オンラインカジノでの遊戯は、法律で認められた国や地域にて行いましょう。

オンラインカジノのベット額、アジアが一番高額との調査結果
最終更新:

オンラインカジノのベット額、アジアが一番高額との調査結果

SOFTSWISSの調査で、アジアのベットが一番高額だったと明らかに

オンラインカジノとその他ゲーミングプロパイダーへサービスを提供している、SOFTSWISSの調査によると、iGamingにおける高額ベットが、アジアが群を抜いているという事が明らかになりました。しかし、このデータによると、収益創出と財務実績の面で常にトップなのは、ヨーロッパのオンラインゲーム市場となっているそうです。

10月12日に出されたプレスリリースによると、SOFTSWISSは2022年9月から2023年8月までのカジノプラットフォームの顧客プロジェクトのデータを分析したと発表しました。これは、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、ヨーロッパの現在のプレイヤーの特徴を調査するためだと言われています。

この調査の中でSOFTSWISSは、アジアは技術的な進歩と革新性が特徴であり、それは平均的なベット額に表れていると評しています。

このカジノプラットフォームのデータはアジアの平均的なベットが、ヨーロッパの平均値の2.5倍、ラテンアメリカの4倍以上のベットを越えていることを現しています。

しかし、ヨーロッパのアクティブプレイヤーの数は、ラテンアメリカと比較して8倍、アジアと比べて18倍、増加していることが調査の結果明らかになりました。

アジアでは、モバイルベッティングを好むプレイヤーが他の地域と比較して増えており、その数は71.6パーセントになると見られています。他の地域では、ヨーロッパでは68.3パーセント、ラテンアメリカでは69.2パーセントとなっています。

そしてこの3つの地域でSOFTSWISSカジノプラットフォームが提供するゲームでベットをするプレイヤー層は、31歳から40歳の間の年齢層が多いということがわかりました。

女性のプレイヤーが一番多いのはヨーロッパで18.11パーセント、ラテンアメリカもほぼそれと変わらずですが、アジアは6.2パーセントと大幅に少なくなっています。

また、調査によると、アジアのオンライン市場ではスロットゲームが圧倒的に多く、全ゲームの80%以上を占めているということがわかりました。

SOFTSWISSのアジアにおける戦略

このプレスリリースの中でSOFTSWISSのトップであるDarya Avtukhovich氏は、オンラインゲーミングプロバイダーが「効果的な戦略」を立てるためには「地域の特殊性を考慮する」ことが不可欠であると述べています。

「アジアをターゲットにする事業者たちは、伝統的な地域のゲームをポートフォリオに含むべきです。これは、アジアで良く知られているシンボル、例えばドラゴンといったようなものをコンテンツに含めるだけでなく、麻雀などのその地域のプレイヤーがオンラインで親しまれているテーブルゲームを導入するということを含むことを意味します。」とAvtukhovich氏は述べています。

またAvtukhovich氏は「同様に、スポーツベッティングにおいては、人気がある国際的なスポーツと共にムエタイやカバディといった伝統的なスポーツのベットも提供することによって、オンラインカジノの提供を大幅に強化します」と付け加えています。

まとめ

SOFTSWISSの調査では、日本について言及されていませんが、アジア諸国でもオンラインカジノ市場が広がっていることが明らかになりました。SOFTSWISS社はキュラソーに本社を置き、世界11カ国のライセンスを取得しているため、安心して日本からもプレイが出来ます。

参考元:GGRAsia

ここでご紹介している内容は情報の副次的な視点提供を目的として引用しています。

入金不要ボーナスはこちら!

おすすめのオンラインカジノはこちら!

入金ボーナスはこちら!

関連タグ