オンラインカジノでの遊戯は、法律で認められた国や地域にて行いましょう。

シンガポールIR、約1,000億円をかけホテルの改修を発表
最終更新:

シンガポールIR、約1,000億円をかけホテルの改修を発表

マリーナ・ベイ・サンズ、ホテル部分の改装工事を発表

日本初の統合型リゾートとなる大阪IRのモデルとなっている、シンガポールIRですが、2つあるIRの内一つ、マリーナ・ベイ・サンズが7億5,000万ドル(約1,124億6,000万円)をかけて2025年までタワー3のホテルスペースを改修する予定であると、ラスベガス・サンズ社が10月18日に第3四半期決算発表時に発表した資料で明らかにしました。

タワー3の約550室を改装する計画は、ホテル全体のリノベーションを行っている"フェーズ2"の一部であり、これは2025年までに完了する予定です。

グループの半期報告書には、マリーナ・ベイ・サンズのタワー1とタワー2の10億ドルのリノベーション計画について触れられていましたが、タワー3の計画については明らかにされていませんでした。

タワー3の改装と同様に、マリナーズ・ベイ・サンズのゲストスペースの改装計画のフェーズ2には、ロビーとVIPエリア、ビル屋上のSkyPark展望台のアメニティの改装も含まれています。

ラスベガス・サンズが発行した資料によると、この全体的なリニューアルは、ゲーミングサービスの強化、ダイニングオプションの追加、その他エンターテイメントの提供などが含まれています。

「このリニューアル計画は、最も有意義なお金の使い方である。将来的には莫大な利益を得ることができるだろう」とラスベガス・サンズの会長兼最高経営責任者であるロバート・ゴールドスタインは、追加開示されたフェーズ2ついてコメントしました。ラスベガス・サンズは、マカオのカジノ運営会社であるサンズ・チャイナの親会社でもあります。

以前、マリナーズ・ベイ・サンズの客室は「広さの観点からも、仕上げの観点からも欠けていた」とゴールドスタイン氏は指摘していました。また、カジノスペースについて、「とても良いとは言えるものではない、我々のビジネスの中では、素晴らしいビルは常に勝ち残り、10年間は勝ち残るものだ」と付け加えました。

改装工事の他に新たなタワー拡張も計画中

改装のフェーズ1にあたる、タワー1と2の改装は、390室のスイーツルームを含む1,300部屋の改装、ゲームスペース、the Paiza Sky Club、高級な飲食と販売サービスの改善が含まれています。

「2023年9月30日現在、我々は約1,200室の客室を改装し、そのうち約300室は新しいスイートルームです」とラスベガス・サンズは述べています。タワー1と2の残りの改装工事は、今年の第4四半期の間に完成する予定です。

フェーズ1と2の改装計画が完了すると、770のスイートルームを含む1,850室のアップグレーとされた客室が利用可能になります。

2019年4月に詳細の一部が発表された、その他の拡張計画によると、スイミングプールやその他のアトラクションを備えた「スカイルーフ」、カンファレンス/ミーティング施設、約15,000席のエンターテイメントアリーナ、高級ショップなどを兼ね備えた全室スイートの「ラグジュアリーホテルタワー」が追加される予定です。

ラスベガス・サンズの社長兼最高執行責任者(COO)であるパトリック・デュモンは、「この計画を開始するために、認証が下りるかどうか次第ですが、それにはおそらく半年から1年ぐらいかかると思います」

「この計画はマーケットの成長を促し、未だかつてないスケールのエンターテイメント施設をシンガポールに持つことが出来ることになります」と述べています。

まとめ

シンガポールのIRは2011年に開業し、比較的新しい市場でありますが、既に大きな成功を収めています。また、カジノだけに特化した施設にならず、リゾート施設として国際的な評価も高く、大阪IRのモデルとなっています。既に人気の高いIRですが、更なる成長を求め、改装、拡大の計画があることが明らかになりました。

参考元:GGRAsia

ここでご紹介している内容は情報の副次的な視点提供を目的として引用しています。

入金不要ボーナスはこちら!
オンラインカジノ 入金不要ボーナス

おすすめのオンラインカジノはこちら!
オンラインカジノ おすすめ

入金ボーナスはこちら!
オンラインカジノ 入金ボーナス

関連タグ