• 錦江荘(きんこうそう)
  • 銀座花サロン
  • 「麻雀白鷺(しらさぎ)」と「ニュー新橋クラブ」
  • 麻雀ゲーム
  • べガス好き集まれ!!
  • 無料アプリ・無料ゲーム
>
>
本記事

エースを知らなきゃ絶対勝てない!【ブラックジャック】

ブラックジャックでは、カードを特殊な数え方でカウントします。その最も特殊なカードがA(エース)です。しかも特殊なカウントだけでなく、手持ちのカードとしても強いカードです。その特殊性からAを使いこなすポイントまでをご紹介します!

目次

A(エース)の特徴

ブラックジャックは、プレイヤー・ディーラーの1対1勝負となり、お互いのカードの合計値で競います。合計値で勝負するゲームなので、そのカードがどのように数えられるかということを知ることはとても重要です。むしろ知らないとゲームになりませんね。
いくつか特殊な数え方をするカードがありますが、A(エース)はもっとも特徴的な数え方をします。

特徴

  • Aは状況により1または11とカウントする
  • 10・J・Q・Kとの組み合わせでブラックジャックになる
  • プレイヤーに有利な数え方になる

※ブラックジャッでは、Aと10(J・Q・K含む)組み合わせをブラックジャック、またはナチュラルブラックジャックと呼びます。

※ディーラーのカードは一般的に2枚のうち1枚を表にしてみんなに見えるように配ります。これをアップカードと呼びます。もう1枚は裏面にしたまま誰も見ることができない状態にしておきます。これをホールカードと呼びます。

1または11と数えるとは驚きです。ずいぶん開きがあるように感じます。
状況によりとありますが、基本的にプレイヤーが有利なカウントになると覚えておきましょう。状況の具体的な例は後述します。また、いちいち1か11かどちらのカウントにしたのかなど宣言する必要もありません。

1または11としてカウント

他のカードはどのようなカウントになるのでしょうか。

2~9のカードはそのまま通常通りカウントし、10・J・Q・Kの4種類のカードは10とカウントします。

Aと同様に10・J・Q・Kも特徴的なカウント方法で、すべて「10」と数えます。Aと大きく異なる点が1つあります。それは、10・J・Q・Kは状況によらずいつでも10とカウントする点です。

10・J・Q・Kの絵札はすべて10としてカウント

ここまではAとその他特徴のある数え方のカードです。数字とカウントが違うので少し迷うかもしれませんが、ルールだから覚えるしかありません。

状況ごとのA(エース)の数え方をみてみよう

Aは状況によって数え方が変わります。戦略を考える上でもキーポイントになるので、実際のカードでAのカウントをしっかり確認しましょう。

1と11どちらでも数えられる場合

最初に配られたカード:プレイヤー

プレイヤー・ディーラーともに最初に2枚のカードが配られます。上記は最初にプレイヤーに配られた2枚のカードです。

Aと4のカードが配られた状態ですが、この時点では1でも11でもカウント可能です。

  • 1とした場合:A(1) + 4 = 5
  • 11とした場合:A(11) + 4 = 15

この状態でスタンド(カード追加を終了)すると15とカウントされます。
ヒット(カード追加)を選択した場合をみてみましょう。

ヒットを宣言

追加されたカード

ヒットして引いたカードは4でした。

  • 1とした場合:A(1) + 5 + 4 = 10
  • 11とした場合:A(11) + 5 + 4 = 20

このようになりました。20となればスタンドしてディーラーと勝負しても十分に勝つ確率がある数字です。
最初にAを1と数えると合計値は10となるので、まだまだヒットして合計値を上げていきたいですね。

自動的に決まる場合

続いて、どちらでも数えられるはずのAですが、自動的にどちらにするかきまる場合もあります。

最初に配られたカード:プレイヤー

  • 1とした場合:A(1) + 6 = 7
  • 11とした場合:A(11) + 6 = 17

上記のようになりました。11としてカウントした合計値の17は決して弱い数字ではありませんが、追加でカードを追加してみましょう。

ヒットを宣言

追加されたカード

追加カードは5でした。結果を確認してみましょう。

  • 1とした場合:A(1) + 6 + 5 = 12
  • 11とした場合:A(11) + 6 + 5 = 22

1とカウントした場合の合計値は12ですが、11とすると22となり21を超えてバーストになってしまいます。バーストはプレイヤーの負け確定ですので、この場合のヒットは誤った選択でしょうか。大丈夫です。冒頭で説明した通りどちらでカウントしているか宣言する必要がありません。この場合、Aは1とカウントすることになります。

ですので、自動的に「A(1)+6+5=12」合計値12のハンドが採用されます。

1と11が混在するパターン

連続でヒットを続けているとAを複数引くことがあります。そのときどきの状況によっては1と11両方でカウントするようなハンドになることもあります。

最初に配られたカード:プレイヤー

プレイヤーズハンドはAと7です。

  • 1とした場合:A(1) + 7 = 8
  • 11とした場合:A(11) + 7 = 18

ここまでの数え方は前の例と同じですね。8または18となりました。もちろん、合計値18を良いハンドだと考えてスタンドすることも戦略としては良いですが、ヒットを選んだ場合をみてみましょう。

追加されたカード

強気のヒットで追加したカードはAでした。
1枚目のAを11とカウントした場合、2枚目のAはどのような数え方になるでしょうか。

  • 2枚目のAを1とした場合:A(11) + 7 + A(1) = 19
  • 2枚目のAを11とした場合:A(11) + 7 + A(11) = 29

2枚目のAを1と数えるか11とするかで大きく違いますね。2枚目も11とすると合計値29となりバーストになってしまいます。

  • パターン1:A(1) + 7 + A(11) = 19
  • パターン2:A(11) + 7 + A(1) = 19

上記のように、1枚目2枚目両方とも11としても1としてもここまでの結果は同じです。この時点でスタンドを選択すると2枚のAは1と11の2種類の数え方になっていますね。

合計値19はハンドとしては良い数字ですが、さらにヒットすることも可能です。

再ヒットで追加されたカード

再ヒットでの追加カードは3でした。合計値が19だったので19+3=22でバーストになりそうですがどうでしょう。

  • パターン3:A(1) + 7 + A(1) + 3 = 12

この数え方がありました。
1枚目2枚目どちらとも1と数えれば合計値が12となりバーストを逃れることができました。自動的に両方とも1とカウントするようになります。

ここまで説明した通り、Aを1とするか11とするかはプレイヤーがバーストしない方が自動的に選択され、プレイヤーに有利なカウントで数えることになっています。

最強の組み合わせ

上記3つの例はAを1か11かどちらで数えるかという例でした。続いてはブラックジャックの中で最強の組み合わせとなるAです。

  • Aと10・J・Q・K

※ブラックジャッでは、Aと10(J・Q・K含む)組み合わせをブラックジャック、またはナチュラルブラックジャックと呼びます。

ナチュラルブラックジャックの組み合わせ

最初に配られたカードが上記の組み合わせだった場合、ブラックジャックとなり引き分け以上が確定しプレイヤーの負けは無くなります。
この組み合わせはナチュラルブラックジャックとも呼ばれています。

AとAの組み合わせはスプリットしよう!

Aは特殊な数え方をするカードです。最初に配られたカードがAとAならば、スプリットを選択することが最善と言われています。なぜでしょうか。その答えの前にまずはスプリットを確認しましょう。

スプリット(Split)とは

最初に配られたカードが同数の場合、カードを2つに分けてそれぞれ別のハンドとしてゲームをプレイすることができます。スプリットするには最初に掛けた金額と同額の掛け金が必要となります。

スプリットはペアのカードでしか行うことができません。ですので、AとAであればペアなのでスプリットを選択することができます。では、なぜAとAのペアはスプリットすることが最適解なのでしょうか。それは、ベーシックストラテジーという計算方法で導き出された最適解なのです。

ベーシックストラテジーとは、ブラックジャックの期待値やあらゆる組み合わせを計算して、状況ごとにどのような選択をするのが最適かを導き出すものであり、その最適解をチャートにしてわかりやすくしたのものがベーシックストラテジーチャート(BSチャート)です。

ペアのベーシックストラテジーチャート

AとAのように最初に配られたカードがペアのBSチャートをみてみましょう。

ペア

 

ディーラーのアップカード

プレイヤーズハンド ペア 2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
2+2 P P P P P P H H H H
3+3 P P P P P P H H H H
4+4 H H H P P H H H H H
5+5 D D D D D D D D H H
6+6 P P P P P H H H H H
7+7 P P P P P P H H H H
8+8 P P P P P P P P P P
9+9 P P P P P S P P S S
10+10 S S S S S S S S S S
A+A P P P P P P P P P P

チャートの見方
H ヒット 追加でカードを引く
S スタンド(ステイ) 手元のカード(ハンド)にこれ以上カードを追加しない
D ダブルダウン 掛け金を倍にし追加で3枚目のカードを引くこと
P スプリット 手元のカードを2つに分けて別々のハンドとしてゲームを続行する
R サレンダー 掛け金の半分を捨ててゲームを降りる

プレイヤーズハンド
プレイヤーの手持ちのカード

ディーラーのアップカード
ディーラーの表向きのカード

ハードハンド
2と9、5と4、7と8、10とKなどのように、Aを除いたカードの組み合わせのこと。ハンドにエースが無い組み合わせ。

ソフトハンド
Aと5、Aと8などのように、A(エース)が入った組み合わせのこと。

上記の表がBSチャートです。
プレイヤーズハンドがペアであり、ディーラーのアップカード(表向きのカード)が2~Aのいずれかの時に、どのアクションを選択することが最適かを示した表です。

ご覧の通り、プレイヤーの手持ちのカードが「A+A」のとき、ディーラーのアップカードがどのカードであってもすべてスプリットするように指示されています。

AとAのペアをスプリットせず通常のハンドとして数えた場合、

  • A(1) + A(1) = 2
  • A(1) + A(11) = 12

上記のどちらかの数字となります。ブラックジャックではそのカードの枚数から、12は弱い数字と考えられています。10と数えるカードの枚数が多いためです。その弱いハンドでヒットするよりも、せっかくのペアなのでAとAを別のハンドとしてスプリットする方が得策と言えます。

ただし、AとAのスプリットは超強力なカードとなるため、スプリット後に1回しかヒットできないルールを採用している場合が多いです。事前に確認しましょう。

ソフトハンドはヒットが基本!

まずはソフトハンドのBSチャートをみてみましょう。

ソフトハンド

 

ディーラーのアップカード

プレイヤーズハンド ソフトハンド 2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
A+2 H H H D D H H H H H
A+3 H H H D D H H H H H
A+4 H H D D D H H H H H
A+5 H H D D D H H H H H
A+6 H D D D D H H H H H
A+7 D D D D D S S H H H
A+8 S S S S D S S S S S
A+9 S S S S S S S S S S

Aを絡ませたハンドはソフトハンドと呼ばれています。
上記ソフトハンドのBSチャートを見ると、半分以上がヒットまたはダブルダウンとなっています。

それは、ソフトハンドであれば、次に引くカードがどのカードであってもバーストにならないためです。そのために積極的にヒット(またはダブルダウン)を選択するようになっています。

ベーシックストラテジーをもっと詳しく知りたい方は下記記事を合わせて読んでみよう!

関連記事

ブラックジャック基本ルール用語

最後に、ブラックジャックの基本ルール用語をご紹介します。

① ヒット(Hit)
自分の手持ちのカードに追加でカードを引くことをヒットと呼びます。

② スタンド(Stand,Stay)
手持ちのカード(ハンド)にこれ以上カードを追加せず終了することをスタンドと呼びます。ステイと呼ばれることもあります。

③ ダブルダウン(Double Down)
最初に掛けた掛け金と同額を追加して3枚目のカードを追加することです。また、ダブルダウンを宣言するとヒットは1回のみしか行うことができませんので要注意です。

④ スプリット(Split)
最初に配られたカードが同数の場合、カードを2つに分けてそれぞれ別のハンドとしてゲームをプレイすることができます。最初に掛けた金額と同額の掛け金が必要となります。

⑤ バースト(Bust)
カードの合計値が22以上になることをバーストと呼びます。バーストになった場合、ディーラーのハンドに関係なくプレイヤーは無条件で負けが確定します。

⑥ プッシュ(Push)
プレイヤーとディーラーのカードの合計値が同数で引き分けとなることをプッシュと呼びます。ただし、一般的にディーラーとプレイヤーどちらもバーストした場合はプレイヤーが負けとなります。

⑦ インシュアランス(Insurance)
ディーラーのアップカード(表向きのカード)がA(エース)だった場合に、追加で掛け金の半額を掛けて保険をかけることができます。ディーラーがA+10,J,Q,Kのブラックジャックになった場合、保険的中となり、最初に掛けた金額と同額を獲得できます。

⑧ イーブンマネー
プレイヤーのハンドがブラックジャックの時に、ディーラーもブラックジャックになるかどうか保険を掛けるオプションです。これもインシュランスと同じく条件があります。最初に配られる2枚のカードで、プレイヤーのハンドが21であり、かつディーラーのアップカード(表向きのカード)がA(エース)だった場合、イーブンマネーを宣言することができます。ディーラーがブラックジャックだと保険的中、ブラックジャックにならなければハズレとなります。

関連記事

まとめ

Aの数え方や使い方は勝敗を大きく分けると言っても過言ではありません。

Aがある組み合わせは強力なハンドであり、A+Aのペアは超強力な組み合わせであることがわかりました。Aと10・J・Q・Kの組み合わせが引ければ、負けることはありません。このように、Aは強いカードであり、スプリットやダウブルダウンも絡ませやすいとてもキーとなるカードです。

麻雀豆腐編集部

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



人気の記事
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!
麻雀 入門
麻雀ルール入門!初心者が覚えるべき基本知識
符計算
麻雀の符計算を知り尽くせ!覚えるコツから早見表まで網羅
点数計算 計算式と早見表
嵌張待ち(カンチャン待ち)
麻雀 スジ
麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』
麻雀無料ゲーム厳選12タイトル!
『役満一覧』ローカル、ダブルも網羅した大全集!
麻雀の役 成立ルールと狙い方
麻雀 点数計算
麻雀の点数計算が誰でも簡単に出来るまでの全て!
新コンテンツ カジノゲーム
ブラックジャックの21+3?サイドベットを攻略せよ!
激高還元あり!ブラックジャックの種類を極める!
【 ベット 】ポーカーの基本アクション
ポンツーンは超攻撃的カジノゲーム!【ブラックジャック】
【 オールイン 】ポーカーの基本アクション
高還元率!!ブラックジャックスイッチを覚えよう!
【 チェック 】ポーカーの基本アクション
エースを知らなきゃ絶対勝てない!【ブラックジャック】
カジノ
カジノゲームのルールや用語を覚えて勝利の戦術を構築!
【 フォールド 】ポーカーの基本アクション
麻雀豆腐監修プロ雀士
鈴木たろうプロ 鈴木たろう プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第15回 最強位/第8回 野口賞受賞/第9・11・12・13期 雀王 3連覇の快挙/世界麻雀大会2015 2位など
小倉孝プロ 小倉孝 プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第3・4期 雀竜位/第6期 新人王/第7期 雀王 など