麻雀のことなら麻雀豆腐!役やルールの基本からプロのアドバイスまで、麻雀上達の為のレシピが満載!!

  • AvEQ[
  • Q[

放銃を意識して1位を目指すための5つのポイント

放銃(ホウジュウ)

放銃(ホウジュウ)とは他のプレイヤーに自分が捨てた牌でロンされることです。日本語読みでは「ホウジュウ」ですが、中国語読みで「ホーチャン」「ファンチュン」と言います。
放銃はロンされること、つまりそのでの自分の負けと点数の支払いを意味し、点数を競う麻雀ゲームにおいてしっかり考えなければならない要素の1つと言えます。そういったことから、放銃率平均放銃点といった指標があり、中級者以上では検討すべき必須の項目です。
勝負事の普遍的ルールは「勝ちを大きくし負けを小さくする」ことにあります。放銃という負けを意識しコントロールすることは即ち勝利へ近づく一歩となるでしょう!

目次


1. 放銃とは、放銃の意味

  • 放銃はロンされること

放銃(ホウジュウ)とは

放銃(ホウジュウ)とは、他家(ターチャ=他のプレイヤー)に自分が打牌(ダハイ)した捨て牌でロンされてしまうことです。中国語読みで「ホーチャン」「ファンチュン」と言います。また、放銃は『振り込む』ともいい、その他に『振る』『打つ』『打ち込む』などとも言います。

ロンについての詳しい説明は『麻雀はロンが決め手!ロンを見逃さないための基本すべて。』をお読みください。

放銃の意味

放銃は他のプレイヤーにロンされることなので、そのにおいて自分の負けを意味します。そして、ロンされた相手に対して自分の持ち点から相手の手役に応じた点数を支払うことになります。また、その局が終了になるか続行になるかも放銃者と被放銃者の関係で決まります。後程説明します。

『 局(キョク) 』
麻雀のゲーム試合単位であり、その中でも最小ゲーム単位です。配牌 から アガる 勝者が出るまで、あるいは、誰も アガら ない 流局 までが 1局。

『 ロン 』
他家(ターチャ=他のプレイヤー) の捨て牌を自分のアガリ形を完成させる最後のアガり牌として取得し、アガりを宣言して手牌を開く行為。=直撃、直取り などとも言う。

なぜ放銃と言うのか?

自分がロンされたのになぜ放銃と言うのか。この場合、放銃は「銃を放つ(撃つ)」という意であり、自分が「打牌した牌」=「打った弾、放った弾」が自分の意に反して相手の利となってしまうということ、なのだとされています。


2. 放銃してしまうと

放銃の確定

他家のアガり牌を打牌してしまい、他家がロンを宣言し手牌を開き、手牌に問題がなければ放銃=ロンが確定します。

放銃してしまうと

放銃してしまうと、ロンされた相手に対して相手の手役に応じた点数を自分1人で支払うことになります。麻雀は4人で各自の点数を競うゲームで、最後に点数が1番多い人が勝ちとなります。このようなゲームにおいて放銃は非常に手痛いダメージとなります。特に点数を競っている相手に放銃してしまった場合、点差が大きく開きます。例えば、相手の手役が8,000点でその分を支払った場合、相手が+8,000点で自分が-8,000点なので点差は16,000点になってしまいます。

放銃の点数は1人で支払う

放銃は基本的に1人で支払う「一家包(イーチャパオ)」されています。中国麻雀ではツモの場合でもロンの場合でもアガりプレイヤー以外の3人で支払う三家包(サンチャパオ)ですが、日本では一家包が主流となりました。下手なプレイヤーのせいで自分まで点数を支払うことが日本に馴染まなかったと言われています。自分のケツは自分で拭けと言うことですね。厳しい!

放銃後の局の流れ

放銃後、放銃した相手が子の場合は親が流れて局が移行します。相手が親の場合は親が連荘(レンチャン)として続行され局は移行しません。局が移行する際、その局がその試合の最後の局(=オーラスと言う)の場合は、半荘(ハンチャン)や東風戦(トンプウセン)などの1試合が終了します。

『 半荘(ハンチャン) 』
麻雀ゲームの試合単位です。前半戦の東場(トンバ) と 後半戦の南場(ナンバ) に分かれ、東4局、南4局の全8局あります。

『 一荘(イーチャン) 』
麻雀ゲームの試合単位です。東場(トンバ)・南場(ナンバ)・西場(シャーバ)・北場(ペーバ)の4つに分かれ、各4局の全16局あります。

『 東風戦(トンプウセン) 』
半荘の前半戦の東場(トンバ)のみでゲームを行う試合単位です。

放銃を恐れ過ぎてはダメ

放銃は手痛いダメージではあるのですが、恐れ過ぎることは良くありません。初心者の方は少しレベルの高いプレイヤーと対戦し放銃が続いた場合、放銃恐怖症になってしまい、相手を強く警戒して勝てる見込みのある手まで崩してしまいます。相手のアガり牌を推測することはプロでもなかなか難しいことなので、必要以上に警戒して手を崩してしまっては1位を獲得することは出来ないでしょう。かと言って無警戒に放銃してしまうのも当然ダメです!
大切なことは、勝負に出るか勝負を降りるかの判断をしっかり考えることです。麻雀ではこのことを「押し引き」と言います。


3. 放縦と押し引きについて

押し引きとは

押し引きとは、勝負に出るか勝負を降りるかということです。例えば、他家の1人がリーチを掛けた場合、自分はリーチ者に対して危険牌だと思われる牌を捨てないとテンパイにならないケースにおいて、危険牌を捨てて勝負に出ることが「押す」です。逆に安全牌を捨てて手を崩すことが「引く」です。

つまり、積極的に勝負に出ることを『押す』といい、積極的に勝負を降りることを『引く』といいます。押す場合は、他家に対して危険牌を打牌してでも自分の手牌を揃えることを優先する攻撃的な打ち方をします。引く場合は、他家に対して極力安全牌を切り出し、自分の手を崩してでも危険牌を打牌せず放銃を回避する防御の打ち方です。

放銃は押し引きと密接に関わっている

放銃はこの「押し引き」と密接に関わります。押し引きの判断を誤ると放銃の回数がどんどん増えてくるでしょう。勝負にならないような場合に不用意に押して放銃してしまったり、勝負をしなければならないケースで引いてしまい勝負をオリ切れずに最悪な放銃をしてしまったり、など。この押し引きの判断が放銃において非常に大切だということを覚えて下さい。

押し引きについての詳しい説明は『麻雀の押し引きは強くなるための基本戦術!』を読んでみて下さい。


4. 良い放銃と悪い放銃

放銃にも良い放銃と悪い放銃があります。放銃なのだからどのような放銃でも悪いという考えは誤りです。なぜなら、麻雀は4人でプレイするゲームであり自分がアガれる可能性は1/4なのに対して他家がアガる可能性は3/4となります。さらに、相手の手は見えず、牌山の中も分からずなので、ある程度放銃してしまうことは前提として考える必要があります。

良い放銃

例えば、オーラス得点状況が以下だったとします。
・自分が1位で40,000点
・ラス親が2位で24,500点(1位との点差15,500点)
・3着目が23,000点(1位との点差17,000点)
・4着目が12,500点(1位との点差27,500点)
このような状況で2位のラス親がリーチをしました。そして仮に親が満貫12,000点をツモもした場合は子は4,000点を親に支払い以下のような順位と点数になります。
・自分が1位→2位で36,000点
・ラス親は2位→1位で36,500点
・3着目は3位→3位で19,000点
・4着目は4位→4位で8,500点
では次に、1位である自分が親に対してツッパリ満貫を放銃してしまった場合を考えてみましょう。
・自分が1位→2位で36,000点
・ラス親は2位→1位で36,500点
・3着目は3位→3位で23,000点
・4着目は4位→4位で12,500点
上記の点数を見ると、2位のラス親がツモしても自分が親に放銃しても自分は1位→2位になります。何れにしろ2位になるのであれば突っ張ってアガりを目指すという打ち方も考えられるでしょう。

悪い放銃

悪い放銃は無謀な勝負を挑んで振り込むことが第一に挙げられると思います。安い手や悪形で、ドラ3 2鳴きの親に対して押しを敢行し放銃してしいまうなどです。


5. 放銃を回避する

放銃すると自分1人のみ点数が低くなり、順位を競う麻雀では強烈なダメージとなってしまいます。勝負に出た場合の放銃は別としても、可能な限り放銃を回避できると良いですね。ここでは、放銃を回避する打ち方として主に防御方法:スジ追いをご紹介します。

スジ追い

スジを追うというのは、他家の捨て牌からスジを利用して安全牌危険牌を推測することです。

スジとは

スジはリャンメン待ちの牌のことを言います。例えば、 萬子萬子 の塔子(ターツ=順子1つ手前の2枚1組)の待ち 萬子萬子 のリャンメン待ちですね。この 3-6 がスジになります。

両側の待ち牌である 1-4 が スジ(イー・スーのスジ)

リャンメンマチ

両側の待ち牌である 2-5 が スジ(リャン・ウーのスジ)

リャンメンマチ

数牌 1 – 9 の全てのスジは以下になります。

スジリャンメン待ち となる 両面搭子スジリャンメン待ち となる 両面搭子スジ
萬子
萬子萬子
スジ は 1-4(イー・スー)
萬子
萬子萬子
スジ は 4-7(スー・チー)
萬子
萬子
萬子萬子
スジ は 2-5(リャン・ウー)
萬子
萬子萬子
スジ は 5-8(ウー・パー)
萬子
萬子
萬子萬子
スジ は 3-6(サブ・ロー)
萬子
萬子萬子
スジ は 6-9(ロー・キュー)
萬子

スジの部分を一連にすると、1-4-7(イー・スー・チー)、2-5-8(リャン・ウー・パー)、3-6-9(サブ・ロー・キュー)と見えますね。スジはこのように覚えると覚えやすいです。このリャンメン待ち=スジ を利用して安全牌や危険牌を推測することがスジ追いです。スジについて詳しく知りたい方は「麻雀の筋(スジ)『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』」をお読み下さい。

安全牌を推測するスジ

安全牌を推測するスジは、表スジ中スジ片スジです。同色牌でスジを考え、そこにフリテン(=ロンが出来ないテンパイ)が加わると安全牌を推測することが可能です。フリテンの詳しい説明は 「フリテンの意味とは?覚えるべき2つの条件と2つの回避方法」 をご参照下さい。

危険牌を推測するスジ

危険牌を推測するスジは、裏スジ(ウラスジ)間4軒(アイダヨンケン)跨ぎスジ(マタギスジ)があります。これらのスジは他家に出してはならない危険な牌を推測するのに利用します。それでは各スジについて説明していきます。

表スジ(オモテスジ)=安全牌の推測

表スジとは

表スジは、基本スジである 1-4-7(イー・スー・チー)、2-5-8(リャン・ウー・パー)、3-6-9(サブ・ロー・キュー) の外側の数字になります。

数牌表スジ
萬子 に対して 表スジ は 萬子萬子
萬子 に対して 表スジ は 萬子萬子
萬子 に対して 表スジ は 萬子萬子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

表スジを利用した安全牌の推測

では表スジを利用して安全牌を推測する方法を考えてみましょう。

萬子 萬子 が他家の捨て牌にあった場合、そのプレイヤーはフリテンルールがあるので、萬子萬子 で、萬子萬子 待ちや 萬子萬子 での 萬子萬子 待ちが出来ません。つまり、リャンメン待ちをしていた場合、萬子 萬子 萬子 でアガることが出来ないのです。萬子 が捨て牌にある場合に、萬子 萬子 が安全牌と推測できるのです。これは同色牌のリャンメン待ちでフリテンルールを考慮した場合に成立します。

中スジ(ナカスジ)

中スジとは

中スジは、基本スジである 1-4-7(イー・スー・チー)、2-5-8(リャン・ウー・パー)、3-6-9(サブ・ロー・キュー) の真ん中の数字になります。

中スジ3種
数牌中スジ
萬子萬子 に対して 中スジ は 萬子
萬子萬子 に対して 中スジ は 萬子
萬子萬子 に対して 中スジ は 萬子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

中スジを利用した安全牌の推測

中スジを利用して安全牌を推測する方法を考えてみましょう。

他家の捨牌に索子の 萬子萬子 があるとします。ここで、 萬子萬子 が絡む スジ を考えます。[ 2 ]と[ 8 ] に絡む スジ は 索子 萬子萬子萬子萬子 ですね。つまり索子 萬子萬子萬子 [ 2・5・8 ](リャン・ウー・パー)になります。

従って、他家の捨牌に 萬子萬子 が出ている場合は、そのスジ系の牌である索子 萬子 が比較的安全な牌と考えられます。
この 中スジ による安全牌の推測も 表スジ と同じです。捨て牌に[ 2 ]と[ 8 ]がある以上、[ 5 ]でロンすることはできません。フリテンルールを当てはめることで、あるプレイヤーのリャンメン待ちに対してそのプレイヤーの捨て牌から同色牌のスジを安全牌と考えます。

この 表スジ と 中スジ を活用することで、他家の捨て牌から 安全牌 を推測することが出来ます。麻雀初心者の方はまずこの 表スジ と 中スジ を覚えておくようにしましょう。

片スジ(カタスジ)

この片スジは、表スジや中スジに比べて安全牌を推測するスジとしては弱いので、表スジや中スジを考えて上で、片スジも参考にする程度にしておきましょう。

片スジとは

片スジとは、基本スジである 1-4-7(イー・スー・チー)、2-5-8(リャン・ウー・パー)、3-6-9(サブ・ロー・キュー) において、1 に対しての 4 、 2 に対しての 5 、 3 に対しての 6 、 7 に対しての 4 、 8 に対しての 5 、 9 に対しての 6 、であり、外側片方のスジに対して内側のスジを言います。

片スジ6種
数牌片スジ
萬子 に対して 片スジは 萬子
萬子 に対して 片スジは 萬子
萬子 に対して 片スジは 萬子
萬子 に対して 片スジは 萬子
萬子 に対して 片スジは 萬子
萬子 に対して 片スジは 萬子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

片スジを利用した安全牌の推測

片スジは、 中スジや表スジに比べて安全牌を推測するスジとしては弱いスジです。

例えば、他家の捨牌に so1s がある場合 so4s は両面塔子が so2sso3s での待ちはないが、両面塔子が so5sso6s での so4sso7s 待ちがあり得ます。これが 片スジ と言われる所以です。その他の 片スジ においても、一方の両面塔子の待ちの可能性が残っています。ですので、現物 もなく 表スジ や 中スジ もない場合に、片スジ も考慮して安全牌を考えてみましょう。

この 片スジ も 同色牌/スジ/フリテンルール で安全牌を考えるということでは、表スジ や 中スジ と同じです。

危険牌を読むスジ読み戦術3つ [危険牌読み]

  • 危険牌を読むスジ読み戦術
    ・裏スジ(ウラスジ)
    ・間4軒(アイダヨンケン)
    ・跨ぎスジ(マタギスジ)

表スジ 、 中スジ 、 片スジ は安全牌を推測する スジ読み戦術 で活用するスジ です。それでは次に、危険牌を読むスジ読み戦術をご紹介します。裏スジ(ウラスジ)、間4軒(アイダヨンケン)、跨ぎスジ(マタギスジ)を利用して他家の捨て牌から危険牌を予測します。

危険牌 ということは、他家に対して出してはならない牌ということですね。

裏スジ(ウラスジ)

  • 裏スジ とは、ある捨牌の隣の牌から成る スジ のことで危険牌とされる
  • 裏スジ/リャンメン待ち/同色牌 で危険牌を考える

裏スジとは

裏スジ は、危険牌を読むための防御の戦術で活用するスジです。裏スジ とは、ある捨牌の隣の牌から成る スジ のことです。同色の牌で考えて下さい。

裏スジ9種
捨て牌裏スジ
萬子 に対して 裏スジは 萬子萬子
萬子 に対して 裏スジは 萬子萬子
萬子 に対して 裏スジは 萬子萬子
萬子 に対して 裏スジは 萬子萬子
萬子 に対して 裏スジは 萬子萬子
裏スジは 萬子萬子
萬子 に対して 裏スジは 萬子萬子
萬子 に対して 裏スジは 萬子萬子
萬子 に対して 裏スジは 萬子萬子
萬子 に対して 裏スジは 萬子萬子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

隣の牌から成る スジ というのは、最初に説明した基本6スジに当てはめてみて下さい。[ 1・4 ][ 2・5 ][ 3・6 ][ 4・7 ][ 5・8 ][ 6・9 ]の6スジです。

例えば、他家の捨牌に索子の 萬子 があったとします。その隣の牌である 萬子 から成る スジ 萬子萬子 が 裏スジ になります。

或いは、索子 萬子 が捨て牌にあった場合、 裏スジ は、 萬子萬子 となります。

では、なぜ、この 裏スジ が危険な牌となるのでしょうか。

裏スジ のメカニズム

「不用な牌が切り出されることで 裏スジ が出来る」これが 裏スジ のメカニズムです。

例えば、配牌時に、自分の手牌に索子の 萬子萬子萬子 があるとします。

序盤から中盤にかけて手牌の他の部分の面子が揃ってくると(=伸びる)、不用な牌である 萬子 が押し出されることになります。

この 萬子 が切り出されると、 萬子萬子 の 両面塔子(リャンメンターツ)が出来上がり、待ち牌は索子 萬子萬子 のリャンメン待ちになります。

この両面塔子 萬子萬子 の リャンメン待ち となる 萬子萬子 は切り出された 萬子 の隣の牌である 萬子 からなる スジ になります。
これを 裏スジ として危険な牌と予測するのです。

一般的に序盤から中盤にかけて切り出されて整理された牌の 裏スジ は危険な牌と考えられます。

嵌張待ち(カンチャンマチ)から リャンメン待ち への切り替わりで 裏スジ が出来る

例えば、

筒子筒子 の嵌張待ち(カンチャンマチ)をしているとします。

巡目が進み 筒子 を ツモ します。そうすると手牌は、
筒子筒子筒子 となります。

ここで、カンチャン待ち からより待ちの多い リャンメン待ち にするため、 筒子 を切り出し、両面塔子 筒子筒子 にして 筒子筒子 のリャンメン待ち にします。

つまり、リャンメン待ちの 筒子筒子 は 切り出された 筒子 の隣の牌である 筒子 から成る スジ となります。つまり 裏スジ です。

このように、カンチャン待ち から リャンメン待ち に切り替わる際に、押し出された牌の隣の牌から成る スジ=裏スジ は、リャンメン待ち そのものとなるので、危険牌と考えることが出来ます。

序盤や中盤にかけての牌の整理や カンチャン待ち から リャンメン待ち への切り替わり、これらによって切り出された牌の隣の牌から成るスジは危険と考える、これが 裏スジ のメカニズムです。この考えを元に 裏筋 は全部で9種あります。

裏スジ9種

裏スジ9種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌残る両面搭子裏スジ=危険牌
捨牌 萬子 残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能
捨牌 萬子 残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能
捨牌 萬子 残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能
捨牌 萬子 残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能
捨牌 萬子 残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能
残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能
捨牌 萬子 残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能
捨牌 萬子 残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能
捨牌 萬子 残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能
捨牌 萬子 残る両面塔子 萬子萬子 裏スジは 萬子萬子 危険牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

間4軒(アイダヨンケン)

  • 間4軒とは 裏スジ を共有した 裏スジ の複合でとても危険とされている スジ
  • 間4軒/リャンメン待ち/同色牌 で危険牌を考える

間4軒 とは

これは、 裏スジ を共有している 裏スジ の複合形のスジであり、とても危険度が高いとされているスジです。ただの 裏スジ ではなく、裏スジ が2つ重なってさらに危険となっている状態です。この スジ を 間4軒(アイダヨンケン)と言います。

間4軒 4種
捨て牌間4軒
捨て牌 萬子萬子 に対して 間4軒は 萬子萬子
捨て牌 萬子萬子 に対して 間4軒は 萬子萬子
捨て牌 萬子萬子 に対して 間4軒は 萬子萬子
捨て牌 萬子萬子 に対して 間4軒は 萬子萬子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

例えば、

他家(ターチャ) の 捨牌 に、 萬子萬子 があるとします。 萬子 の 裏筋 は 萬子萬子 であり、萬子 の裏筋も 萬子萬子 であるので、[ 2・5 ]筋は 間4軒 となります。

因みに、捨牌である、[ 1・6 ]には、間に4軒ある[ 1 2345 6 ]ので、 間4軒 という言い方をします。他に 間4軒 は3つありますが、何れも同じように間に4軒ある並びになります。

捨牌から見る 間4軒 の具体例

具体的な例で説明してみます。

他家の捨て牌が以下のような場合を考えます。
捨て牌
注目するのは捨て牌にある索子の[ 2 ]と[ 7 ]です。この[ 2 ]と[ 7 ]が切り出された理由を推測してみましょう。
このプレイヤーの手牌に、萬子萬子萬子萬子 があったと予測します。手が進むに連れ、他の部分が伸びてきます(=面子が揃う)。そうした場合、萬子萬子 が不用となり、切り出されることがあります。[ 2・7 ]が切り出されれば、両面塔子 萬子萬子 のリャンメン待ち 萬子萬子 になります。

この 萬子萬子 は、切り出された 萬子 の 裏スジ でもあり、 萬子 の 裏スジ でもあります。裏スジ が2つ重なっている状態ですので、間4軒として危険なスジとなります。

しかしながら、萬子萬子 が切り出されて、間4軒 のスジを持つ 捨牌 が河(ホー)にあったとしても、萬子萬子 をツモして、既に 萬子萬子萬子 或いは、 萬子萬子萬子 の面子が完成していれば、 萬子萬子 の間4軒は通ることになります。
一般的に 間4軒 のスジは、序盤や中盤に切り出された数牌で出来ていた場合に考慮する危険牌のスジと言われています。

間4軒 4種

間4軒4種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌残る形間4軒=危険牌
捨牌 萬子萬子 残る両面塔子 萬子萬子 間4軒となるスジは 萬子萬子
危険牌と推測可能
捨牌 萬子萬子 残る両面塔子 萬子萬子 間4軒となるスジは 萬子萬子
危険牌と推測可能
捨牌 萬子萬子 残る両面塔子 萬子萬子 間4軒となるスジは 萬子萬子
危険牌と推測可能
捨牌 萬子萬子 残る両面塔子 萬子萬子 間4軒となるスジは 萬子萬子
危険牌と推測可能

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

跨ぎスジ(マタギスジ)

  • 跨ぎスジ(マタギスジ)は 捨牌 を跨ぐ スジ のこと
  • 跨ぎスジ/リャンメン待ち/同色牌 で危険牌を考える

跨ぎスジ(またぎスジ)とは

跨ぎスジ(またぎスジ)とは、

ある 捨牌 を跨ぐ スジ のことを言います。例えば、萬子 を跨いだ スジ である 萬子萬子萬子萬子萬子 の 跨ぎスジ です。

跨ぎスジ

跨ぎスジ は他家の捨て牌から危険牌を推測する場合に利用する スジ です。危険牌の推測という意味では 裏スジ や 間4軒 と同じです。

跨ぎスジ7種

跨ぎスジは合計7種類あります。[ 1 ]と[ 9 ]の 跨ぎスジ はありません。また、[ 3 ]~[ 7 ]の 跨ぎスジ は左右2牌が 跨ぎスジ となっています。

スジ
捨て牌
スジ
[ 12 ]
[ 3 ]
[ 45 ]
[ 23 ]
[ 4 ]
[ 45 ]
[ 34 ]
[ 5 ]
[ 67 ]
[ 45 ]
[ 6 ]
[ 78 ]
[ 56 ]
[ 7 ]
[ 89 ]

つまり、[ 3 ]~[ 7 ]ではある捨て牌を跨いでいるスジという見方と左右2牌が 跨ぎスジ という見方も可能です。

跨ぎスジ7種
捨て牌跨ぎスジ
捨て牌 萬子 に対して 跨ぎスジは 萬子萬子
捨て牌 萬子 に対して 跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
捨て牌 萬子 に対して 跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
捨て牌 萬子 に対して 跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
捨て牌 萬子 に対して 跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
捨て牌 萬子 に対して 跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
捨て牌 萬子 に対して 跨ぎスジは 萬子萬子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

この スジ は、ゲームの中盤や終盤、特に立直宣言時など、局の後半で危険な スジ と考えられる傾向があります。必ずしも 跨ぎスジ が危険であるとは限らないので、裏スジ や 間4軒 の スジ を危険牌として優先し、局の後半で 跨ぎスジ も考慮するしてみると良いでしょう。

跨ぎスジの具体例

具体例で考えてみましょう。

手牌に 萬子萬子萬子 が揃っているとします。この[ 5 5 6 ]は 萬子萬子 の リャンメン待ち でもあるし、 萬子萬子 をアタマにすることもできます。ですので、通常なるべくそのままの形でとっておくと考えるでしょう。

ゲームの進行と共に、他の面子が揃い始めると、萬子萬子萬子萬子 を切り出し両面塔子 萬子萬子 での 萬子萬子 のリャンメン待ち とする状況が多くあります。このようになると、切り出された 萬子 の跨ぎスジである 萬子萬子 が危険牌となります。

跨ぎスジ

跨ぎスジ7種で危険牌を考える(同色の牌で考えて下さい。)
捨牌残る形跨ぎスジ=危険牌
捨牌 萬子 残る両面塔子
萬子萬子
跨ぎスジは 萬子萬子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 萬子 残る両面塔子
萬子萬子萬子萬子
跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 萬子 残る両面塔子
萬子萬子萬子萬子
跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 萬子 残る両面塔子
萬子萬子萬子萬子
跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 萬子 残る両面塔子
萬子萬子萬子萬子
跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 萬子 残る両面塔子
萬子萬子萬子萬子
跨ぎスジは 萬子萬子萬子萬子
で終盤にかけて危険牌成り得る
捨牌 萬子 残る両面塔子
萬子萬子
跨ぎスジは 萬子萬子
で終盤にかけて危険牌成り得る

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

壁(カベ)=ノーチャンス [安全牌読み]

  • 壁(カベ)は リャンメン待ち に対する防御方法
  • 同色の数牌(シューハイ)が4枚見えている=壁
  • 壁は 他家全員 に対して有効
  • [ 2 ]が4枚見えている[ 1 ]が壁スジ
  • [ 3 ]が4枚見えている[ 1・2 ]
  • [ 4 ]が4枚見えている[ 2・3 ]が壁スジ
  • [ 5 ]が4枚見えている[ 3・7 ]が壁スジ
  • [ 6 ]が4枚見えている[ 7・8 ]が壁スジ
  • [ 7 ]が4枚見えている[ 8・9 ]が壁スジ
  • [ 8 ]が4枚見えている[ 9 ]が壁スジ

壁(カベ)とは

壁 は、自分の手牌、河(ホー)、ドラ表示牌、カン や ポン などの鳴きによる開かれた牌など、なんらかの形で同じ種類の数牌が4枚すべて見えている場合に使用するリャンメン待ち用の防御方法です。

4枚同じ種類の牌の場所が把握出来て 壁 が出現した場合、その牌が絡んだ塔子を作ることが出来なくなり、その待ちの可能性がなくなるので、通称ノーチャンスとも言います。

また、壁 は、他家全員に対してのリャンメン待ちに有効な守備です。なぜなら、ノーチャンスと言われるように、同色4枚の数牌の内1枚も利用できなければ、どのプレイヤーもその牌絡みの塔子を作ることが出来なくなるからです。

壁スジ 7種
壁スジ
萬子 が4枚見えている場合萬子
萬子 が4枚見えている場合萬子萬子
萬子 が4枚見えている場合萬子萬子
萬子 が4枚見えている場合萬子萬子
萬子 が4枚見えている場合萬子萬子
萬子 が4枚見えている場合萬子萬子
萬子 が4枚見えている場合萬子

※筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、萬子(マンズ)それぞれ同色の牌で考える

壁の仕組み

例えば、

場のプレイヤーの誰かが、索子の4 をポン 明刻(ミンコ) しているとします。そして、自分の手牌にも 萬子 が1枚あるとします。こうなると、萬子 は牌山にも他家の手牌にもなくなります。

すると、索子の両面塔子 萬子萬子萬子萬子 での 萬子萬子萬子萬子 のリャンメン待ち の可能性はなくなります。ここで 壁 の防御方法を利用できるようになります。

重複して説明します。索子の4 萬子 が1枚も利用できないということは、萬子萬子萬子萬子 での待ちはなくなります。
従って、 萬子萬子 のリャンメン待ちや 萬子萬子 のリャンメン待ちの可能性がなくなります。

注意する必要があるのは、両面塔子 萬子萬子 での リャンメン待ち 萬子萬子 待ちや、両面塔子 萬子萬子 での リャンメン待ち 萬子萬子 待ちはありえるので、 萬子萬子 の待ちの可能性は残っています。

つまり、 萬子 で壁が出来た場合は、リャンメン待ちにおいて、萬子萬子 での待ちがなくなります。

このような壁の仕組みを取り入れた 壁スジ が7種あります。

壁7種

上述した壁理論で考えられる安全牌 壁スジ7種です。

壁スジ 7種
スジ
萬子4枚見えている場合萬子は安全
萬子4枚見えている場合萬子萬子は安全
萬子4枚見えている場合萬子萬子は安全
萬子4枚見えている場合萬子萬子は安全
萬子4枚見えている場合萬子萬子は安全
萬子4枚見えている場合萬子萬子は安全
萬子4枚見えている場合萬子は安全


6. まとめ

麻雀は少ない和了のチャンスを掴んで、なるべく放銃を避けることが大切です。ですが、4人プレイである麻雀において、ある程度の放銃は避けられないことなので、放銃を恐れすぎて勝機を逃がさないようにしましょう。中途半端な押しによる放銃や無謀な勝負による放銃など、最も避けなければならない最悪の放銃を回避することを十分心がけて下さい。

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください



人気の記事
麻雀の点数表と覚え方
麻雀 点数表とその覚え方!~5つの流れで暗記~
符計算
麻雀の符計算を知り尽くせ!覚えるコツから早見表まで網羅
麻雀無料ゲーム厳選11タイトル!
麻雀 点数計算
麻雀の点数計算が誰でも簡単に出来るまでの全て!
麻雀 入門
麻雀超入門!初めての人が覚える役やルールなど基本知識
麻雀 スジ
麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』
点数計算 計算式と早見表
麻雀の役 すべて
麻雀の役 条件・出現率・プロの助言 !
麻雀上達編 ~筋読みや牌効率を学ぼう~
フリテン
フリテンの意味とは?覚えるべき2つの条件と2つの回避方法
新着記事
【捨牌(ステハイ)】とは(麻雀用語辞典)
井出洋介の昭和からの挑戦状―勝ち逃げは許さない―第4回【2017年2月24日(金)16:00】配信!
女流雀士 プロアマNo.1決定戦 てんパイクイーン シーズン2 女流プロ準決勝2組目【2017年2月24日(金)23:00】配信!
【打牌(ダハイ)】とは(麻雀用語辞典)
【自摸(ツモ)】とは(麻雀用語辞典)
第2期 Lady’s麻雀グランプリ ~後期リーグ戦~【2017年2月22日(水)22:30】配信!
私立人狼アイドル学園:5限目【2017年2月21日(火)18:00】配信!
片山まさゆきのゲームの達人 第4回グランドチャンピオン大会【2017年2月20日(月)19:00】配信!
【素村!】麻雀プロの人狼 スリアロ村:第四十五幕【2017年2月18日(土)19:30】配信!
RMUオープンリーグ準決勝・決勝【2017年2月18日(土)11:00AM】配信!
PR記事
オンラインスロットで遊ぼう!一番お得なサイトはどこ?
動画配信サービスを比較!自分に合うのはどれ?
大阪王将の餃子をご家庭で!ビールのお供に!
LINE グラングリッド
LINE グラングリッド スマホの無料ゲームアプリ
エンドライド -X fragments-(iOS Android))
エンドライド スマホの無料ゲームアプリ
ダービーインパクト(ダビパク)をやってみた。
最新コメント
麻雀豆腐監修プロ雀士
鈴木たろうプロ 鈴木たろう プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第15回 最強位/第8回 野口賞受賞/第9・11・12・13期 雀王 3連覇の快挙/世界麻雀大会2015 2位など
小倉孝プロ 小倉孝 プロ
(日本プロ麻雀協会所属)
■主なタイトル歴
第3・4期 雀竜位/第6期 新人王/第7期 雀王 など