• 錦江荘(きんこうそう)
  • 銀座花サロン
  • 「麻雀白鷺(しらさぎ)」と「ニュー新橋クラブ」
  • 麻雀ゲーム
  • べガス好き集まれ!!
  • 無料アプリ・無料ゲーム

ベガス好き、集まれ! 更新日: 2018年11月8日

【ベガス好き、集まれ】アメリカズ・ガット・タレント優勝者がラスベガスでパフォーマンス!

【写真はLas Vegas Review Journal
私が最近よく観るテレビ番組で「アメリカズ・ガッタ・タレント」というのがある。素人さんの芸をご披露するバラエティショーだ。日本でテレビ番組を見ると、バラエティ番組ばかりやっているような気がする。お笑いのコンビがひっきりなしにテレビにでまくっている。アメリカのテレビ番組では、日本のようなバラエティはなかなか見つからない。強いて言えば、中南米からの移民の為のスペイン語放送チャンネルでは、日本に似たバラエティが成立するようで、度々目にする事がある。アメリカでは、バラエティと言えば、夜遅くにやっているトークショーやリアリティ・シリーズの類である。トークショーとは、一人のホストが一人ずつのゲストを呼んで話をする形態のもので、その昔日本でもあった、「笑って、いいとも」のゲストが次のゲストを呼んで、近況をタモリさんと話あうのに似ている。リアリティシリーズは、素人さんが何かの特技を競い合ったり、他人同士が同じ部屋で生活して、その一部始終を放送する番組である。日本でも、最近人気になっていると聞いている。「アメリカズ・ガッタ・タレント」は、素人さんが其々の特技を番組で披露し、4人の審査員が評価して毎週勝ち抜いていくものである。本年度のチャンピオンは、マスター・オブ・マジックのシン・リム氏であった。彼は、「アメリカズ・ガッタ・タレント・ライブ!」のタイトルでラスベガスはパリス・カジノ内のシアターで行われるショーにてパフォーマンスを披露することになった。
シン・リム氏以前にもアメリカズ・ガッタ・タレントのチャンピオンになったマット・フランクコ氏がマジシャンとして、ラスベガスでショーをやっている。私もマット・フランコ氏のマジックショーを鑑賞させていただいたことがあるが、今まで見たことのない新しいトリックが目白押しだった。これはお薦めする。言葉の壁がないマジックショーは外国人のお客にも受ける。ランス・バートン氏が長いあいだマジックショーをやっていたが、8年程前に引退してしまってから、ラスベガス大通りにあるカジノでのマジックショーは、マット・フランコ氏がリンクで始めるまではパッとしなかった。リム氏のマジックはパリスのシアターではまだ見たことないが、テレビでは見たことがある。とても面白い。きっと、パリスでも大成功することが期待できる。しかし、ベガスでのショーの成功は、マーケティングの良し悪しがかなり左右するので、是非ともそちらの方も頑張って欲しいものである。

リム氏は若い頃からデービッド・カッパーフィールドやランス・バートンの影響を受けたといっている。空中に浮かんでみたり、箱の中から脱出したり、女性をどこかから居なくなるようにしたり、物を「消す」マジックではなく、最もスキル的に何度がある、物が「現れる」マジックを得意とするリム氏である。

コンサート・ピアニストになることを目標に努力していたが、腱鞘炎の酷いものを患ってしまい、幸か不幸か、スターマジシャンになれた。「マジックを始めた本当の理由は、皆から注目を集めることができ、ガールフレンドができると思ったから。その結果は?彼女はそこにいますよ」。

マット・フランコ氏のマジックショーは、今までにない新しい出し物満載のとても素晴らしいショーです。皆さんにお勧めです。
シン・リム氏のマジックもテレビで見ている限り、ショー要素が高く、ラスベガスでも大反響があると自信をもって言えます。期待の新しいショーです。

関連情報

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。
著作権は作者及び出版社に帰属しています。
麻雀豆腐編集部

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください