麻雀のことなら麻雀豆腐!役やルールの基本からプロのアドバイスまで、麻雀上達の為のレシピが満載!!

  • э]i񂱂j
  • ԃT
  • ui炳jvƁuj[VNuv
  • Q[
  • AvEQ[

麻雀上達!マジで強い雀王3連覇プロの初心者心得10項目

鈴木たろうプロ

前人未踏の雀王3連覇の今最も強い鈴木たろうプロ”から初心者諸君へのアドバイスです!本当に強いプロが教える麻雀をプレイする上で必要な心得10項目!!

主なタイトル:第15回 最強位/第8回 野口賞受賞/第9・11・12・13期 雀王 3連覇の快挙 など】

科学する麻雀おしえて!科学する麻雀」で有名な福地誠氏も一目置く鈴木プロ!福地氏のブログでこんな一文「天鳳名人戦で直接打って、つくづく思った。こいつにはかなわんと。・・・ブログ:【麻雀】鈴木たろう」。そんな鈴木プロのアドバイスは読まねばなりません!!

・鈴木たろうプロのTwitterアカウント

目次
    麻雀初心者講座 鈴木たろうプロが教える10の心得

  • 1. 麻雀は選択のゲームである
  • 2. 遠慮をするな
  • 3. オリるな
  • 4. 5ブロック思考を身につけろ
  • 5. 手役を狙うな
  • 6. 鳴きは早いか高いか
  • 7. 基本はリーチ
  • 8. しぼるな
  • 9. ベタオリの手順を知れ
  • 10. リスクを測れ


1. 【麻雀は選択のゲームである】

心得その1:
麻雀は選択のゲームである

麻雀は選択のゲームである

まずは、麻雀に向かう姿勢・考え方を身につけよう。
麻雀とは打牌選択や鳴く/ 鳴かないの選択など、プレイヤーの様々な選択によって起こる結果を競い合うゲームである。
プレイヤーにできることは「より良い選択をすること」これだけなのである。
それによって起こる結果は神のみぞ知る領域であり、これを予測することは無意味なのだ。
それをしてしまうと、変なオカルト論に走ってしまうことになるし、そもそもそれができるのなら麻雀というゲームが成立しなくなってしまう。
麻雀とは運に左右されることが多いゲームであり、絶対の正解は誰にもわからないのである。
だから、十人十色の考え方が存在する。
これから麻雀が上達していく過程で、様々な考え方や価値観を聞いたり、又は押し付けられたりすることになるだろう。
それらの考えはそのプレイヤーが今までの経験から出した答えであり、絶対のものではない
そして、それが有効な考え方であったとしても、現段階のあなたには有効でなかったり、経験不足により不可能な場合もある。
そこで、麻雀が上達するための指針となるようなアドバイスをいくつか書いてみようと思う。
まずは精神面から


2. 【遠慮をするな】

心得その2:
遠慮をするな

遠慮をするな遠慮はその人を弱くする最も大きな要素だと私は考えている。
麻雀とは極めて自己中なゲームなのだ。
自分が勝つ(負けない)ために相対的に相手に不利なことをするゲームなのだ。
相対的と書いたのは、誰か一人に損なことをしても自分の得にならないことがあるからであり、相手全員合わせて損になることは自分の得になるはずだという意味だ。
麻雀は最善の選択をしても、最良の結果がでるとは限らない。
意図しない結果により、不運に見舞われるプレイヤーもいる。
そして、麻雀に対して独特な価値観や、美意識みたいなものを持っているプレイヤーもいる。
これから麻雀を続けていくと、それらにより、あなたの選択に対する嫌味批判を受けることもあるだろう。
でも、負けてはいけない!
結果はたまたまであり、あなたが自分が勝つために選択した結果なのだから…


3. 【オリるな】

心得その3:
オリるな

オリるな

誤解してほしくないのだが、オリるということは極めて重要なスキルであり、上級者ほどオリるのが上手く、またリスクを負わない選択をする傾向にある。
ではなぜオリてはいけないのか?というと、オリというものは、様々な要素と豊富な経験を基に成立するスキルだからだ。
初心者のうちからオリを強く意識してしまうと、上級者にとってはカモ中のカモ、最も楽な相手になってしまう。
またオリというものは放銃して痛い目をみて覚えていく、経験を積んでバランスを身につけていくものだからだ。
まずは自分の手を中心に選択し、さすがに止めておこうと思ったときに初めてオリれば良いのだ。
では、実際にどうしたら強くなれるのか?


4. 【5ブロック思考を身につけろ】

心得その4:
5ブロック思考を身につけろ

5ブロック思考を身につけろ5ブロック思考とは牌を効率よく使うための考え方で、テンパイゴールとしてどのように牌を残していくのが効率的かというものだ。
なぜアガリではなくテンパイがゴールなのか?というと、テンパイしてしまえばあとはアガリを待つだけなので、先にテンパイをする優位性も含めて、この考え方を身につけようというものだ。
ではどうすればいいの?というと、実はこれが簡単ではない
国士やチートイツなどの特殊型もそうなのだが、雀頭というものがこれを複雑にしている。
細かい場合わけで説明するのが良いのだが、ここでは省略させてもらって、基本的な例だけ書いておこう。
5ブロックというくらいだから、5つの強いブロックを作るようにすれば良いのだ。
強いとは面子になりやすいという意味で、受け入れ枚数ととも強い順に書くと、

メンツになるための受け入れ
※後1枚でメンツが完成すると考えた場合の受け入れ牌の種類と枚数
333(刻子)=完成
234(順子)=完成

  • 34(両面)=2種類8枚
  • 334(両面+対子)=3種類10枚
  • 335(嵌張+対子)=2種類6枚
  • 112(辺張+対子)=2種類6枚
  • 35(嵌張)=1種類4枚
  • 12(辺張)=1種類4枚
  • 33(対 子)=1種類2枚

補足説明
34の場合:2が4枚と5が4枚
334の場合:2が4枚と5が4枚と3が2枚
335の場合:3が2枚と4が4枚
112の場合:1が2枚と3が4枚
35の場合:4が4枚
12の場合:3が4枚
33の場合:3が2枚

塔子(ターツ)&対子(トイツ)になるための受け入れ
※後1枚で塔子・対子が完成すると考えた場合の受け入れ牌の種類と枚数
13 or 12(塔子)=完成
33(対子)=完成

  • 3~7(孤立牌)=5種類19枚
  • 2,8(孤立牌)=4種類15枚
  • 1,9(孤立牌)=3種類11枚
  • 字牌(孤立牌)=1種類3枚

補足説明
1の場合:1と2と3
2の場合:1と2と3と4
3の場合:1と2と3と4と5
4の場合:2と3と4と6と6
5の場合:3と4と5と6と7
6の場合:4と5と6と7と8
7の場合:5と6と7と8と8
8の場合:6と7と8と9
9の場合:7と8と9

34のような両面を面子の次に書いたのは、手牌は13枚しか持つことができないので、3枚使うブロックばかりでは数が合わなくなってしまう。
そこで、2枚で8枚の受け入れがある両面は優秀ということなのだ。
その他に、2ブロック分に相当する形もある。
34567(面子+両面)=11
334567(面子+両面+対子)=13
33577(嵌張+嵌張+対子+対子)=12
3456(連続形)=面子+孤立牌とも両面+両面とも考えられるが、受け入れの多い優秀な形
これらの形を抑えておきより強いブロックを多く作るように心がけるようにすると良い。
余裕があれば受け入れ枚数を数えても良いだろう。
コツトータルの受け入れ枚数を減らさないようにすること!
そして、対子があるブロックは2つにするようにすること!
2面子+二二四⑦⑦⑧22(対子を含むブロックが3つ:受け入れ18枚)なら⑦切り(受け入れ18枚→16枚)
2面子+二二四⑦⑦⑧23(対子を含むブロックが2つ:受け入れ24枚)なら四切り(受け入れ24枚→20枚)


5. 【手役を狙うな】

心得その5:
手役を狙うな

手役を狙うな

手役は麻雀で高打点を叩き出すために必要なもの!なのは間違いないのだが、実は狙ってもそんなにできるものではないのだ。
特に、赤牌ご祝儀などが多い現代の麻雀では手役はたまたまできるもの程度な考えで十分通用するのだ。
さらに手役を狙いすぎると目先のアガリを逃してしまい、失点してしまうことさえある。諸刃の剣といえる。
ではどのように手役を狙うのかというと、手役を狙うためのロスと上手くいったときの見返り比較しながら進めなければならない。
つまり、牌効率はもちろん経験からくる他家の対応なども把握していなければ、適正かどうかを測れないのだ。
だから、手なりで手を進めて気づいたら出来ていた、見えていた程度に留めるのが、ベターな選択だと思う。


6. 【鳴きは早いか高いか】

心得その6:
鳴きは早いか高いか

鳴きは早いか高いか

麻雀にはポン/チーなどの鳴きが存在する。
そしてこれが勝敗大きく分ける要素の一つなのだ。
かといって何でも鳴いていては損になってしまう。
でもやってみなくちゃ判らないじゃないか?まったくその通りだと思う。
余裕があればぜひやってみてほしい。その方が引き出しが増えて将来のになるだろう。
ただ、手っ取り早く勝ちたい人のために一つの指針を示しておこう。
一つは速いアガリが期待できるとき。
加点は少なくても、他家のチャンス手を潰せるし、局も消化できる。ローリスクなわけだし…
もう一つは高打点が期待できるとき。
特にホンイツがおススメ。
手役は狙うなと書いたけど、ホンイツは比較的お得な役だと思う。
役牌と絡めると満貫クラスが簡単に狙えるし、自分の狙いが他家にわかり易い分、他家の対応もわかり易い
ある意味リスク回避にもなる。
それ以外の鳴きはあまりおススメできない。
相手がリスクに敏感なタイプならば相手を下ろす価値を得られるが、攻めてこられた場合こちらのリスクが増えてしまう。


7. 【基本はリーチ】

心得その7:
基本はリーチ

リーチ

リーチのメリットは大きく二つ
一つは、1翻しばりを含め翻数をアップさせること。
リーチの1翻以外にも一発や裏ドラが期待できるので、アガリ点を高くすることが出来る。
もう一つは、テンパイを知らせること。
なぜテンパイを知らせることがメリットなのか?と思うかもしれないが、これは相手にリスクを提示することを意味する。
相手に伸び伸び打たせない、制限を与えることがメリットになるのだ。
そしてデメリットは、主に以降打牌選択ができないことで、次にテンパイを教えることと1000点供託しなければならないことくらい。
これも、結局は比較なの だが、メリットが大きすぎるので、基本リーチで問題ない
よほどでない限り迷ったらリーチと覚えておこう。
ではどんな状況だとリーチしないのか?
それは、メリットが少ないときとデメリットが大きいとき。
例えば、打点が十分であれば打点アップのメリットはない。微差のオーラスや終局間際など、他家がオリ難い状況であれば、相手に制限を与えるのは期待し難い。
また、1000点で順位が変わってしまうようなオーラスならデメリットは大きくなるし、アガればトップの局面でテンパイを教えてしまうことは損になりかねない。
これらの要素を複合して、リーチが損だと判断できたときにしないのだ。
これも経験から判断するものだけど…


8. 【しぼるな】

心得その8:
しぼるな

しぼるは

相手に鳴かせないように打牌選択をすることをしぼると言うのだが、これは特定状況下で使用するレアな戦略なのだ。
相手に鳴かせないことが上手いというイメージやそれを美徳とするプレイヤーが意外と多いのだが、実は間違いなのだ。(あえて言い切るw
これは、トップを争っている相手など、アガられると不味い相手にのみ使う苦肉の策で、通常時はほとんど意味がない
しぼりがどういった状況を作るか考えてみると、しぼっている側としぼられている側が損をして、残りの二人が得をするということなのだ。
だから、特定の相手に損を与えることが、自分の得になるという特殊状況だけの戦略なのだ。
むしろ、個人的には意図的には誰かに鳴かせることにより自分が得をするといった戦略のほうが頻度の高い 。


9. 【ベタオリの手順を知れ】

心得その9:
ベタオリの手順を知れ

ベタオリの手順を知れ

オリるといっても、復活の可能性を考えたり、他家の動向などを考えるとアナログな要素もあるのだが、ベタオリロジカルなものなのだ。
ほぼ一本道と言って良いし、誰もが同じになって不思議がない。
そのくらい切る牌の順番が決まっているのだ。
まず、今切る牌は今だけ安全な牌。つまり、上家が切った牌に合わせ打ちするのだ。
ここで、下家に鳴かせたくないという意識は捨てよう
鳴かれてもいいじゃないか。むしろ鳴かせて放銃し合ってくれる可能性が高くなるのは得になる可能性が高い。
もし1巡手に留めてしまったら次の巡目はアタリ牌になっているかも知れないのだ。今切るしかない
それが無ければ、リーチ(オリ対象)者の現物
そして最後にとっておくのが完全安全牌
完全安全牌は虎の子の安全牌。間違っても合わせ打ちできるときに切ってしまわないように
それらが無くなってしまったら、カベスジに頼ろう。
カベやスジの比較は、経験を積めば嵌張・辺張・シャンポンの可能性、相手の手順、思惑で比較できるようになるはず。


10. 【リスクを測れ】

心得その10:
リスクを測れ

リスクをとれ

麻雀は実は第一打から放銃リスクを負っているのだ。
1巡目に切った役満に放銃する可能性も無くはないのだ。
そんなことを言っては切りが無いが、自分が負っているリスクが適正かどうかを測るゲームなのだ。
ただ少なくともトップ目ラス目よりもリスクを負うことが出来ない。
ラス目は失う順位点(ウマ)は無く、素点についてくるもの(オ カ・ウマ)は大きいが、トップ目は逆なのだから…
これが難しく一朝一夕にはいかないところなのだが、手役を狙うのが妥当かどうか?攻めるか受けるか?など、選択のほとんどがリスクバランスに委ねられる。
そして、この要素が他家の動向を測ったり、自分の選択を決める大きな要素になる。
つまり、上手くなるためには場数を踏むしかないのだ。
どんな天才でも経験なくしてはバランス感覚を身につけることは出来ないのだから…

どうだったでしょうか。本当に強いプロの言葉だからこそ、鈴木氏のアドバイスはずっしりと読み応えのあるものだったと思います。この10の心得を胸に秘め、明日からの麻雀ライフをより楽しんでみてはどうでしょうか!初心者の方やこれまで闇雲に楽しんでいたプレイヤーには大きな革新が訪れるやもしれませんよ!!
それでは最後にもう一度

    麻雀初心者講座 鈴木たろうプロが教える10の心得

  • 1. 麻雀は選択のゲームである
  • 2. 遠慮をするな
  • 3. オリるな
  • 4. 5ブロック思考を身につけろ
  • 5. 手役を狙うな
  • 6. 鳴きは早いか高いか
  • 7. 基本はリーチ
  • 8. しぼるな
  • 9. ベタオリの手順を知れ
  • 10. リスクを測れ

です!

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



皆さまからのコメントと麻雀豆腐編集部からの返信!

  1. べたおりおりうち より:

    しぼるな とゆう 考えは ありませんでした 参考になります♪

合わせて読みたい関連記事
麻雀上達のコツ 超初心者が知るべき4つのコツ
小倉孝プロ
麻雀に強くなる3ヶ条!雀竜位2連覇 小倉孝プロの掟
麻雀 待ち
麻雀の待ちはアガり直前の構え方!最強の待ち方とは!?
ベタオリ
麻雀のベタオリ 初心者に多い勘違い、正しい手順で逃げ切れ!
オタ風の捨て方と使い道。初心者から中級者へ。
雀頭は麻雀力のバロメーター 雀頭基本ガイド
mahjong-beginners-yaku
最初に覚えてかるがるアガろう!初心者が覚えるべき麻雀超役3選!
押し引き
麻雀の押し引きは強くなるための基本戦術!
三麻初心者がカモにされない為に意識すべき7つのこと
人気の記事
麻雀の点数表と覚え方
麻雀 点数表とその覚え方!~5つの流れで暗記~
符計算
麻雀の符計算を知り尽くせ!覚えるコツから早見表まで網羅
麻雀 点数計算
麻雀の点数計算が誰でも簡単に出来るまでの全て!
麻雀無料ゲーム厳選11タイトル!
麻雀 入門
麻雀超入門!初めての人が覚える役やルールなど基本知識
点数計算 計算式と早見表
麻雀 スジ
麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』
麻雀の役 すべて
麻雀の役 条件・出現率・プロの助言 !
麻雀上達編 ~筋読みや牌効率を学ぼう~
麻雀 捨て牌の読み方
麻雀の捨て牌の読み方を習得して振り込みを極限まで回避!
新着記事
第42期最高位戦Aリーグ 第2節【2017年3月29日(水)11:00】配信!
【写真ギャラリー】麻雀豆腐Presents 麻雀マスターズ2017inシドニー特別招待枠争奪戦
モンド麻雀プロリーグ16/17 第11回名人戦 予選第6戦【2017年3月28日23:00】初回配信!
プロ雀士のシャドバブ!【第1回】【2017年3月28日(火)19:00】配信!
ワイルドリーグ第1節【2017年3月27(月)17:00】配信!
二階堂亜樹プロが原案を手がけたコミック「aki」が、「女流闘牌伝 aki -アキ-」のタイトルで2017年夏実写映画化決定! 
麻雀マスターズ2017 in シドニー 特別招待枠争奪戦!
大澤ふみな(おおさわ ふみな)プロ 優勝おめでとうございます!
女流雀士プロアマNo1決定戦てんパイクリーンシーズン2-決勝戦【2017年3月24日(金)22:00】配信!
麻雀マスターズ2017特別招待枠争奪戦
世界を獲る! 3/23(木)16:00~「麻雀マスターズ2017 in シドニー 特別招待枠争奪戦!」
【刻子(コーツ)】とは(麻雀用語辞典)
PR記事
オンラインスロットで遊ぼう!一番お得なサイトはどこ?
動画配信サービスを比較!自分に合うのはどれ?
大阪王将の餃子をご家庭で!ビールのお供に!
LINE グラングリッド
LINE グラングリッド スマホの無料ゲームアプリ
エンドライド -X fragments-(iOS Android))
エンドライド スマホの無料ゲームアプリ
ダービーインパクト(ダビパク)をやってみた。
最新コメント
麻雀豆腐監修プロ雀士
鈴木たろうプロ 鈴木たろう プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第15回 最強位/第8回 野口賞受賞/第9・11・12・13期 雀王 3連覇の快挙/世界麻雀大会2015 2位など
小倉孝プロ 小倉孝 プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第3・4期 雀竜位/第6期 新人王/第7期 雀王 など