• 錦江荘(きんこうそう)
  • 銀座花サロン
  • 「麻雀白鷺(しらさぎ)」と「ニュー新橋クラブ」
  • 麻雀ゲーム
  • 無料アプリ・無料ゲーム

門前清自摸和(メンゼンツモ) [ 1翻 門前]

メンゼンツモは麻雀の基本中の基本、知っておかないと麻雀が打てないと言っても過言ではない、そんな重要な役です!麻雀を始める前に必ず覚えておきましょう。

目次
一般役から役満まで一覧はこちら!


1. 役の作り方

メンゼンツモは漢字で書くと、門前清模和。漢字で書くと何だか難しそうですが、条件は難しくないです。

メンゼン状態で、ツモアガりをすると、メンゼンツモという役が成立します。

さて、言葉がわからないと意味不明ですね。まず、アガりには、ツモアガりとロンアガりの二種類あります、ロンというのは、自分以外の三人のプレイヤーが捨てた牌が自分のアガりの条件を満たすもの、つまり、他の人がいらない牌が自分の当たり牌だった時に成立するアガりです。

そして、ツモアガりというのは、自分が牌山から牌を引く行為をツモと呼びますが、自分のツモで当たり牌を引いてアガることをツモアガりと言います。しかし、メンゼンツモの役を成立させるには条件があります。メンゼンでないとならないのです!

そう、メンゼンとは何ぞやというと、ポン、チー、カンの鳴きがない状態、それを門前(メンゼン)と言います。

このように、鳴いていない状態で、テンパイ(=アガりへ一歩手前)していて、当たり牌を牌山からツモでアガることによってメンゼンツモという役が成立するのです。


2. アガるポイント

当然ですが、鳴いたらメンゼンツモは成立しません。そして、場にすでに何枚か出ていたりしたら、もちろん牌山に残っている可能性も少ないです。

場、といっても捨て牌だけでなく、ドラ表示牌、自分の手牌、相手の手牌にある可能性、全ての状況を加味し、牌山にある可能性を計算して、鳴かないでツモでアガれる可能性を狙うのが一つのポイントになります。

・・・、または、今日はツモがいい、とか、ツモれる予感を感じる、とか、そんな特殊能力がありゃー狙えますね。


3. 役の複合を狙う

三色同刻や対々和といった、刻子(コーツ=三枚一組のメンツ)で構成されている役は、鳴いたほうが作りやすいです。が、一気通貫や三色同順といった順子(シュンツ=123といった連番のメンツ)を中心に構成される役は、鳴いてしまうと狙っているのがばれやすく、また、翻数も下がってしまいます。なので、そういった、順子の役は鳴くのを避け、メンゼンツモと複合を狙い、さらに1翻得点を上げることを考える、というのも一つの手です。


4. ローカルルール

特になし


5. まとめ

リーチと同じように、メンゼンツモも覚えておかないと麻雀が打てない、とも言える、ルールの一部のような、アガるための基本中の基本になる役です。しっかりと覚えておきましょう。

麻雀豆腐編集部

関連タグ

皆さまのご感想、コメントなどお寄せください