役を紹介します。

    ストレート・フラッシュ

    連続した数字で同じスートの5枚のカード。

    • ストレート・フラッシュ同士の場合は、最もランクが高いカードを持つプレイヤーが勝者となります。
    • 最も強いストレート・フラッシュは同じスートの A-K-Q-J-10 で、ロイヤル・フラッシュと呼びます。

    フォーカード

    同じランクのカード4枚と、1枚のサイドカード (「キッカー」と呼ぶ)。

    • フォーカード同士の場合は、同じランクのカード4枚のランクが最も高いプレイヤーが勝者となります。
    • コミュニティカード・ゲームで同じフォーカード同士の場合は、5枚目のカード (「キッカー」) のランクが高い方が勝ちます。

    フルハウス

    同じランクのカード3枚と、それとは別の同じランクのカード2枚。

    • フルハウス同士の場合は、3枚1組のカードのランクが最も高いプレイヤーがポットを獲得します。
    • コミュニティカード・ゲームでは、3枚1組のカードのランクが同じ場合は2枚1組のカードのランクが最も高い方が勝ちます。

    フラッシュ

    同じスートの5枚のカード。

    • フラッシュ同士の場合は、最もランクが高いカードを持つプレイヤーが勝者となります。
    • 必要に応じてランクが 2番目、3番目、4番目、5番目に高いカードを比較して勝者を決定します。
    • 5枚のカード全部が同じランクの場合はポットを分け合います。
    • ポーカーで勝者の決定にスートを使用することはありません。

    ストレート

    連続した数字の 5 枚のカード。

    • ストレート同士の場合は、最もランクが高いカードを持つプレイヤーが勝者となります。
    • エースに限りランクが一番上または一番下のカードとして使用できます。
    • 最も強いストレートは A-K-Q-J-T (エース・ハイ)、最も弱いストレートは 5-4-3-2-A (ファイブ・ハイ) です。

    スリーカード

    同じランクのカード3枚と、ランクの異なる2枚のサイドカード。

    • スリーカード同士の場合は、3枚1組のカードのランクが最も高いプレイヤーが勝者となります。
    • コミュニティカード・ゲームでは、スリーカードのランクが同じ場合、最もランクが高いサイドカードがある方が勝ちます。
    • 必要に応じて、ランクが2番目に高いサイドカードを比較して勝者を決定します。

    ツーペア

    同じランクのカード2枚1組が2組と、1枚のサイドカード。

    • ツーペア同士の場合は、最もランクが高いペアを持つプレイヤーが勝者となります。
    • 最もランクが高いペアが同じ場合は、もう1つのペアを比較して最もランクが高い方が勝ちます。
    • 両方のペアがまったく同じ場合は、最もランクが高いサイドカードがある方が勝ちます。

    ワンペア

    同じランクのカード 2 枚と、ランクの異なる 3 枚のサイドカード。

    • ワンペア同士の場合は、最もランクが高いペアを持つプレイヤーが勝者となります。
    • ペアのランクが同じ場合は、最もランクが高いサイドカードがある方が勝ちます。
    • 必要に応じてランクが2番目、3番目に高いサイドカードを比較して勝者を決定します。

    ハイカード

    上記のどれにも当てはまらない場合。

    • ハイカード同士の場合は、最もランクが高いカードを持つプレイヤーが勝者となります。
    • 必要に応じてランクが2番目、3番目、4番目、5番目に高いカードを比較して勝者を決定します。
    麻雀豆腐編集部

    関連タグ

    皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



人気の記事
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
麻雀 入門
麻雀ルール入門!初心者が覚えるべき基本知識
符計算
麻雀の符計算を知り尽くせ!覚えるコツから早見表まで網羅
点数計算 計算式と早見表
麻雀無料ゲーム厳選12タイトル!
麻雀 スジ
麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』
麻雀の役 成立ルールと狙い方
『役満一覧』ローカル、ダブルも網羅した大全集!
麻雀上達編 ~筋読みや牌効率を学ぼう~
麻雀 点数計算
麻雀の点数計算が誰でも簡単に出来るまでの全て!
新コンテンツ カジノゲーム
ブラックジャックの21+3?サイドベットを攻略せよ!
激高還元あり!ブラックジャックの種類を極める!
【 ベット 】ポーカーの基本アクション
ポンツーンは超攻撃的カジノゲーム!【ブラックジャック】
【 オールイン 】ポーカーの基本アクション
高還元率!!ブラックジャックスイッチを覚えよう!
【 チェック 】ポーカーの基本アクション
エースを知らなきゃ絶対勝てない!【ブラックジャック】
カジノ
カジノゲームのルールや用語を覚えて勝利の戦術を構築!
【 フォールド 】ポーカーの基本アクション
麻雀豆腐監修プロ雀士
鈴木たろうプロ 鈴木たろう プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第15回 最強位/第8回 野口賞受賞/第9・11・12・13期 雀王 3連覇の快挙/世界麻雀大会2015 2位など
小倉孝プロ 小倉孝 プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第3・4期 雀竜位/第6期 新人王/第7期 雀王 など