• 錦江荘(きんこうそう)
  • 銀座花サロン
  • 「麻雀白鷺(しらさぎ)」と「ニュー新橋クラブ」
  • 麻雀ゲーム
  • べガス好き集まれ!!
  • 無料アプリ・無料ゲーム

ベガス好き、集まれ! 更新日: 2018年11月20日

「カジノIR」インドのカジノIR建設計画

【写真はThrillophilia.comより
ヒンドゥー教の信仰では、「魂、宇宙、神のような霊的な問題との関係が、私たちの日常生活の中でどのような人々になるのかというアプローチを定義している」という、非常に重要な概念を基礎にしている。
ギャンブルや賭けは一般にインドでは公的ギャンブル法(1857年)の下で禁止されているが、Goa、Daman、Diu、Sikkimの各州では、カジノを開くことができる。スポーツ賭博、宝くじなども合法的にできるところもある。

デルタ・コープ社(Delta Corp.)は、カジノを運営するインドで唯一の上場企業で、ゴア州に大規模な統合型リゾート(IR)の建設を計画していると発表した。ゴア州の水上カジノを陸上に移転する政策を政府が承認するのであれば、この施設には親水公園、ショッピング・スペース、ならびにコンベンション・センターが備えられる可能性があるという。エコノミック・タイムズ(Economic Times)紙のインタビューの中で、同社会長のモディ氏は、計画する内容と投資の水準は(インド政府の)カジノ政策にかかっていると語っている。この政策はゴア州のカジノに変革をもたらす可能性をもっている。政府は、マーンドビ川(Mandovi)の水上カジノをゴア州の空港付近に移転するための法律の制定を検討しており、これが実現すれば娯楽とギャンブルの拠点を創出するきっかけになり得る。
「この政策は、誰にとっても、すなわち政府にとっても、国民にとっても、業界にとってもウィンウィンの効果をもたらすことになります。そういった意味で、意義深い政策といえるでしょう」と、同氏はインタビューの中で語っている。
デルタ・コープはゴア州に水上カジノを3つ、シッキム州北部に施設を1つ保有しているほか、ダマン・ディーウ連邦直轄領における5つ星リゾートでのカジノの運営について承認待ちの状態である。
また、同社はネパールにも事業を拡大しつつあり、「Adda52」というオンラインによるギャンブルのブランドも所有している。
同社は最近10年間で、複合平均成長率20%~25%を達成しているとモディ氏は語っている。
「今後も私たちがこのようなペースで成長し得ない理由は見当たりません。私たちが取り組むべきビジネスが存在していますので、私たちは今後も成長してゆくだけです。そのためには、自分たちが提供する商品やサービスの刷新を図り、それらのクオリティをトップクラスに維持してゆく必要があります」。同時にモディ氏は、ギャンブルを運営する企業に課されている高い税金について、「常軌を逸した水準」として批判している。
「半合法的な市場であるとか、法の網をかいくぐった市場であるといわれるギャンブルの業界に数十億ドル規模のビジネスが存在していることを政府が認識して適切に課税するのなら、秩序のある部門として確立し、企業が成長するための土壌ができるのです。しかし、そのような業界はすでに出来上がっています。市場はもうそこにあるのです」と、同氏はインタビューの中で語っている。
日本でのIR誘致の話を少々させていただきたい。マレーシアに本拠地を置くリゾート・ワールド社(ゲンティング社)は、クアラルンプール、シンガポール、アメリカ合衆国、イギリスなど、多数のカジノを所有し運営している。中でも、豪華客船の会社も所有しており、勿論その中にあるカジノ施設はリゾート・ワールド社の運営によるものである。前回、シンガポールのセントーサへ行った際、大型クルーズが寄港していた。船から降りてくるアジア系の客が列を作ってセントーサにあるゲンティング・ワールドへ入場していった。そこには、カジノをはじめ、ショッピング、レストラン、ホテル、それにユニバーサル・スタジオがある。もし、リゾート・ワールド社が日本でのカジノIRのマネージメント権利を取れたとすると、自社で運営しているカジノ付き大型クルーズ船舶をシンガポールと同じような営業が出来ると思う。島国である日本のならではあるが、ほぼ全てのIR候補地に港がある。カジノIRが出来た際は、ゲンティング社が営業権を取れなくとも、多くの豪華客船が日本を訪れることになると予想する。

デルタ・コープ社のカジノ事業

ゴア州

DELTIN ROALE(デルティン・ローヤル)

  • 概要
    ・アジアで最大のライブ・オフショアのカジノで、24,000SqFtのゲーミングフロアーである
    ・2013年8月営業開始
  • ゲーミング施設
    ・テーブル・ゲーム118台、スロット60台
    ・インド最大のポーカールーム
    ・4つの独立した超VIPルームとVIPルーム
  • ホテル、レストラン、その他の施設
    ・10,000SqFtのダイニングとエンタメ空間
    ・「Vegas」多国籍メニュー・レストラン
    ・「Whiskys」はシングルモルトが充実したラウンジ
    ・屋上のバー
    ・子供用の遊び場も完備

DELTIN JAQK(デルティン・ジャック)

  • 概要
    ・11,000SqFtのゲーミングフロアー
    ・2008年営業開始。カジノ・ローヤルの名でスタート
  • ゲーミング施設
    ・テーブル・ゲーム54台、スロット15台
    ・独立した超VIPルームとVIPルーム
    ・ハイローラー用2部屋
  • ホテル、レストラン、その他の施設
    ・グルメレストラン
    ・エンタメラウンジに生演奏バンド
    ・「Aqua Bar」
    ・子供用の遊び場も完備

DELTIN Caravela(デルティン・カラベラ)

  • 概要
    ・インドで初めてのライブカジノ
    ・インドでは唯一のカジノ付きの浮かぶホテル
  • ゲーミング施設
    ・テーブル・ゲーム20台
  • ホテル、レストラン、その他の施設
    ・全6室スイートで、2つがデュプレックス
    ・スパとヘルスクラブ
    ・「Open to Sky」レストラン

DELTIN Suites(デルティン・スイーツ)

  • 概要
    ・ゴア州にあるランドベースのカジノ
    ・2015年より営業
    ・1500SqFtゲーミングフロアー
  • ゲーミング施設
    ・テーブル・ゲーム7台
    ・スロット10台
  • ホテル、レストラン、その他の施設
    ・5つ星、全106室スイート
    ・レストラン2つ
    ・ラウンジ、スパ、ジム、プール

シッキム州

DELTIN Denzong(デルティン・デンゾン)

  • 概要
    ・シッキム州にあるランドベースのカジノ
    ・2017年1月より営業
    ・5,000SqFtゲーミングフロアー
  • ゲーミング施設
    ・テーブル・ゲーム席数が200席

ダマン州

THE DELTIN(ザ・デルティン)建設中

  • 概要
    ・最大のIR施設
    ・29,000SqFtの室内MICEスペース
    ・60,000SqFtゲーミングフロアー

関連情報

ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。
著作権は作者及び出版社に帰属しています。
麻雀豆腐編集部

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください